« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日

「藤原の効果」と錯覚

 今年は台風の多い年だ。前回も台風に関連した内容だったが、今回も続けて台風の話である。

 台風の進路によっては仕事のスケジュールが狂ってしまう。しかも台風27号と28号がほとんど同時に来るのではないかと心配だった。そんな時にネットで「藤原の効果」云々というのが目に入った。その瞬間、気象庁も粋な表現をするものだと思ってしまったのである。

 というのは「藤原」をてっきり藤原純友と勘違いしたからだ。東国で平将門が乱を起こし、ほとんど同時に西では藤原純友が乱を起こした。いわゆる承平天慶の乱である。将門の乱を東の台風、純友の乱を西の台風にたとえれば、歴史的なことは詳しく知らないが、間に挟まれた京の都の朝廷は大変な事態への対応に迫られたのではないだろうか。そこで、2つの台風が複雑に作用しながら同時に来襲してくる状況を、「藤原の効果」と表現したのだろうと早とちりしたのである。

 そのような誤解がむしろ好奇心になって、さらにクリックしてみたら全然違っていた。2つの台風が接近すると通常とは異なる複雑な動きをするが、このような相互作用の存在を1921年当時に中央気象台の所長だった藤原咲平氏が提唱したことから「藤原の効果」と言うらしい。恥ずかしながら「藤原の効果」という言葉を初めて知った次第である。

 とんでもない錯覚をしたものだが、それには故郷の心裡とでも表現すべきものが根底にあるのではないかと思う。前回、生まれ育ちは筑波山が見える地方と書いたが、将門にゆかりのある地方である。だからほぼ同時に近づいてくる2つの台風と、藤原という表現から純友の乱と将門の乱を発想してしまったような気がする。

 そういえば思い出した。母校(高校)の校歌の一節に、「むかし天下を睥睨の 東国男子の魂は なほ三寸の胸にあり(作詞:吉丸一昌氏)」とあった。

 それにしても、単純な発想と直情的な行動で後悔ばかりしているが、これも坂東に生まれ育った宿命なのかもしれない。

2013年10月21日

指示を仰ぐ

 仙台、盛岡と出張したが、盛岡からの帰りに台風26号の影響を受けた。午前中に仕事を終えて、盛岡駅に戻って昼食をとり、悪天候なのでそのまま早めに帰ることにした。13時10分発のチケットを取ったのだが新幹線が大幅に遅れ、発車が14時40分ぐらいになってしまった。一昨年の秋にも盛岡からの帰りに、台風の影響で乗車した新幹線が途中駅で臨時停車したまま1時間以上も待機したことがあった。

 今回は乗車するころには雨がやんだので、発車してからの遅れはさほどなかった。郡山駅を出て間もなく、進行方向左側の山から虹が立ちあがっている光景が見えた。これほどクッキリとした虹を見たのは何年ぶりだろうか。さらに新たな発見があった。那須塩原駅を通過したぐらいから、筑波山が小さく見えたのである。生まれ育ちは筑波山が見える地方だが、この辺からも見えるのかと驚いたのである。

 そんなことで比較的早く家に帰ってニュースをみたら、伊豆大島で大変な被害がでていた。避難勧告を出さなかったことについて町長が釈明していた。町長も副町長も公務で島にいなかったという。結果的には避難勧告を出さなかったことが人的被害を大きくしたといえる。その点については判断ミスで、責任は免れない。

 だが、地元に残っていた最高責任者が、町長にどのような報告をしていたのかについては、報道されていないので分からない(当稿を書いている時点では)。現地からの報告によっても、判断が違ってくるはずだ。事態を客観的に伝えるといっても、現地の責任者の主観を100%排することはできない。微妙なニュアンスの違いが、最終判断を左右する可能性がある。

 もう一つは、現地の責任者自身の判断である。現場にいる自分の判断としては「避難勧告を出すべきだと考えますが、どうでしょうか」と指示を仰いだのだろうか。それとも、「現状はこのようになっています(それも主観を排することはできない)。どうしましょうか」と指示を仰いだのだろうか。

2013年10月14日

小樽散策

 10月9日は札幌で全日本トラック協会の事業者大会が開かれた。翌日は帰りの飛行機の時間まで余裕があったので小樽に行ってみた。小樽は1年数カ月ぶりである。

 思い起こせば最初に小樽を訪ねたのは約40年前の真冬だった。記憶によると、上野から夜の10時か11時ごろの夜行寝台列車に乗り、翌朝に青森から青函連絡船で函館に行き、函館から特急で札幌に着いたのが夕方の5時頃だったと思う。その時が初めての北海道で、さすがに広いな、そして遠いなと感じたものだった。札幌から小樽まで足を延ばしたのである。

 その後も、取材で雪の降る南小樽や小樽築港駅に降りたこともあった。ある時など福井県の敦賀港から小樽港までフェリーで行ったこともある。だが仕事はたいてい札幌なので、時間があれば札幌から足を延ばすことの方が多い。

 最初に北海道に行ったころは青函トンネルは工事中で、東京から北海道に行くには飛行機か青函連絡船が一般的だった。すでに軍事技術としてGPSは開発されていたはずだが(いまよりも技術的には劣っていただろうが)、当時はGPS技術が民間に解放されていなかったので、青函トンネルは三角法による測量技術を指針に北海道側と青森側から掘削されていた。両側から掘り進めて中心点が1m以内に入れば世界トップレベルの技術だと、三角法の授業で先生が話しておられたことを思いだしながら海を眺めていた。

 最初に訪ねたころの小樽は、まだ旧国鉄の手宮線が貨物線として運行されていた。現在でも手宮線の廃線跡は一部が保存され、散歩道のようになっている。先日もコンパクト・デジカメを持って歩いてみたが、秋晴れの中で近くの保育園児たちがレールの周りで遊んでいる姿が微笑ましかった。

 運河沿いの観光地はあまり行かないで、港や古い街並みなどを歩くようにしているのだが、やはり時代の変化を感じる。手宮線跡地で遊んでいた保育園児たちが大きくなるころ、小樽はどのようになっているのだろうかなどと考えながら、千歳空港に向かった。

2013年10月 7日

贅沢な不満

 土曜日(5日)に鹿島アントラーズとFC東京の試合をみに東京・国立競技場にいった。アントラーズの試合をみるのは5月の横浜Fマリノス戦以来である。

 家族全員での観戦である。ずっと昔は家族4人でみていたのに、今では長男の妻、長女の夫と2歳の娘(孫)が加わって総勢7人だ。2歳の孫も、わけも分からずながら手をたたいたりしていたので、この間にアントラーズのサポーターが3人増えたことになる。

 後半に1点取られて完封を逃し4-1の勝利だったが、終始リードしていたので、安心してみていられた。まわりのサポーターたちも余裕の観戦で、それはヤジにも顕著に表われる。テレビの解説者にでもなったかのように、プレーを分析したようなヤジを飛ばす人もいて面白かった。なかでも傑作だったのは、アントラーズの選手がゴール前でオフサイドをとられたプレーである。オフサイドでなければ、シュートしてゴールの確率が高い場面だった。すると「オフサイドは分かっているけどさぁ~、ちょっとぐらい大目にみてくれたっていいじゃないか」と審判に対して叫んだのには、思わず笑ってしまった。

 だが、最近のアントラーズには物足りなさが払拭できない。28節を終わって4位にいる。1位のサンフレッチェ広島と2位の横浜Fマリノスとは得失点の差なので、両チームとの勝点差は3である。また3位の浦和レッズとは僅か1点差だ。今シーズンの残りは6節なので、充分に逆転優勝が狙える位置にいるのだが、なぜか今一つ満たされないものがある。毎シーズン中位や下位にいるチームなら、4位にいれば今年は良くやっている、という気持ちになるのだろうが、常に1位か2位でトップを争っていないと満足できないのだ。

 強豪だったジュビロ磐田は現在17位でJ2降格の可能性もある。かつての王者だった東京ヴエルディにいたっては今やJ2だ。常に勝ち続けるのは大変なことだと改めて思う。そのように考えれば贅沢な不満なのかも知れない。

 アントラーズも世代交代が徐じょに進んでいる。若手がもっと力を付けてくれば、シーズンを通して1、2位をキープするようなチームになるだろう。一方、それはこれまで第一戦を支えてきた馴染みの選手たちが退くことを意味する。

 家族4人から今や7人での観戦になったが、それが平凡な幸せなのかどうかは分からない。だが、そのようにして世代が交代していくことだけは事実である。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »