« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月25日

費用対効果

 全日本トラック協会や都道府県トラック協会の広報活動のあり方などについて1時間ほど話す機会があった。話をするために日頃から感じていることや考えていることを、あらためて頭の中で整理することになったので、自分にとっても有益だった。

 業界団体の広報の役割は、会員など業界の内部向けと、業界外に発信する外部向けに大別できる。内部向けの方法としては機関紙誌、HP、その他がある。また外部向けとしては独自媒体(印刷媒体、DVD、その他)と、各種媒体の活用(電波、活字、Web、その他)がある。また、広報内容では、内部向けは伝達的要素、啓蒙的要素、その他がある。外部向けでは荷主向け、一般向け、若者向け、業界内で働いている人やその家族など対象を明確化することが必要だ。各対象ごとに内容を絞り込み、表現なども替えて発信しなければならない。

 全ト協の調査によると、内部向けに機関紙誌を定期発行していないのは1県のみ。形態としては新聞が1都で、クリアファイルが1県、他は雑誌形式である。発行サイクルは毎月1回が圧倒的に多い。また、外部向け広報として地元テレビ、地元ラジオを活用している協会が意外に多いので驚いた。

 全ト協と都道府県ト協を合わせた年間広報予算は約14億5000万円。テレビで冠番組を提供しているような大企業からすれば僅かな金額かも知れないが、業界団体としては広報にかなり金額を使っている方だろう。なにより重要なのは費用対効果である。

 話をするための準備として各地方ト協のHPにさっと目を通した。またHPで機関紙誌も読めるようになっている協会は、機関紙誌も簡単に見た。全体的に感じたことは下手だということだ。「見せよう」「知らせよう」と努力してはいるが、一方的な自己表現に過ぎない。極論すると、海に向かって大声で叫んでフラストレーションを発散しているのと同じようなもの。そうではなく、どうしたら「見てもらえるか」「知ってもらえるか」という努力をしないと効果が低い。

 費用対効果という点から、効果的な広報について考えていく必要性を感じた。もっとも、そのために自分に話をする機会が与えられたわけなので、第1歩をスタートしたということになる。

2014年8月18日

「便利さ」の陰

 さすがに先週は、朝夕の通勤電車がいつもより空いていた。多くの人たちが帰省や旅行などに出かけているのだろう。その分、新幹線や特急列車、飛行機などの利用客が増加する。高速道路の渋滞も例年のごとくだ。

 だが、夏休みをとって旅行などに出かけられる人たちがいる一方、その間も働いている人たちがいる。小売業や飲食業などはその代表格といえる。そして、それらに商品や食材などを供給しているのが運送業である。トラック運送業にとっては、道路の混雑や渋滞は作業効率を低下させるので大変だ。いずれにしても、多くの人たちが休暇を楽しんでいる間も働いている人たちがいて、社会の「便利さ」を支えている。

 例年のことだが夏休みのない自分にとっては、通勤電車が空いているのは有難い。なぜ、夏季休暇がないかといえば労働生産性の低さである。生産性が低い分を、時間で穴埋めしている。自分1人だけの会社なので労基法は関係ないが、労働条件からみると完全なブラック企業である。それなのに決算書をみるとリッパな? レッド企業だ。

 当社のことはさておくとして、全体的にみると夏休みがとれる人たちは恵まれている(本来はそれが当たり前のことなのだが)。それに対して、休暇を楽しむ人たちのために「便利さ」を提供している人たちは、一般的に労働条件などが恵まれていない。非正規雇用の人たちが多いからだ。

 小売業や飲食業、それに運輸業などは生産性が低い業種である。機械化できる余地が少ない労働集約型産業である。つまり、経営的にみると人件費比率が高い。この生産性の低さをカバーしているのが長時間労働だが、時間には限界がある。そこでもう1つの手段として人件費単価を低く押さえている。

 このようにして、普段の仕事においてだけではなく、夏休み期間などにおいても、正規雇用の人たちの「便利さ」を非正規雇用の人たちが支える、という構造ができあがっているのだ。おそらく、このような傾向は今後ますます強まるものと思われる。少なくとも、労働人口の減少と国内市場の縮小という問題がなければ、である。しかし労働人口の減少と国内市場の縮小は避けて通れない。すると、どうなるのだろうか。

 「便利さ」と「必要性」は必ずしもイコールではない、ということに気づかなければならない。

2014年8月11日

仕事=夏休み

 常陸太田市(茨城県)の佐竹寺に行ってきた。来年3月に発行する小冊子の見開きページに使う予定の写真撮影である。同市のHPによると、佐竹寺は鎌倉時代から江戸時代にかけて常陸国を支配した佐竹氏代々の祈願所で、開山は807年あるいは985年と諸説があるようだ。兵火による焼失と再建などの変遷があったが、佐竹氏の秋田移封にともなって寺運は衰えていったという。国指定重要文化財である。

 常陸太田市に行ったのは初めてである。水戸駅でJR水郡線に乗り換えて、上菅谷駅で同じ水郡線なのだが郡山方面に行く電車から、常陸太田に行く電車に乗り換えた(水戸~常陸太田直通もある)。水郡線の電車の中には観光客らしい人たちがいたが、ほとんどが高齢者だ(車窓にうつった自分の姿ではないので誤解のないように)。

 常陸太田駅の観光案内所で聞いたら佐竹寺の方にいくバスはないし(平日でも曜日による)、歩くと30分はかかるという。暑い中を歩いたのでは写真を撮るまでにバテてしまう。すると案内所でレンタサイクルもやっているというので借りることにした。これなら撮影が終わってから別の所に周ることもできる。電動自転車は初めて乗ったが、たしかに軽い感じがした。それにしても暑いことに変わりはない。自宅に帰ってから夜のニュース番組を見ていたら、常陸太田の近くの大子町では37度以上になったといっていたから、それに近い猛暑だったに違いない。

 汗だくで佐竹寺に着いたら、人がたくさんいること。バスで見学に来た団体さんもいれば、檀家の人たちが大勢集まっていて、板塔婆を持ってお墓と本堂を行ったり来たり。肖像権などのトラブルを避けるため、顔が写らないように撮らなければならない。どうしようもない場合は顔の部分をぼかすようにする。その点はデザイナーがチャンと処理してくれるが、それでも校正では神経を使う。そんなこんなで、人が少なくなったり、こちらを向いている人がいないようなシャッターチャンスを待ちながらの撮影だ。それに猛暑のカンカン照りなので、屋根は明るいのに光の当たらない本堂は暗い。コントラストが極端なので露出が難しい。仕事で写真を撮るといっても、カメラが専門ではないので素人同然である。炎天下で露出を調整しながら同じアングルで何度もシャッターを切ることになった。

 といったことで、久しぶりに大汗をかいた。だが、今夏もなかなか休みが取れないスケジュールなので、往復の移動が夏休みと思えばこれもまた楽しい。

2014年8月 4日

スマートフォン奮戦記

 約2年前の2012年4月30日づけで「iPad奮戦記」を書いた。今度はスマートフォン奮戦記である。

 通信費を安くしようと、iPadに内蔵されている通信会社の定額料金で使っていたのだが、突然2倍近くの請求書がきた。消費税増税分なら仕方がないが、それをはるかに上回る。そこで確認したところ、2年間の契約期間が終了し、通信契約が自動更新して今後は毎月その料金が請求されるということだった。たいていの人は2年でタブレットを買い替えて、通信も契約し直しますという。

 それならiPadは止めにして、携帯電話をスマートフォンにしようかと思った。文字が小さいが、そんなに使うわけではない。するとその翌日の朝、携帯電話が壊れたのである。ディスプレーと文字盤を接続する折りたたみの部分が一部欠けてしまった。使用には差し支えないが、開いたりたたんだりがスムースに行かず使いづらい。そこで、iPadの通信会社との契約を解約し、量販店のスマートフォン売場に直行した。

 iPadを小さくして電話機能がプラスされただけだろうと思っていたのだが、いざ操作してみるとなかなか難しい。試行錯誤しながら、あれこれいじっていたら電話がきた。セミナーのディスカッションでコーディネーターをやってくれ、という話である。最初に受けた電話が仕事のオファーなので、このスマートフォンは縁起が良いな、代替えして正解だったと喜んだ。そして良いことは続くものだと思っていたら、2番目に受けた電話も、研修会の講師の依頼だった。このスマートフォンはツキがあるから、2度あることは3度あると欲をかいて期待していたら、3番目の電話は野暮用だった。これで完全にツキが落ちてしまい、その後は以前のように平凡で貧困な日常に戻ってしまった。

 それにしても、昔のように回線電話が一家に1台の時代と比べたら、家計支出に占める通信費の割合ははるかに多くなった。中学生以上の子供2人がいる4人家族なら、固定電話と携帯電話4台が普通であろう。それだけの支出はどこから捻出されるのだろうか。新聞書籍購入費が削減されているはずだ。

 だが、それで生活が豊かになったのだろうか? フランスの経済学者トマ・ピケティ氏が書いた『21世紀の資本論』が世界的に売れているようだ(2013年に仏語で出版し、2014年に英語版がでてヒット。邦訳版は今年12月の予定という)。「相対的および絶対的窮乏化」などを論じあった若かりしころの方が、牧歌的で精神的には豊かだったなどと考えながら、オファーが入ってこないかとスマートフォンのディスプレーをじっと眺めている。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »