« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日

杞憂であれば幸い

 最近の日本は円安、株高に酔いしれているようだ。たしかに株高で儲けている人たちもいるだろう。円安の恩恵を受けている人たちもいるはずだ。しかし、大部分の人たちには無縁の世界ではないかと思われる。

 労働組合の今春の賃上げ交渉で、あたかも賃金が上がったかのようなムードもある。だが、これはベースアップではなく、一時金が上乗せされただけである。業績の良い会社ならこの間も行われてきたことで、それよりも少し額が増えたに過ぎない(内部留保などからすると、もっと上積み可能ではないか)。しかも、これらは大企業の正規社員の話である。非正規社員や下請けなど中小企業の社員の収入はさほど変わらない。大企業の正規社員なら、これまでも余裕をもった生活ができていたはずだ。問題は非正規社員や中小企業で働く人たちの収入が増えるかどうかなのである。

 1990年代後半に多くの大企業が行ったリストラクチャリングによって、非正規社員や下請け企業などにシワ寄せして利益を得るという構造が構築された。この基本的な構造を変えなければ問題の根本的な解決にはならない。むしろ格差をさらに拡大する結果になる。

 たしかに気分やムードは大切かも知れないが、実態を直視することはそれ以上に重要だ。波及効果が出るまでには時間がかかるというが、本当にそうなるのだろうか?

 日本銀行の「経済・物価情勢の展望」では、2015年度平均の消費者物価上昇率を1.9%(消費税増税の影響を除く)としている。これにしても様ざまな見解があるようで、2%のインフレ目標が達成できるという結論ありきではないか、という見方もある。

 それにしてもマスコミの責任は重大だ。円安、株高その他を、無批判的に礼讃するだけではなく、現象面と実体経済とのギャップをリアルに採りあげる姿勢が必要だろう。現状のマスコミをみていると、カラオケでマイクを独り占めして悦に入っている姿と同じようだ。そして、皆さんもご一緒に歌いましょうと呼びかけながら歌い続ける。

  札は刷れ刷れ 刷るならば 「日出づる国」の このYenを 刷り増すほどに バラ撒けば これぞ真の「黒田節」

 当方は音痴なので歌には加わらず、覚めた眼でみているだけ。これが杞憂であれば幸いだ。

2013年4月22日

移住の下見ですか?

 安いパックツアーがあったので、3泊4日で沖縄にいってきた。勝連城跡、海洋博公園、今帰仁城跡、琉球村、万座毛、首里城など、定番ともいえるコースだが楽しかった。宜野湾トロピカルビーチで開催された「琉球海炎祭」という花火大会も期せずして観ることができた。JALが特別協賛しているのでツアーに組み込まれていたのだが、内容をよく見ないまま料金だけで申し込んだため、現地に行くまで花火大会など知らなかったのである。JAL関連のツアーなので、椅子席が確保されていた。

 4月1日づけで、友人の1人が沖縄に移り住むことになったと書いたが、その時は自動車で1カ月かけて行くという話だった。だから、ツアーで自分が沖縄に行く時点では、まだ着いていないはずだった。ところが予定を早めて沖縄に入ったという話が別の友人経由で伝わってきたので、沖縄に着いた夜に電話をしたら、前の日の夜に沖縄に着いたばかりという。しかし、オプションなども含めて予定を組んでいたので会う時間がとれず、また来た時に会おうと言うことになった。

 沖縄から帰ってきたら、昨年10月1日現在の人口推計が発表された。前年に比べて日本人の国内人口は20万2千人減少した。都道府県別にみると、前年より人口が増加したのは沖縄、東京、滋賀、埼玉、福岡、神奈川、愛知の1都6県で、その他の道府県では減少している。増加率の一番高いのが沖縄県(0.59%増)である。今年10月1日の集計では、彼は沖縄の増加の1人に、埼玉県では減少の1人としてカウントされることになる。

 タクシーの運転手さんに聞いたところでは、首都圏ほどではないものの、沖縄はマンションの値段も、土地の価格も思っていた以上に高い。また、競売にかけられる戸建住宅もかなりあるという話だった。ローンが払えなくなってしまった人がけっこういるらしい。

 ツアーなので添乗員さんがついてコースを周った。添乗員さんが沖縄は何度目ですかと聞いてきたので、昨年12月にも仕事で来たばかりだといった。すると真面目な顔で「今回は移住の下見ですか」と問われてしまった。帰ってから発表された人口推計をみて、なるほど、沖縄に移り住む人がそれだけ多いのかと思った。夫婦で参加していたので、添乗員さんが移住の下見と勘違いしたのも納得できた次第である。

2013年4月15日

グローバル化とトラック輸送

 先日、FM NACK5の「今日の押さえDOCO!」というコーナーで電話コメントした。このFM放送のエリアは関東地方ということだが、さすがにマス媒体は反響が違う。翌日には何人かの方から「聴いたよ」という電話が入った。

 テレビやラジオ、週刊誌などがコメントを求めてくるのは、たいていトラックがらみの交通事故、飲酒運転問題、燃料価格高騰、自然災害や事故などによる物流停滞、その他、あまり好ましくない事態が起きた場合が多い。そこでライブなのか収録なのか、報道のコンセプト、さらに番組のキャスターが誰かなどによって要請に応じるかどうかを判断している。たいがいは断るケースの方が多い。今回はライブで、ダブルナンバーによるシャーシの日韓相互通行についての解説ということだったので、応じることにした。

 日中韓では2006年から2年に1回のペースで物流大臣会合(日本は国土交通大臣)を開いている。昨年7月の会合では「シャーシの相互通行」について、日韓では実施を協議する、日中では実施の可能性について研究することを合意した。この合意に基づいて日韓では昨年10月10日から日本通運のシャーシ20台の韓国での通行が開始され、今年3月27日からは天一定期貨物自動車のシャーシ1台(あと3台を準備中)の日本での通行が始まった。

 日韓の道路を通行するので、両国の関係法令に適合したウィングシャーシである。ナンバーも両国のナンバーをつけたダブルナンバーだ。日産自動車九州と釜山のルノーサムスン自動車の拠点間を部品輸送する。コンテナ船とRORO船の船賃の違いなどもあって、関係者の話では輸送コストはコンテナ輸送とほぼ同じという。しかし、荷役作業の効率化などでコンテナ輸送よりもリードタイムが短縮でき、荷主の拠点の在庫も大幅に削減できる。

 国土交通省によると、今後も具体的な案件についての相談があれば、韓国の国土海洋部と実施の方向で協議するという。このように、一部ではあるが日本の道路を韓国のトラックが走行し、日本のトラックが韓国の道路を走行するようになってきた。当面は日韓両国間だが、グローバル化が進めば、その他の国のトラックも日本の道路を走行するようになってくるだろう。島国日本のトラック輸送といえどもグローバル化のなかでの事業展開を考えていかなければならないような時代になってきた。

2013年4月 8日

ダンプ不足に人手不足

 先週は岩手県に行き、震災の復旧・復興状況について関係者の話を聞いた。すると、意外な状況になっていることが分かった。経済の活性化を目的とした政府の緊急経済政策が、被災地ではダンプ不足を促進し、復旧のスピードを遅らせる結果を招いている、というのだ。

 被災地では地盤沈下した地域のかさ上げや、高台への移転のための整地など、まだ復興以前の工事の最中である。地元のダンプだけでは足りず、全国各地からダンプが集まっていた。しかし、緊急経済政策で全国的に公共工事などが増えてきたために、地元で仕事があるのなら「出稼ぎ」よりも地元で仕事をした方が良いと、ダンプがそれぞれの地元に帰ってしまった。被災地ではいままでもダンプが不足していたのに、より足らなくなってしまったのだという。

 大型ダンプは国交省の資料によればピーク時の2007年度に営業用が約6万5600台、自家用が約10万6200台、合わせて17万1800台であった。しかし、リーマンショック後に減少が始まり、2011年度ではそれぞれ約6万3100台(約-2500台)、約10万300台(約-5800台)、合計16万3400台(約-8300台)になっている。

 このように車両数が減少していても、需要も低迷していたので余剰感が強かった。そこで仕事を求めて全国各地から被災地に集まっていたのである。それでも被災地では不足気味だったが、緊急経済政策で各地の需要がでてきたために、それぞれの地元に帰ってしまったというわけである。

 同じような事情は生コンでもいえる。被災地の生コン工場は不足している。そこで政府が被災地に生コン工場をつくる方針のようだが、今度はミキサー車の不足が予想される。一部の関係者からは関西方面からミキサー車を被災地に回すような段取りをとっていると聞いたが、関西でも緊急経済政策がらみで仕事が増えてくるようになると、どうなるか分からない。

 さらに、かりにダンプやミキサー車を何とか揃えられたとしても、それを運転するドライバーをどのように確保するか、という問題がある。現状を見ると必ずしも労働力の絶対数が不足しているとは思えないのだが、応募者が少ないという実態からすれば、やはり人手不足なのである。

2013年4月 1日

「団塊桜」は散らず

 本日はエープリル・フールである。それはさておき、年度初めが月曜日になった。今日から新たな生活をスタートする人も多いことだろう。

 ところで、東京は今年は桜の開花がいつもより早く、しかも例年より長もちしているような気がする。一昨日、昨日の土日は天候には恵まれずお花見日和とはいかなかったが、それでも桜を満喫することができた。桜は数日ではかなく散ってしまうのが良いのか、それとも長く咲き続けた方が良いのか・・・?

 その先週土曜日(3月30日)に、昔の友人が12人ほど八王子に集まった。秩父の方に住んでいた友人が、沖縄に居を移すことになったので、参加できる人だけでもと集まったのである。同君の配偶者は沖縄出身で、事情があって先に沖縄に帰っている。そこで同君も、年度末までに仕事などのけじめをつけて、沖縄に移り住むことになったのである。

 軽自動車に荷物をぎっしり積んで、太平洋側の道路を運転しながら沖縄に向かうのだという。関東、中部、関西から四国、さらに九州に渡って鹿児島からフェリーで沖縄に行く。この旅の途上で各地にいる学生時代の友人を訪ねながら、1カ月をかけて沖縄にいく計画で、八王子の友人宅が最初の「宿場」というわけだ。小生は今月中旬に4日間ほど沖縄に行く予定だが、同君はまだ移動の途上で沖縄には着いていないことになる。

 話によると10数種類の薬を毎日呑んでいるという。しかし、医者が2週間分の薬しか出してくれなかったので、沖縄に着くまでになくなってしまう。残り2週間分の薬をどうしよう、などという話になった。なかにはドクターストップで、ノンアルコールのビールもどきを何杯も呑んでいる者もいる。久しぶりに集まると若かった40年前の気分に戻るが、年齢だけは確実に増えているのだなと実感する。

 息子がリストラにあって家に帰ってきているとか、娘が大学を卒業しても就職できず、資格を取るために専門学校にいっているといった話もでた。40年前とは違う現在の社会状況が、自分たちの生活のなかに具体的に現れている。娘の出産が予定より早くなり、孫が自分と同じ誕生日になったと嬉しそうに話す人もいた。40年前の青年は、いまや好々爺である。

 久しぶりに集まった趣旨からすると、世間的には送別会ということになるのだろうが、昔の仲間と会ってワイワイ騒いでいると、そんな雰囲気は全くない。安酒を飲んで騒いで、「じゃ、明日またな」と別れた40年前の続きのようだ。といったことで「団塊桜」はまだ当分の間は散らないのである。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »