« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日

「お詫びと訂正」ゆり戻しの危惧

 最近は不可解なことが多い。その中の一つに週刊朝日vs橋本徹日本維新の会代表(大阪市長)がある。週刊朝日が連載をはじめた「ハシシタ 奴の本性」は大きな反響を呼んだ。しかし、第1回だけで連載が中止されてしまった。実に不可解である。

 「奴の本性」というタイトルは新聞社系週刊誌としてはかなり大胆な表現である。だが、出版社系週刊誌ならその程度のタイトルはけっして珍しくない。そこで週刊朝日としては異例だな、と感じただけであった。それよりも「ハシシタ」の方である。ここからは連載の狙いが明確に読み取れる。

 橋本氏の抗議に対して週刊朝日側は、不適切な表現があったと詫びをいれた。さらに、第2回目以降の連載を中止した。不適切な表現に対してお詫びと訂正をするのは当然としても、表現だけの問題であったのなら、連載を止めることはないと思う。報道すべきと判断する明確な編集コンセプトがあって連載を開始したのであれば、表現等に配慮しながら連載を続けるべきである。

 そもそも表現等は編集部内で何重にもチェックする体制になっているはずだ。それに、微妙な内容については事前に弁護士も目を通し、その上で掲載の可否を判断するのではないか。そのへんも不思議である。

 橋本氏や維新の会についてのマスコミ報道は、全般的に過大評価と感じていた。端的にいえば「持ちあげ報道」があふれている。そもそも、まだ国政では実績がない(現職の国会議員が何人か維新の会に参加したようだが、これは「保身八策」に過ぎないというのが大方の見方だ)。そのような中で、批判的な視点から採りあげる媒体があっても良いし、それが健全な言論活動だと思う。

 だが、誹謗と批判は違う。言論としての批判は政治的な実績や政策という面から行うべきだ。たとえば、橋本府知事の当時、本当に大阪府の一般会計が黒字になったのだろうか。出資法人との間で数字の操作がなかったのかどうか。あるいは、様ざまな事業で予算削減を進めたが、特別扱いした事業はなかったかどうか。あったとしたらどのような事業だったのか。堺屋太一氏との関係なども取材をして採りあげたら面白いと思う。

 ところで危惧されるのは、今後の報道を通して「お詫びと訂正」を続けるのではないか、ということである。つまり報道スタンスの振り子の揺り戻しだが、報道機関としては、そのようなことがあってはならない。

2012年10月22日

浜松城とレーピン

 先週は全日本トラック協会の事業者大会で浜松に行った。翌日、浜松城を訪ねたら、事業者大会に参加者した人たちもけっこう来ており、旧知の何人かとあらためてお会いすることができた。お互いの共通の知り合いについて、誰々さんとさっき会いましたよなどと言いあっては、「誰でも考えることは同じだね」と笑った。

 浜松城は建て物は小さいが、徳川家康が29歳から45歳までの17年間を過ごし、天下統一の足がかりをつけたというので、「出世城」とも呼ばれているという。見学者の誰かが「小さな城だから、力を付けてくれば狭くなるので、天下をとれなくても大きな城に移るはず。出世城という理由が分かったよ」と仲間内で話しているのが聞こえた。なるほど、そのような見方もあるのかと感心した。これは推測に過ぎないが、小さな会社から出発して、事業規模を拡大するにしたがって、本社の建物などを大きくしてきた人なのではないかと思われる。

 浜松城公園の中を歩いていたら浜松市美術館があり、レーピン展を催していたので入館した。イリヤー・エフィーモヴィッチ・レーピンは「ヴォルガの船曳き」が有名で、唯一それだけは知っていた。時間もあり、好きな絵だったので観ることにしたのである。

 ところが解説によると、1871年の展覧会に出品されて注目された習作では、船曳きたちの過酷な労働、憔悴した雰囲気を描いていたのに、73年の完成画では船曳きたち1人ひとりの個性を描いているとあった。またレーピンは、サンクト・ぺテルブルク近郊のネワ川で1869年に、完成作品とほとんど同じ構図の習作を描いている。さらに船曳きたちを正面から描いた「浅瀬を渡る船曳き」も1872年に描いており、モチーフに対するレーピンの執着が感じられた。

2012年10月15日

ダイヤモンドの40光年長距離輸送

 最近の明るい話題といえば、なんといっても山中伸弥教授のノーベル賞受賞であろう。

 ところでネットを検索していたら、AFP=時事の配信記事の中に、「ダイヤモンドの惑星」を発見したというニュースがでていた。要約すると、地球から40光年の距離にある「かに座55番星e」と呼ばれる惑星で、大きさは地球の約2倍、質量は8倍だが、その表面はグラファイトとダイヤモンドで覆われている可能性が高く、米エール大学のニック・マドゥスダン博士研究員の分析によると最大で総質量の3分の1がダイヤモンドの可能性があるという。詳しくは英学術誌「Astrophysical Journal Letters」(10月11日)に仏米合同チームの論文が発表されているそうだ。

 ダイヤモンドをこの惑星から地球に持ち帰ってくることはできないか。まず、40光年という距離の問題だが、ネットの記事では「地球からわずか40光年の距離」と書いてあったので、人類の技術の進歩でいずれは往復できるようになるだろう。次には有人飛行の場合、乗組員の寿命という問題がある。これも山中教授をはじめ世界の研究者の努力でiPS細胞研究がもっと進めば、何とかなるはずだ。第3は、この惑星は恒星との距離が近いために、地表の平均温度が摂氏2148度もあるというが、それだけの高熱に耐えられる素材の開発でクリアできるだろう。

 このようにして、宇宙という舞台であらたな「ゴールドラッシュ」が始まる。すると地球に持ち帰るという物流需要が生まれ、世界中の物流事業者が参加してコンペが行われる。はたして、どこが仕事を取るやら?

 だが、地球の8倍もある質量の3分の1がダイヤモンドとすると、地球に運んできても置き場所がないどころか、地球の質量よりも大きいことになってしまう。それに、ダイヤモンドは希少だから価値があるので、地球上がダイヤモンドだらけになったら価値は大暴落。すると40光年という長距離輸送のための運賃負担力もなくなってしまうことになる。

 ノーベル賞を受賞したiPS細胞の研究は現実的な嬉しい話題だが、ダイヤモンドの惑星発見は際限のないロマンをかきたてるという意味で嬉しい話題である。

2012年10月 8日

態勢強化し攻勢に

 ある上場企業の経営者とお会いし、昼食をはさんで3時間ほど雑談した。この間にも会合などで顔を会わせることはあったが、あらためて話し合うのは1年半ぶりである。久しぶりということもあって、話題は多岐に及んだ。リーマンショックから見えてきた世界経済の構造的特徴など大きな枠組みの分析から、経済のグローバル化が進行するなかでの同社の海外事業の現状や、国内市場縮小という未知の経営環境下における企業戦略など、様ざまな話を聞き、また、筆者の意見も述べた。

 国内の事業展開では子会社を再編成して、ちょうど今年度下期から新体制をスタートさせたばかりである。子会社のなかには赤字の会社もあった。それには様ざまな事情が関連しているが、基底的な要因は国内市場の縮小である。そこで1年数カ月前から体制の再編成に着手し、10月1日から新体制にしたのである。企業(グループ)の態勢強化を図り、これからは攻勢に転じるのだという。当然、M&Aなども必要になるが、中小事業者を傘下に組み込む手法などについても議論した。

 今後、国内のパイは小さくなっていく。すると競争とはシェアの拡大を意味する。他社の顧客を奪わなければ現状維持すらできない。まして企業を成長させるとなると、市場縮小による自然減を補填するだけでなく、それ以上に他社の領分を獲り込まなければならないのである。そのような競争の時代になってきた。

 たまたまなのだが、すでに故人になられた同業の上場会社の社長が住んでいたマンションの1階にある日本料理店で昼食をとった。そこで故人の思いで話などにもなった。店のお上によると、奥さんも引っ越されてしまったという。さらに話は、ご自身の今後の身の処し方(来年6月の役員改選)にまで及んだ。それはともかく、国内市場の縮小が進行するなかで、社内の態勢を整えてシェア拡大という攻勢に転じる。どの企業にとっても共通する課題ではないだろうか。

2012年10月 1日

せめて十年の計

 先週、外尾悦郎さんをかこむ会に出席した。ご存じのように、外尾さんはサグラダ・ファミリアで「生誕の門」の扉の制作責任者をしている有名な彫刻家である。前回に帰国した時にもかこむ会の案内をいただいたが仕事の関係で出られなかった。そこで今回は参加させていただいた次第である。

 当日は建築家、画家、デザイナー、コンサルタントなど多彩な方々が30人ほど集まった。NHKのチーフ・プロジューサーの星野真澄さんも途中から参加された。星野さんはBSプレミアムのディレクターとして長期密着取材をし、「外尾悦郎、ガウディに挑む」(NHK出版新書)という著書も出版している。外尾さんいわく、同著には「実際の自分よりも良く書かれている」。

 サグラダ・ファミリア教会は、ガウディが設計して着工してから130年が経つが、まだ完成に至っていない。外尾さんがバルセロナに1人で「流れ着いて」からでも、すでに33年の歳月が流れたという。実に壮大な挑戦であり、ロマンである。

 それに対して自分の現実はどうか。常に目先の諸課題に振り回されている毎日である。もっと精神的なゆとりとロマンをもって、将来の夢を追いかけることに情熱を燃やしたいものだ。

 10月15日には「最低車両台数・適正運賃収受WG」が開かれる。今回が最後の会議となり、WGとしての報告書がまとめられる予定だ。その報告書を受けてトラックビジョンの本委員会が再開されることになる。

 トラックビジョンも着手してから長期にわたるが、どうも業界が直面する問題にのみ関心が集中してしまうような感じがする。喫緊の課題は業界対策として別の委員会なり、研究会などで短期間に解決策を練るべきであろう。それに対してビジョンは産業政策として将来像を描くべきではないか。

 国家百年の計とまでは言わないが、せめて業界十年の計ぐらいの視点は必要だ。10年後には経済のグローバル化も国内市場の縮小も、現在よりずっと進む。そのような状況下におけるトラック輸送産業の在るべき姿を示すべきだろう。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »