« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日

循環型社会と物流

 金曜日(22日)に、リバースロジスティクス研究会のメンバーで茨城県鉾田市(旧大洋村)の大洋土つくりセンターを視察した。研究会の座長はフコックス(本社・東京都江東区)の鎮目隆雄社長で、同センターを実質的に立ちあげ、現在も所長と技術管理士(指導員)を出向させて運営の要を担っている。そこで今回は鎮目座長の会社が行っている事業の現場を、研究会で視察をさせてもらった次第である。

 フコックスの住宅関連の取引先では、畳替えした後の古い畳の処理に困っていた。一方、旧大洋村は酪農が盛んだが、乳牛の糞尿の処理という問題を抱えていた。そこで、廃棄された畳みを一定の大きさに裁断し、乳牛の糞尿と混ぜ合わせ、光合成細菌の放線菌によって自然発酵させて堆肥をつくる仕組みを開発した。地元の農家などが出資して有限会社を設立し、プラントの建設に当たっては各種の補助制度など公的資金も活用して2002年7月に事業をスタートした。

 フコックスは運ぶのが本業であり、廃畳を収集して同センターに運んでいる。古い畳は持ち込みもあるようだ。プラントでは1日30tの堆肥ができ、農家などに出荷している。好気性発酵方式なので、匂いが出ないのが大きな特徴だ。また放線菌は稲作などに良いので、作付面積当たりの収穫量が多いという。その他、このセンターで作られる堆肥と相性が良い作物が多く、生育状況に差がでるようだ。このようなことから、各地の自治体関係者や農業関係者、学術関係者などの視察も多い。

 実はこの大洋土つくりセンターについては、事業をスタートして間もない2002年10月に出版した拙著「物流企業『勝ち組』へのキーワード」の中で紹介している。また同著は2005年5月に、北京の出版社から中国語の翻訳本も出された。しかし、現場をみたのは今回が初めてである。当時、取材して書いたのは開発に至る経緯や、プラントの基本的なシステムなどについてであり、内容に間違いはない。だが、現場を確認すると細部にわたって知ることができるので、今回は良い視察だった。

 環境保全は世界的な大きな課題の一つだが、循環型社会の実現には物流が不可欠である。物流の立場からいえば、新たなビジネスを創造するチャンスなのである。

2013年3月18日

一極集中と置き去りにされる不安

 彼岸の入りの1日前だったが、先週の土曜日(16日)に茨城県常総市の片田舎にお墓参りにいった。長男と長女も一緒にお墓に行くのは6年数カ月ぶりのこと。しかも今回は1歳7カ月になる長女の娘(孫)も一緒だったので総勢5人である。

 あと何年かしたら、田舎に帰ろうかとも考えている。だが、一種の不安も否定できない。やはり、生活するには不便だからだ。鉄道の駅からはかなり離れているし、そもそも駅の近くの商店街ですら衰退が著しい。そこからさらに車で行かなければならないとなると、買い物はどうする、病院などに行くには、その他、生活上の諸問題がたくさんある。いずれにしても車がないことには自由に身動きできない。

 いまでは「過疎」という表現が頻繁に使われる。だが、半世紀以前には日本に「過疎」という言葉はなかった。「過密」という言葉は平安時代だったか(正確には覚えていないので間違いかもしれないが)、いずれにしてもかなり古い文献に出てくるという研究論文か何かを読んだことがある。それに対して「過疎」という表現を初めて使ったのは、1966、7年ごろの経済審議会(地域部会の報告書)だったのではないかと思う。これも40年ぐらい前に何かの論文で読んだ記憶に過ぎないので根拠薄弱だが、1960年代半ばに初めて「過疎」という言葉が公式の文書に登場したということだけは間違いないはずだ。いずれにしても「過疎」という表現が使われるようになってから50年ぐらいしか経っていないのである。

 「過疎」という言葉は、一般には人口が減ったりする状態などを表現する時に使われている。しかし、人口減少が前提にはなるものの、正確には一定水準の生活を維持することが困難になったような状況を「過疎」化といったはずである。最近は「限界集落」という概念もあるが、「過疎」化がさらに進行した状態を指すのだろうと思う。

 小生の田舎は言葉の厳密な意味における「過疎」までは至っていない。しかし、高齢化が進行し、また不便さが増しつつあることは事実だ。そのような現実を目の当たりにすると、ここで生活するようになったら、時代の流れから置き去りにされてしまうのではないかという不安を感じる。いずれは田舎に帰ろうか、という気持ちも揺れてくるのである。

2013年3月11日

あれから2年

 このコラム(内容的にはブログかもしれない)は月曜日の更新である。今回は3月11日が月曜日になった。

 3月11日といえば2年前の今日、東日本大震災が発生した。あれからすでに2年が経った。時の流れは実にはやいものだ。被災者の人たちの多くは現在も厳しい毎日を送られている。だが、世の中を見渡すと悲惨な記憶が風化しつつあるのではないかという観がある。

 この間、岩手県、宮城県、福島県それに茨城県の沿岸地域など、大震災の被災地に何度か行った。小生の場合は物流事業者への取材である。そこで感じるのは、運、不運というのは紙一重なのだな、ということである。本当に僅かの差で助かったり被災したりと、大きく分かれてしまう。

 たとえば、ある事業者の場合、トラックの駐車場の敷地内に多少の高低差がある。そこで低い方から高い方にトラックを移動したら、何の被害も受けなかった。同じ駐車場の敷地でも低い方に止めたままだったら、タイヤの下ぐらいまで海水が押し寄せていたという。

 また、もう一つ感じるのは、「禍福は糾える縄の如し」とか、類似した意味だが「人間万事塞翁が馬」ということである。被災して大きな被害を受けたが、すぐに立ち直ることができた事業者と、なかなか難しい事業者がいる。短期間に再興できた事業者を取材してみると、先の諺が当てはまる。

 ある事業者は、津波で事務所が全壊し、70%以上のトラックが流されてしまった。しかし、今年2月に訪ねた時点では、中古車だが元の台数にまで回復していた。そして仕事を増やそうと思えばあるのだが、人手が確保できないためにトラックを増やしていないのだという。詳細は割愛するが、災害発生の半年ぐらい前に、偶然の成り行きであることをしていたのだが、それが短期間での復旧、復興を可能にする基盤になっている。

 ともかく、あれから2年。悲惨な記憶と教訓を忘れてはいけない。そう、そう。忘れてはいけないのが、もう一つあった。3月11日は当社を設立した日でもある。

2013年3月 4日

ネット押し売り

 何日か前のテレビのニュースで、「押し買い」というのをみた。売る気がない人の住居に入り込み、長時間居座って宝飾品などを無理やり安い値段で買い取る輩のようだ。そんな犯罪があるのを初めて知った。

 昔は「押し売り」という訪問販売員? がいて、小生が小さい頃は田舎の我が家にも時どきやってきた。たいていはゴム紐などを売り歩いていたようだ。祖母と一緒に家にいる時などに「押し売り」がくると、ゴム紐を買ったものである。「刑務所からでたばかりで生活費がないから買ってくれ」という台詞が定番のようで、小さいころに「押し売り」から聞いたことを記憶している。さりげなく刑務所ということで、本人は脅し文句のつもりなのだろうが、祖母などは「押し売り」は誰でもあのような言い方をするのだと、あいさつ程度にしか受けとめていなかったようだ。それでも当時は使い捨ての時代ではなかった。下着のゴムひもなどが緩めば母親が取り替えたので、買っておいても無駄ではなかったのである。

 2週間ほど前に仕事で頻繁にやり取りしているデザイナーがメールで添付資料を送ってきた。いつものようにPDFで添付すればよいものを、何か新しいソフトで添付してきたのである。ところがいくらやっても開けない。そこでPDFで送信し直してもらったのである。

 ところが、その新しいソフトにウイルスが潜んでいたようなのだ。それ以来、かってに診断などを始めて、「無料修正」しますかとでてくる。「無料修正」をクリックすると修復に何分かかりますとでてきて、その後に「ただちに購入」となる。そこでストップするのだが、毎回、パソコンを立ち上げる度にでてくるだけでなく、途中でもでてきて往生した。アンインストールしようにも、自分ではできないのである。

 ウイルス仕置人の姐御がきて、それ以外にも密かに入り込んでいた怪しげなソフトを削除してくれた。一番しつこいウイルスは1度ではアンインストールできずに、何度かいろいろ操作して排除することができた。最後に「お別れするのは残念です」というメッセージがでて消えていった時には笑ってしまった。

 これは現代版「押し売り」である。「押し売り」はたしか刑法の強要罪になるはずだ。また、地方自治体の迷惑防止条例にも該当するのではなかったかと思う。「ネット押し売り」も何とかしてもらいたいものだ。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »