« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日

親の背中

 先週はスケジュールがタイトだった。月曜から金曜日までの5日間で、取材が5件あり、都内での研究会が1回、その他の予定を消化した。取材は総て地方だったので、朝5時起きが2日もあり、特急列車やローカル線、高速バスやタクシーなどの移動時間も長かった。

 若いころと違って、さすがに肉体的には疲れる。だが、取材は精神的には楽しい。初めての出会いがあり、いろいろな話を聞くと新たな刺激が得られる。いくつになっても、取材には魅力がひそんでいる。取材先への往復で、自分の人生は旅なのだなと思いながら、電車やバスの窓から流れて遠ざかって行く風景をぼんやり見つめるのが好きだ。

 地方の中小事業者の女性ドライバーにも取材した。ある女性のトラック・ドライバーは、子供のころからトラックのドライバーになりたいと思っていた。父親がトラックのドライバーをしていて、働いている姿を見ていたからである。まだ小さかったころに助手席に乗せてもらったこともあり、自分も大きくなったらトラックを運転してみたいと思っていたのだという。

 しかし、最初は製造業に勤めた。その後、結婚して現在は小学生と幼稚園の男の子が2人いるが、念願のトラック・ドライバーとして働くようになった。仕事は2t車または1t車への乗務で、学校給食の配送をしている。市内には中学校4校と小学校5校があり、これら9校に給食を運ぶ。基本的には3台の車両で3校ずつの配送になっており、1週間交代で配送コースが替るという勤務だ。

 3人とも女性のドライバーで、勤務時間は10時から14時45分まで1日4時間(昼食休憩が45分)。通常のパートよりも良いという話だった。

 3週間のうちの1週間は、自分の子供が就学している小学校にも給食を届けることになる。ときどき子供が顔を見せることもあるという。自分が父親の働いている姿をみていたように、今度は自分が働いているところを子供がみている。自分が気づいていない時にも、子供が働く母親の後ろ姿を見ているかもしれない。

 学校給食の配送なので、学校が休みの時には仕事がない。休日はもちろん平日の時間帯もほぼ同じなために、子どもと同じ時間を共有できるのも良いという話だった。

2013年1月21日

いかんともしがたい閉塞感

 早いもので今年も3週間が過ぎた。いろいろな新年会もほぼ一巡したことだろう。業界団体などの賀詞交歓会のようなものにはほとんど行かないのだが、わずかに顔をだしたところもある。どこでも主催者や来賓の挨拶はほとんど同じようなもので、今年の傾向としては、①政権交代して株価が上がり、円安になってきた、②景気は気からというので、③今後の経済政策に期待したい、といった共通点があるように受けとめた。

 だが、そのような挨拶をした本人が、自分の言葉を心底から信じているかというと、そうではない。新年会なのでそのように言わざるを得ないから、そのような挨拶をしているだけなのである。つまり現政権の経済政策に全幅の信頼を置いているわけではなく、皆さんけっこう懐疑的なのである。だから正確には、政府のシナリオ通りにいってほしい、そうなってもらわなければ困る、というのが本心といえる。つまり希望や願望なのだ。

 なぜかといえば、もし現在の政策が失敗したら日本は大変なことになってしまう。それこそギリシャの比ではないぐらいの状況に陥ってしまうという認識を、少なからずもっているからだ。それでも、当面の間は他に選択の余地がない。だから、シナリオ通りにいってほしいと願うしかない、という心境なのである。

 当面の間は、なぜ、選択肢がないのか。この点についても、新年会の参加者の人たちと話すと、小選挙区制の弊害を指摘する人が意外に多いのには驚いた。そのような意味では、けっこうみんな醒めた目を持っていて、冷静なのである。

 閉塞感とか閉塞状況などと、これまで深く考えもせずに書いたり話したりしてきた。だが、いま初めて閉塞という言葉の意味が実感できたような気がしている。まったく、いかんともしがたい状況である。

 日本は、この閉塞状況から抜け出すことができるのか。もちろん難しいことではあっても、けっして不可能ではない。だが、険しく遠い道のりになるだろうと思われる。どうも今回はネガティブになってしまった。

2013年1月14日

迷惑メール?

 前回は年初ということもあって、「初仕事 迷惑メールの 削除から」と書いた。ところが、である。その直後に迷惑メールとおぼしきメールが送られてきた。請求書のメールだが、会社名に覚えがない。瞬間的に、これは今はやりの詐欺かも知れないと判断した。振り込め詐欺の一種だろうが、他人ごとではなく、とうとう自分にもきたか、と思ったのである。

 騙されて振り込むほどもうろくしてないぞ、というのが最初の受け止め方だった。次に、それにしても新年早々こんな迷惑メールを送ってくるなんて、と頭にきた。さらにその次に、自分の悪い癖なのだが、何か仕返しはできないものかという反骨心が湧いてきた。そこで考えたのは、警察に届けて、その上で「ご請求の件については警察で対応してもらいます。振り込みませんので、なんでしたら集金に来て下さい。貴社の益々のご隆盛をご祈念申し上げます」と返信してやろうか、ということだった。

 だが、そんな遊びをしているほど暇ではない。まず自分の気持ちを静めて、消去してしまうのが妥当だろうと判断したのである。そこでメールを読んだら、請求金額や請求明細は添付となっている。へたに添付資料を開くとヤバイと思って、すぐに消去した。

 しかし、消去した後もなぜか気になってしょうがない。その時、ひょっとしたらと思い出した。事務所の賃借料である。小生の事務所は約1.5坪(約3畳)と狭い。1人から2、3人(スペースがいろいろある)で仕事をしている人たちを対象に、小さく区切った事務所を提供するサービス会社の会員になって、すでに10数年間入居している。

 このサービス会社が昨年夏ごろ、あるグループに加盟した。その後も数カ月間は従来の社名で請求書が来ていたのだが、昨年12月にグループ名の請求書に変わった。そして、今年1月からは請求書を電子メールにするという案内状が添えられていたことを思い出したのである。

 そこで、さっそく電話で問い合わせたら、やはり賃借料の請求書だった。振り込め詐欺の一種かと思って消去してしまったので、送信し直してくれるように話して一件落着。世の中が便利になったのか不便になったのか、さっぱり分からない昨今である。

2013年1月 7日

仕事始め

 今年は4日から仕事を始めた。昨年のスケジュールをみたら3日に仕事を開始し、年間で33日しか休まなかった。平均すると10日間働いて1日休みというペースになる。できれば1週間に1日は休みたいと思っているのだが、なかなか難しい。もっともフリーランサーなので気楽な面もあり、平日の昼間でも適当に息抜きはしている。

 そんなことで、12月30日から1月3日までの5連休は年間を通してもほとんどない長期のOFFである。大晦日の31日は羽村から日野まで、多摩川の土手沿いを4時間半ほど歩いた。その途中で、なんと全日本トラック協会の星野良三会長と偶然にお会いした。休みの日には約30㎞ほどサイクリングをしている、とのことである。ご自宅が五日市なので地元といえなくもないのだが、それにしても多摩川の土手で遭遇するとは珍しい。

 翌日の元旦は、高尾山に登り、もみじ台から城山を経て相模湖に下った。やはり4時間半ほど歩いたのだが、前日は多摩川の土手だったので平坦な道であった。川下に向かって歩いたので、全体的には緩やかな下りである。ところが1日は山道なので上り下りがあり、よい運動になった。3日も多摩川の支流の一つである浅川の土手を2時間半ほどウォーキングした。

 普段はあまり運動もできないので、年末年始の休みに集中的に体を動かした。スポーツ選手にたとえるなら、オフの自主トレで基礎体力を養うようなものである。久しぶりに歩き回ったのだが、一晩寝れば疲れが残らない。これで今年も1年間がんばれそうだ。

 ということで4日から仕事を始めたのだが...

     初仕事 迷惑メールの 削除から

 のスタートである。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »