« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日

与那国島

 先週末には新聞やテレビで与那国が採りあげられた。昨日実施された、陸上自衛隊配備の賛否を問う住民投票の動向を伝えるニュースであった。住民投票に法的拘束力はないが、島民の意向を反映した投票結果を重視した政治対応が求められる。また、島民の間にしこりを残さないようにすることも、今後の重要な課題だ。

 テレビニュースで映し出された与那国の風景をみて懐かしかった。与那国に行ったのは2007年4月なので、あれからもう8年も経ってしまった。ずっと昔から、1度は行ってみたいと思っていた。なぜ、与那国に興味をもったかというと、敗戦後に一時的ではあるが台湾との密貿易で栄えた、といったことを何かの論文で読んだからである。まだ沖縄の施政権が返還される前だったが、日本最西端の島というのも魅力的だった。

 このように漠然とした思いはあったが、実際に行こうと腰を上げたのは、日本の最西端で沈みゆく夕陽を写真に撮りたいと思ったからだ。そうすれば次ぎは、自分の人生にも輝く朝日が昇ってくるのではないか、と期待したのである。だが、未だに日が沈んだままの人生なのは最大の誤算だったが‥。

 お世話になったホテルのおばさんは浅草生まれの江戸っ子で、かなり年齢がいってから、夫の父親の出身地である与那国に住むことになったのだという。ホテルに着いて驚いたことがいくつかあるのだが、その1つは部屋のカギがないことだった。泥棒などがいないのでカギはいらないとのこと。ただし、プライバシーの問題があるので、内カギだけはかかるようになっていた。

 レンタカーで島内の主たる所は一周した(正確には一周以上した)。もちろん西崎(いりざき)で夕陽の写真を撮ったが、在来馬の与那国馬が断崖の先端で草を食んでいる姿を撮るために、何時間もねばったことなど、懐かしい思い出である。天候によっては台湾が見えるほどの距離でしかないことも、日本の最西端を実感させた。

 ところで、密貿易で一時的に栄えたのは、敗戦で台湾が植民地から解放されたからである。ずっと昔から、島民は国境に関係なく台湾の人たちと交流していた。その後、台湾が日本の植民地になり、与那国から台湾に働きに行く人もいたようだ。台湾が解放されたので「密貿易」になったのである。ずっと昔の与那国と台湾の人たちのように、近隣の国の人たちとごく自然に仲よく交流する。それなら防衛の必要もなくなるのではないか。

2015年2月16日

『21世紀の資本』

 ピケティ著『21世紀の資本』(邦訳版)をやっと読み終えた。いま話題のベストセラーだが、同著を読みたいと思ったのは昨年夏だった。2013年に仏語で出版され、2014年4月に英語版が出されるとたちまち50万部を超えて話題になった。だが、仏語も英語もできないので邦訳版が出ないかと思っていたらみすず書房から12月に出版されると聞いた。当初は今年出版の予定だったが、発売を早めたという。そのためオリジナルの仏語からでは時間がかかるので、英語版から翻訳したようだ。

 そんなことで邦訳版が出るのを昨年の夏から楽しみにしていたのだが、すっかり忘れていた。1月中旬に書店にふらっと入ったら平積みされていたので思い出し、早速、購入して読みだしたのである。しかし、本文だけでも600ページ超の大著であり、頭をフル回転して読まなければならない。しかも朝夕の電車の中だけの読書なので、読み終えるまでに延べで約1カ月もかかってしまった。

 同著がなぜ売れるのか。一般にいわれているように、世界的に格差拡大が進行しているからだろう。日本でも現政権の経済政策に懐疑的な人や、何かおかしいぞと疑問を持っている人、さらに将来の社会のあり方など、その理論的な裏付けや方向性を求めているからではないだろうか。同著は主要各国の可能な限り古くからの膨大なデータを基に分析し、独自の回答を示している。

 それにしても一種のピケティ・ブームである。解説書や入門書まで出されているほどだ。同著では小説からも当時の社会と収入構造などを傍証しているが、バルザックの「ゴリオ爺さん」の文庫版まで増刷されて書店に大量に並んでいるのには苦笑した。いわゆる便乗商法である。

 だが、同著に限らず解説書の類はいっさい読まない主義である。読むと解説書の著者の解釈が先入観として刷り込まれ、それに沿った解釈になってしまうからだ。たとえ理解の深度は浅くても、白紙の状態から自分なりの読み方をした方が良い。

 『21世紀の資本』に対しては、おそらく多くの批判が出されるだろうと思う。典型的なのはデータの限界や制約(著者がそのつど明記しているのだが)などから、論理全体を否定するというロジックでの批判である。これは批判ではあっても反論ではない。反論と呼べるような体系的な論理的展開は容易ではないはずだ。

2015年2月 9日

姫島村

 いつも月曜日は夕方からの予定が入っていない限り、早めに帰宅して夜8時からNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」を観る。笑福亭鶴瓶さんがゲストと様ざまな地方に行き、そこに住む人たちと接する楽しい番組だ。ゲストが希望した地方に行くらしいが、旅の舞台となる町が過去に訪れた所なら懐かしいし、一度も行ったことのない町なら、近くに行く機会があったら足を延ばしてみようという気になる。

 先々週(1月26日)と先週(2月2日)は、鶴瓶さんとゲストの六角精児さんが大分県の姫島村を訪れた。姫島村は国東半島の伊美港から約6㎞離れた姫島で、1島1村の自治体である。

 姫島に行ったのは2011年11月12日~13日なので、あれからもう約3年3カ月が経つ。前日に福岡で仕事があったので、翌日朝に博多駅から特急で宇佐駅まで行き、そこからバスで伊美港に行った。誤算だったのは宇佐駅からのバスである。本数が少ないだろうと覚悟していたが、発車して間もなかったので次のバスまで2時間以上も待つことになった。小さな待合所には年配のご婦人が1人いて、「昔はもっとバスの本数があったのに‥」と、自分の不便よりも遠方から来た私を慰めるような口調だった。これもせっかくの機会だからと頭を切り替え、徒歩で回れる範囲で写真を撮って歩いた。自分にとっては格好の被写体があり、それはそれで楽しかった。

 宇佐駅から伊美港まではバスで約1時間。伊美港にはフェリーが接岸していて、待ち時間がなく出港した。乗船時間は約20分で姫島港に着いた。予約しておいたペンション野路菊の奥さんが車で迎えに来てくれて、まずは宿泊先に荷物を置き、自転車を貸してくれたので島内を一周することにした。翌日のフェリーの時間までかけて自転車で島内の主だったところは周ることができた。

 番組で放映された場所はほとんど記憶に残っていた。しかも自分が1泊したペンション野路菊を鶴瓶さんが訪ねたのである。自分がお世話になったのは1泊だけだったが、テレビでオーナーご夫妻の顔をみて懐かしかった。また、大分大学工学部の女性の助教がゼミの学生を伴ってフィールドワークに来ていて、番組に出てきたあの部屋で、一緒に話をしたことを思い出した。また、機会があったら行ってみたいと思っている。

2015年2月 2日

備えあれば‥とは言うが

 2週間前の「20年前」でも書いたが、阪神淡路大震災から20年余が過ぎた。あと1カ月余りで東日本大震災から4年になる。早いものだ。

 東日本大震災の日に、都内のある中小企業の経営者は、夜、自家用車で会社から自宅に帰った。道路が混雑していてなかなか車が前に進まない。電車や地下鉄などの公共交通機関がマヒ状態なので、道路の両側の歩道も歩いて帰宅を急ぐ人たちがたくさんいた。

 車がほとんど進まないような状態なので、その社長は歩道を観察していた。すると、あることに気づいたという。ヘルメットをかぶり防災グッズを背負って歩いている人たちと、普通の状態で歩いて帰宅を急いでいる人たちがいる、ということだ。ヘルメットにはたいてい社名が書いてある。そこで注意して観ていたら、ヘルメットに書かれている社名は、いずれも有名企業だったという。

 後日、この社長は私に「災害に備えて防災グッズを社員数だけ揃えている会社とそうでない会社。その違いはこんな時に現れる。企業力の差をまざまざと実感した。その点、わが社はまだまだと思った」と感想を述べていた。それを聞いて、いかにも経営者らしい着眼点と受け止め方だな、と思ったものである。

 先週のことである。当社といっても1人の会社だし、事務所も約1.5坪、およそ3畳の空間だが、防災グッズが備えられた。1人や2人で仕事をしている人たちを対象に、小さなスペースの事務所を提供するサービスをしている会社の担当者が来て、防災グッズを支給してくれたのである。

 肩から斜めに背負えるバックで、黒地に反射色で△印が入っている。興味をもってバックの中身を調べたら、軍手、冷熱遮断アルミシート、携帯ミニトイレ、救急組、マスク、普通のティッシュペーパー、ウェットティッシュ、乾パンが入っていた。ヘルメットはないが、これで我が社もエクセレント・カンパニーに1mmぐらい近づくことができたかも知れない?

 しかし、である。「備えあれば‥‥」とは言うものの、いつ起きるか分からない災害は、正直なところ怖い。備えあっても憂いを払拭することはできない。狭い事務所の片隅に備えてある防災グッズが、無用の長物になることが一番望ましい。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »