« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日

今度は何に「倍返し」

 テレビドラマの「半沢直樹」が高視聴率で話題になった。「倍返しだ」は流行語大賞の候補とか。

 お客面した取引先の無理難題や、意地の悪い担当者の横柄な態度。会社に帰ってくると能力がないのに自己保身とおべんちゃらだけで出世した上司や、ごますり同僚など、ストレスがたまるサラリーマン人生。中小企業の経営者でも、元請企業などの理不尽な振る舞いにじっと耐えている人たちは少なくないはずだ。そこで、ドラマの登場人物に実在の誰かをダブらせながら、倍返しを観て溜飲が下がった視聴者が多かったものと思われる。一晩寝ると月曜日でまた現実の日常に戻らなければならないが、せめて日曜日の夜だけでも、「やれるものなら倍返ししてやりたい奴」を頭に思い浮かべながら、ドラマの主人公の「倍返し」に鬱憤をはらしていたのである。

 ところで、最後は子会社への出向で終わってしまった。これには2つのケースが考えられる。一つは、大きな仕事をしたから2、3年は息抜きして来い、というケースである。この場合には、いずれ本社の中枢に戻って出世街道を歩むことになる。もう一つは、危険人物は遠ざけてしまえ、というケースである。この場合はほとんど元に戻ることはできない。そのどちらなのかは、原作者しか分からない。

 まぁ、現実の組織社会では後者の可能性が高いと思う。つまり、頭取派が常務派に決定的なダメージを与えるために、主人公を利用したのである。だが、常務派を去勢すれば良いのであって、根こそぎ排除するつもりなど毛頭ない。その方が内部の秩序が保てるし、対面も良いからである。その目的を達成した頭取派にとって、今度は危険人物は邪魔な存在だ。その点では常務派とも思惑が一致する。つまり片道切符の出向辞令には一致して賛成である。それが組織というものだ。

 そうなると今度は、半沢君の「倍返し」すべき対象は組織となる。そのためには組織から離れ、一匹オオカミとなって反撃するしかない。フリーのライターにでもなって暴露本でも書くか...。誰でも一生に1冊は本が書けると言われる。自分の経験を基に、読まれるように脚色すればオリジナルな内容になるからだ。しかし、1冊だけでは所詮は負け犬の遠吠えに過ぎない。2冊目、3冊目と一定レベル以上の内容のものをコンスタントに書き続ける力があるかどうかが重要である。

 組織内なら失敗して子会社に出向になっても、最低限は保証されている。組織を離れると失敗したら後がないのである。「半沢直樹」の続編を待ちたい。

2013年9月23日

「物流6大学」のコンペ

 20日にNS物流研究会の会合があった。11月9日に開催する「第5回物流関連ゼミ学生による研究発表会」の事前打ち合わせである。

 NS物流研究会は、国土交通省が2006年から約1年半にわたって行った「若手経営者等によるトラック事業の未来を語る会」の委員を委嘱されたメンバーが、その後、任意の研究会を設立して今日に至っているもの。会員企業の訪問・研修などを行うとともに、大学の物流関連ゼミで学ぶ学生たちに研究成果を発表する場を設けたりしてきた。それが「研究発表会」である。

 第1回は4年前のトラックショーの会場の1室を借りて行った「ワンコイン・セミナー」であった。会員企業が自社の取り組みをプレゼンするとともに、神奈川大学の齊藤ゼミの学生が何グループかに分かれて研究成果を発表し、優秀なグループを表彰したのが始まりである。来場者には1コマにつき500円を支払ってもらうことにしたのでワンコイン・セミナーと名付けた。

 それ以来、学生の研究発表会を毎年開くことにし、参加校も増やしながら今回が5回目となる。今年は東京海洋大学の越中島キャンパスをお借りして11月9日に開催する。年々、参加校も増加して、今回は大阪産業大学、神奈川大学、東京海洋大学、流通経済大学、流通科学大学、目白大学の6校がエントリーしている。途中で急遽、参加を取りやめた大学もあるが、とりあえず「物流6大学」となった。

 学生たちの発表内容は毎年レベルアップしており、物流業界関係者にとっても参考になる。もちろん未熟な部分があることは否定できないが、業界の慣習や常識にとらわれない若い感性や発想は、新鮮でそれなりの示唆を含んでいる。

 費用は研究会メンバー(法人会員)の会費で運営しているため、予算的には厳しい。しかし、参加校がもっと増えて、研究発表の経験が多少なりとも物流を学ぶ学生の糧になってもらえれば、物流業界の将来にとっても良いことである。

 ただ残念なことは、大学で物流を学んだ学生を新卒採用できるような物流企業がまだまだ少ないことだ。これらの若い人材を受け入れられるような物流企業がもっと増えることが、同時に業界の成長・発展を意味している。

2013年9月16日

ネット通販と物流

 13日、14日と東京海洋大学を会場にして開催された日本物流学会全国大会に参加した。今回は30周年で、13日の記念大会シンポジュームのテーマは「ネットワーク社会を支えるロジスティクス」だった。また、14日は第1会場の統一・自由論題の多くがネット通販と物流に関する発表だったので、それらの研究発表を拝聴した。

 ネット通販と物流に関しては今年に入ってから7月末まで、ネット通販会社や物流事業者を取材してきた。8月の下旬には原稿を書き上げて、その後、出版社との出版交渉をし、11日にやっと出版できることになったばかりである。タイトルについては今後、編集者と検討をして決めることになるが、12月上旬(早ければ11月下旬)には白桃書房から出版する予定だ。

 ネット通販と物流に関する本を書きたいと思ったのは、5、6年前である。ネット通販が川中・川下の物流を変えることになるだろう、という漠たる予感がしたからだ。そこで4年ほど前に実際に取材を開始したのだが、全く先が見えなくて取材を中断した。その1年後にも取材を再度始めたのだが、やはり止めてしまった。取材を進めても、何をどのようにとらえれば良いのか、切り口が全然みえないのである。しかし、昨年の夏ぐらいから大手ネット通販会社の物流インソーシング化や当日配送化への動向が活発化した。それと同時に、宅配便会社も当日配送体制の構築に着手する動きが始まってきた。そこで、今年に入ってから三度、取材を開始したのである。

 しかし、レギュラーの仕事に加えてイレギュラーで入ってくる仕事をこなしなが、その合間を縫っての取材である。これらの仕事を消化しないと収入がなくなってしまう。単行本の作業は、取材費や時間などの出費だけで、当面は収入には結びつかない。これは組織に属さないのだから仕方のないことである。そこで、取材に時間がかかってしまった。

 取材に時間がかかった理由はもう一つある。それはネット通販各社の広報コントロールだ。正面から取材をするとなると、広報を通して取材の趣旨にあった立場の人をセットしてもらうことになる。しかし、各社とも広報規制が厳しく、聞き出せる内容も限られる。突っ込んだ内容の取材にはストップがかかる。それに事前に原稿を見せることを条件にされることが多い。それではカタログ集になってしまう。

 そこで、仲介者を通して、取材ではなく個人的な意見交換というかたちでお会いした方がたがほとんどである。そのために取材に時間がかかったのだが、このような事情が逆に幸いし、社名や個人名は出せないが、内容的には自由に書くことができた。問題はどれだけ売れるかである。

2013年9月 9日

あいさつ

 中学生ぐらいの女の子が自転車ですれ違いざまに、「こんにちは」とあいさつして通り過ぎた。しばらく行くと小学生ぐらいの男の子が2人、自転車に乗っていたのだが、やはりあいさつをしてきた。また少し歩いて行くと、30歳前後と思われる自転車に乗った女性からあいさつされた。

 先週の金曜日の午後から土曜日の午前中まで、松山市内のホテルでセミナーがあった。テーマは危機管理で、1日目は講演、2日目はパネルディスカッションである。土曜日は昼食をとって解散だったので、ホテルに迎えに来てくれた松山の友人の車で、高知県宿毛市に向かった。久ぶりに宿毛市の友人を訪ねるという計画である。

 宇和島までは高速道路で、そこからは一般道を行った。宇和島も40年ぶりである。鹿島という無人島があり、今はどうなっているか知らないが、40年ほど前には国民宿舎があって夏の間だけ利用できた。冬は無人島で、野生の鹿と猿がいる島である。松山の友人とは若いころ、一緒に何回かキャンプに行ったことがあり、当時を思い出しながらの道中である。

 今年の夏は、お盆に日帰りでお墓参りに行っただけで、毎日、原稿を書いていた。そこで松山でセミナーが終わってから宿毛に行くのが夏休みがわりというわけである。宿毛のホテルには午後3時30分ぐらいに着いた。宿毛の友人の公務の関係で、会食は7時半からなので時間があった。そこで、港や海沿いを歩いて写真を撮ることにした。その途中で、小学生や中学生からあいさつされたのである。

 宿毛の友人と3人で食事をしながら、子供たちからあいさつされた話をした。宿毛の友人は地元の市長なので嬉しそうだった。あいさつ運動のようなものはしていないが、会った人同士が声をかけあうようにしよう、と常にいっているのだという。会食しながら、地元の活性化について3人で意見を交わし楽しい一時だった。

 日曜日は8時半にホテルを出発し、松山の友人が高知龍馬空港まで車で送ってくれて、空港で昼食後に帰途についた。これで、土曜日の午後から日曜日の昼までの、今年の短い短い夏休みは終わった。羽田までの機内で子供たちのあいさつを思いだしながら、もし大都市だっら、知らない人から声をかけられたら気をつけなさい、と教えることになるだろうなと思った。悲しい現実である。

2013年9月 2日

県庁所在地の人口が1年で減少

 いまや「少子高齢化」は慣用句のようになってしまった。子供が少ないのだから、高齢化とともに人口が減少していく。少子化については、近所に小さな子供が少なくなったと感じるし、高齢化についても周りに年寄りが増えたと分かる。だが、全体として人口が減っているということに関しては、理屈では分かっていても、具体的な実感が乏しい。

 総務省が発表した、住民基本台帳に基づく3月末時点の人口動態調査によると、日本人の総人口は前年より26万6004人減少した。26万人と聞けば感覚的には凄い人数だと思うのだが、どうも実感がわかないのである。そこで具体的にイメージできるように総務省の資料をみてみた。

 すると、人口が26万人台の都市は、福井市、長崎県佐世保市の2市である。26万人よりすこし多い27万人台の市が北から北海道函館市、茨城県水戸市、大阪府茨木市、同八尾市、兵庫県加古川市、山口県下関市である。反対に26万人よりすこし少ない25万人台の市は山形市、東京都府中市、神奈川県平塚市、静岡県富士市、徳島市であった。以上の中には県庁所在地が4市含まれているが、県庁が所在する市の人口が1年間で減少してしまうと考えれば、日本の人口減少がどれほど凄いものかが実感できるのではないだろうか。

 ちなみに人口26万人以上の市が1つもない県は、山形、山梨、鳥取、島根、徳島、佐賀の6県である。また、47都道府県のなかで人口が一番少ないのは鳥取県で58万人。これからも毎年26万人ずつ人口が減少していくとすると、2年余で鳥取県の全人口に匹敵する人口が減少することになる。

 このように人口減少を具体的にイメージできるようにしてみると、日本はあらゆる面で抜本的な発想の転換が必要なことがわかる。戦後から今日までの延長で物事を考えていたのではダメなのである。いまこそ新しい国のあり方を考えなければならない。しかし、来年度の概算要求(過去最高の99兆2000億円)などをみると、そのことが分かっているのかどうか疑問に思えてくる。もっとも、しがない一国民と、えらぁ~い先生たちや頭脳明晰なお役人の方がたとは発想のレベルが違うのだろうが...。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »