« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日

時宜をとらえろ

 例年なら少しずつ暖かさを感じるようになり、春が近づいていることを体感しても良い時節だ。しかし、今年は首都圏でもまだ真冬のような寒い毎日である。天気予報やニュースなどをみていると、北海道や東北地方では連日のように雪が降っている。だが、人間の力では、自然はいかんともしがたい。そこで、冬が長くて厳しいほど、春が訪れて一斉に開花する花々への感動も大きくなると、前向きに考えることにしよう。

 ところで、物流の世界では年明けから動きが慌ただしくなってきた。現在の物流の各分野をリードするような業態が発生したのは今から約40年前である。1970年から70年代の半ばにかけて、新しい潮流が生まれた。日本の社会構造、経済構造が大きく転換する時期でもあった。それらの物流の新潮流が、今日まで物流のそれぞれの分野でサービス水準の向上をけん引してきたのである。

 だが最近、それらを超えるような物流水準を目指す新たな動きが活発になってきた。おそらく今後10年ぐらいの間に、日本の物流の姿は一新するのではないかと予測されるような動きだ。これから10年後といえば、1970年~70年代半ばからちょうど半世紀になる。

 実は、この新たな潮流が芽生えようとしていることを直感したのは数年前であった。そこで新潮流をリポートして本にまとめたいと考えていた。しかし、テーマは頭にあっても、どのような視点から採りあげれば良いかが漠として明確にならなかった。そのため、取材しようと何度か試みたのだが、足が重くて動かなかったのである。どちらの方向に進めば良いのかが分からなかったからだ。

 だが、最近の動きを観ているなかで、徐じょに具体的なイメージが頭の中に形成されてきた。切り口が少しずつ鮮明になってきたのである。幸い数年前から少しずつ資料などは揃えていた。そこで、時宜を逃さないように取材に着手することにした。

 チャンス到来である。逆にいえば正念場でもある。どんなに長い冬でも、いずれは春がくる。

2013年2月18日

実態があって評価がある

 今年は首都圏でも雪が多い。事前の予測より積雪が少ないこともあるが、備えあれば患えなし、である。

 1月14日は関東地方では珍しい大雪になった。翌15日に関東のある地方都市に行った。すると「森田さんが以前、書いていたでしょう。昨日あれと同じような場面に遭遇しましたよ」といわれた。全ト協の「広報とらっく」に連載しているコラムで、自分の経験を書いたことがある。それを読んでいた人の話である。

 筆者が書いたのは、自動車で取材に行った帰りに雪になった時の体験談だ。進行方向は緩やかな上り坂で、つき当りが信号のある丁字路になっている。その信号で止まった車が、青になってもなかなか発進できずに渋滞していた。やっと先頭から4、5台のところまできて、赤になったので止まった。だが、信号が変わっても先頭の乗用車が発進できないでいた。すると数台後にいた大型トラックのドライバーが先頭車のところにいって、発進の仕方を教えだした。次の車にも同じように教えている。その体験をコラムで紹介したのである。

 同じような場面に遭ったという人は、やはり緩やかな上り坂の先が丁字路だった。先頭車が発進できないでいると、その人の後ろにいた4tトラックのドライバーが車から降りて、先頭車を後ろから押しはじめた。それをみていた乗用車の運転者たちも車からおりて手伝うようになった。「自分も運送会社の経営者としては、手伝わないわけにはいかないよな」と微笑みながら話してくれたのである。

 その後、東北地方で講演した時に、ちょうど外は雪だった。そこでこのエピソードを紹介し、雪国の地元ではそんなことはないだろうが、皆さんの会社のドライバーの人たちは全国いたるところに仕事で行く。雪になれていない地方で同じような場面に遭遇したら、先頭車がスムースに発進できるように手助けするように話してほしいと頼んだ。

 業界のイメージアップにつながる、といったリッパな話ではない。自分が少しでも早く目的地に着くことになるからだ。どのような状況にあっても、その条件の中でどのように行動することが自分の仕事を遂行することにつながるかを判断し、行動できるのがプロである。理由はそれだけで良い。

 何よりもまず実態があって、それをどのように評価するかは外部の人の判断なのである。

2013年2月11日

充電と放電

 先週は火曜日から金曜日まで、仙台、山形、相模大野、三河安城、岡崎とずっと出張したままだった。その間に、取材が2件、講演が3回、原稿も長い原稿を1本とそれに関連して使用する写真データ、さらに比較的短い原稿も1本入稿した。忙しいことは大変ありがたいことである。しかし、年齢とともに体力的に多少は疲れを感じるようになってきた。

 それでも、まぁバランスのとれた1週間だったといえる。バッテリーにたとえるなら充電と放電のバランスが比較的良かったからだ。自分にとっての充電とは取材で、これには旅費と時間というコストがかかる。充電は支出なのである。それに対して執筆や講演は放電である。放電はすなわち収入となる。

 この充電と放電のバランスが難しい。放電しなければ収入にはならないのだが、調子に乗って放電ばかりしていると枯渇してしまう。つまり自分の商品価値がなくなってしまうのである。反対に、充電だけでは支出だけで収入にならない。したがって、充電と放電のバランスをどのように保つかを自分で判断することが重要になってくる。

 著名人で名前だけで食べられるような人なら、中身の薄い話をいたるところで繰り返していても誤魔化しがきく。誰々さんの話をきいた、というだけで満足してもらえるからである。だが、当方はそうはいかない。

 たとえるならニューヨークのダウンタウンの路地裏にある小さなライブハウスのステージに辛うじて立っているようなもの。名もないライブハウスで観客が少数とはいえ、聞く耳をもった、観る目を持った、いわば通の人たちを相手にしている。充電を怠るとブーイングでステージから引きづり落とされてしまう。だから充電と放電のバランスをとり、枯渇しないようにコントロールすることが重要なのである。

 それにしてもスケジュールがタイトになると疲れを感じるようになってきた。歳には勝てないということだろう。ということで思いだしたのだが、今日2月11日は自分の誕生日だった。今日で何歳になったのかは忘れてしまって思いだせないのだが、これからも充電と放電を繰り返しながら、いつかはブロードウェイのステージに立ってやる、という気持ちはまだ失っていない。

2013年2月 4日

「カスバの女」

 正直なところ先週、書こうかどうか迷っていた。アルジェリアの卑劣なテロのニュースに接している中で、自然に歌詞が浮かんできたのだが、たくさんの犠牲者をだした事件なので、躊躇していたのである。

 そしたらこの間、NHKの「ニュースウオッチ9」で事件以来「カスバの女」(大高ひさを作詞、久我山明作曲、以下の「 」内は同曲からの引用)の関心が高まっていると報じていた。その中で、同地に赴任したことのあるOBの人が、現地では誰かが歌いだすと皆が歌いだした、といったことを話していた。また、作曲者の久我山さんは、大高さんが映画「望郷」(1937年フランス映画、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、ジャン・ギャバン主演)を観て感情を移入して作詞したのではないか、といったコメントをしていた。この歌は、人それぞれの思いを込めて歌われているのだな、と感じた次第である。そこで今回、自分なりの思いを書くことにした。

 実はこの曲を自然と口ずさみたくなる場所がある。アムステルダムの飾り窓である。同地に行くたびに興味をもって歩きまわってみた。本当は飾り窓のならぶ路地の写真を撮りたかったのだが、危険なのでこれまで一度もシャッターを押したことがない。実際に恐い経験をしたからである。

 そこで途中からヒアリング調査に方針を切り替えた。何回かの調査の結果分かったことがある。まず、出身地では、ロシアや東欧を含むヨーロッパ全域から集まっている。だが、地元オランダの出身という人はいなかった(真為は不明)。アジアでは東南アジアが多く、中央アジアは少ないようだ。アメリカは中米と南米に比べると北米は少ない。オセアニアも比較的少ない感じである。中近東もいるが、アフリカはきわめて少なかった。それぞれが「いまさらかえらぬ身の上」を秘めながら微笑んでいるのだろう。

 もう一つ分かったことは、中心部の方は若くて痩身が多く、中心部から離れるほど、その逆になるという傾向である。人生の縮図を実感させる。

 訪れるたびにこのような調査をしてきたが、さらに印象的なことがある。そろそろ帰ろうと運河沿いの道を歩いていると、いつも頬にかすかな風を感じるのである。その微風はあたかも、多くの男たちの一時の「火花」の残り香を連れ去り、さぁ、もう現実に帰れよと、かるくウィンクを投げかけているかのようでもある。

 運河の水面を渡ってくるわずかな風を感じると、自分は人生という戦場で必死に生きようと戦っている一傭兵なのかも知れないな、といった思いが湧いてくるから不思議だ。同時に「カスバの女」を自然と口ずさんでしまうのである。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »