« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日

想定範囲の範囲

 今回も雪についてである。日本列島の多くの地域で降雪による被害がでた。

 テレビニュースでも小売店の陳列棚が空になっている映像が流れた。商品が店頭に届かなくなってしまったからである。また、葉物野菜などの値上がりも報道されているが、農産物の場合には収穫時にある野菜の被害だけではなく、いま育てている最中のものも被害に遭っている。そのため春から夏にかけても生産量の減少による値上がりが懸念される。

 このような自然災害などの影響で、必ずクローズアップされるのが物流だ。宅配便各社では幹線輸送、集配業務に影響がでた。そのため荷物の引受を一時的にストップするような事態にもなった。一般貨物輸送も同様で、荷物を届けることができないという事態も発生した。何人かの事業者に聞いたら、何とか荷物を届けることはできたが、帰れなくなってしまったようなケースもあるようだ。通常は拘束時間の範囲内で日帰りなのに、会社に帰れたのは翌日だった、というのである。

 物流に限らず、今回の大雪による被害の多くに共通するのは、想定外の降雪量だったということである。たとえば農家のビニールハウスの倒壊などでも、今回のような降雪量を想定していないために、そこまでの強度で作っていなかったために被害に遭っている。その他、あらゆる面で想定外だったことによる被害が少なくない。

 つまり、過去の経験を上回る自然災害が発生するようになってきたのである。これは雪に限らず集中豪雨や強風、それに3年前の東日本大震災のように地震や津波など、想定範囲の範囲を再検討しなければならないようになってきたことを意味する。

 社会インフラや公共施設などなら、政府や自治体の政策的な優先順位(予算配分)を再検討することで、想定の範囲を拡大した構造にすることはできる。だが、民間企業では投資額が大きくなることを意味するので、それだけの資金があるかどうかが大きな問題である。これは個人(たとえば住宅など)でも同様で、それだけの予算的な余裕があるかどうか。

 このように見ると、日本は豊かになったとはいっても、本当の豊かさとは何かを考え直すことも必要なのではないだろうか。

2014年2月17日

日本列島・雪景色

 石川さゆりさんが歌ってヒットした「津軽海峡・冬景色」(阿久悠作詞、三木たかし作曲)という歌がある。それに倣うと先週の週末の日本は、さながら「日本列島・雪景色」である。

 近年は毎年のように夏に猛暑が日本列島を覆い、各地で観測史上の最高気温を記録したりしている。また、局地的な豪雨では、やはり観測史上最高の降雨量で各地に被害をもたらすなど、異常気候が常態化している。先週末には九州から北海道までほとんど全国で雪が降った。今回の雪も、何十年ぶりとか、観測史上最高の降雪量という地域があった。

 大雪によって交通が大混乱した14日(金)は、大阪への日帰り出張だった。大阪環状線の京橋駅の近くにあるホテルモントレラ・スール大阪に行ったのだが、だいぶ前に購入しておいた新幹線に乗ったのでは遅刻の可能性が高かった。そこで前日の朝に、最大2時間遅れてもスレスレで間に合うような新幹線にチケットを変更しておいた。幸い往きの新幹線は約40分遅れだったので、余裕をもって目的地に着くことができた。帰りは成り行きまかせで、交通事情によってはどこに1泊しても良いと思っていたのだが、帰りの新幹線も約30分遅れですんだ。とはいっても大阪市内も都内も在来線が間引き運転などをしていたので、トータルするとかなりの時間がかかった。

 道路も大変で、大渋滞だけではなく、車が動けなくなってしまうような事態も発生した。当然、トラックによる貨物輸送にも大きな影響がでている。重量ベースでみると国内の貨物輸送の9割はトラック輸送である。もちろん航空貨物輸送や鉄道貨物輸送も雪によって遅れや運休があるので、雪による影響ということでは同じだ。しかし、航空輸送なら空港から空港まで、鉄道輸送なら駅から駅までの輸送であり、発地の空港や駅まではトラックで運び、着地の空港や駅からもトラックで運んでいる。このようなことからトラック輸送がストップしてしまうと、それだけ影響が大きいのである。

 大雪による荷物の遅れは仕方ない。それよりも、ドライバーの人たちの方が心配である。スリップなどによって事故が発生しやすい。運転には細心の注意が必要だ。さらに渋滞によるノロノロ運転が加われば、精神的な疲労は大変なものであろう。

 何事もなく仕組みが機能している時は、当然のように思えることも、仕組みが機能しなくなるとその存在を認識するのである。

2014年2月10日

能力の発揮と結果

 福島県の郡山市で乗ったタクシーのドライバーが、「景気の恩恵は全くない。それよりも売上は天候に左右される」と話していた。雪が多い年は売上が伸びるのだという。

 話によると、浜通りはほとんど雪が降らないから、スタッドレスタイヤを持っている人が少ない。だからたまに雪が降ると渋滞などで大変なことになるが一時的である。一方、会津は冬の間は雪が積もっているので、誰もがスタッドレスタイヤにする。雪道の運転にも慣れているのでタクシーの売上にはあまりつながらない。しかし、その中間にある中通りの郡山では、雪は降るが冬の間中積もった状態ではない。皆がスタッドレスタイヤを持っているが、たびたびつけ替えるのが面倒だ。それに雪道の運転にも慣れていない。だから降雪日が多いと、普段は車で通勤しているような人でもタクシーを利用するので売上が良いのだという。

 現在、日本列島は広い地域が雪におおわれている。関東でも何年ぶりかの大雪となった。そのようななかで、ソチの冬季オリンピック・パラリンピックが始まった。個人的には、夏のオリンピックと比べると冬のオリンピックは関心が低い。先の郡山のタクシー・ドライバーの話ではないが、あまり雪の降らない地方で生まれ、育ったからかも知れないと思う。それに対して、1年の一定期間は雪に覆われたなかで生活している人たちは、小さな時からスキーやスケートに親しんでいるので、ウインタースポーツへの関心が高いのではないだろうか。

 今回のソチオリンピック・パラリンピックには、有望な日本選手がたくさん参加している。活躍を大いに期待したい。だが、マスコミなどは日本のメダルの数が何個とか、だれだれ選手は金メダル候補とか、あまりにもメダルに固執した報道が多すぎるような気がする。

 もちろん競技だから負けるより勝った方が良い。2位よりは優勝の方が良いに決まっている。しかし、大切なのは自分の力を存分に発揮するということではないか。多くの人たちが注目する中で、自分の持っている力を全て発揮できれば素晴らしいことである。メダル云々はその結果である。お互いに力を出し切った結果、自分を上回る選手がいれば、それがどこの国の選手であろうとも讃えるというのがスポーツであろう。

 メダルという精神的なプレッシャーを与えて力を発揮する妨げになるのではなく、持てる力をフルに発揮できるような雰囲気をつくるのが、本当の応援である。選手も日本を代表しているとか、日本の人たちの応援に応えるとか、という気負いはなくした方が良い。スポーツは国威発揚の手段ではない。練習で蓄えた力を存分に発揮することに専念し、楽しく競技に臨めば良いのである。順位はあくまでその結果なのだから。

2014年2月 3日

「権威」と「常識」の革新

 先週は明るいニュースに接することができた。単に明るいだけではなく、ある種の清々しさを感じさせるニュースだった。

 ほかでもない新型万能細胞「STAP細胞」のニュースである。小保方晴子さん=本来なら「博士」とか「氏」と書かなければ失礼なのだろうが「さん」の方がピッタリくるのでそうさせていただく=は、いかにも賢そうな美人で、しかも若い方なのでテレビのニュースを見ていて清々しさや爽やかさを強く印象づけた。白衣ではなく、かっぽう着姿で実験に打ち込む姿も、初々しい感じだった。

 権威ある「ネイチャー」誌に最初に投稿したときは、あまりにも「常識」を覆すような単純な理論だったために、「過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している」とまで酷評されたという。そのような報道を聞いて、「権威」を振りかざすことで自らの存在を誇示しようとする学問の世界らしいな、と思った次第である。学問の世界に長年生きてきたその道の「権威者」に、しばしば見られる専門的「常識」に基づく裁断とヒエラルキー臭である。また、もっと簡単に表現しても伝わるような内容を、やたらと難しい言葉で話すことで、自分の専門的「権威」を誇示しようとする人もいる。

 これは学問の世界だけではない。どのような分野でも、その分野の「常識」が根強く定着している。その「常識」すら分からないような人は、単なる素人と見下し、相手にするまでもないと裁断してしまう風潮がある。とくに、その道の「権威者」にありがちな発想と態度だ。

 最近は理系を専攻する女性が増えているという。これら理系女子を通称「リケジョ」というらしいが、小保方晴子さんは、一躍リケジョのシンボル的な存在になった。彼女にあこがれたり目標にして、理系に進む女性が増えることは良いことである。

 一方、これから小保方さんはマスコミに執拗に追いかけられることだろう。研究者としての研究内容や研究実績などを取材・報道するのは良いが、アイドル的な取り上げ方はやめてもらいたい。才色兼備の若い女性だけに、おそらくアイドル的な報道が増えてくるだろうと予想する。それもマスコミが視聴率稼ぎと「常識」的に考えている悪しき習性である。そのような取材攻勢が、研究に支障をきたすことになったら、人類的な損失にもなりかねない。

 専門的なことは皆目分からないが、STAP細胞は学問「業界」の「権威」と「常識」を覆したという意味でもイノベーションといえるのではないだろうか。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »