« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月26日

多層構造

 横浜のマンションが傾斜したニュースが連日のように報じられている。マンションの販売会社、元請建設会社、1次下請会社、2次下請施工会社‥‥と業界の多層構造にも関心が向けられるようになった。多層構造は建設業界に限ったことではない。自分が取材のフィールドとしている物流業界もそうだし、東日本大震災の時には部品業界のサプライチェーンが注目された。

 どのような業界においても、多層構造は需要の波動への対応であり、また、下請けほど低単価になるという点が共通している。さらに、各業界固有の事情が加わる。建設業界でいえば施工技術といった要素である。建設業界あるいは建築・建設会社といっても、ある施工部分については、できる会社とできない会社がある。建設や土木の業界では、多層構造における「上下関係」だけではなく、施工技術などによる分業的な「水平関係」も加わるので、より複雑な構造になっている。

 いずれにしても多層構造の下に行けば行くほど作業単価が安くなるために、偽装など手抜きによるコスト削減が行われる。今回は外形上も目に見える形で建物が傾斜したために、データの改ざんや偽装が発覚した。おそらく、マンションに限らず、他の建築物や建造物でも、同じようなことが行われており、業界内の暗黙の了解になっているのではないかと推測される。

 手抜きをしても、一般の人に分かることはまずない。構造上で実際に必要な強度に安全率を加味して設計基準が設定されているので、基準を下回って施工してもすぐには問題が発覚しないからである。そこで、マンションの購入者や一般の人たちからすると、「まさかデータ改ざんが行われているとは思わなかった」ということになるが、マンション販売や建設業界の関係者からすると、「まさかデータ改ざんがバレルとは思わなかった」というのが本音ではないかと思われる。

 トラック運送業界も多層構造になっている。ある調査によると7次下請けというケースもあった。中間でマージンが引かれるので、最下層の実運送事業者の運賃は安くなる。それを補うためにコンプライアンス・コストを削って経営を維持している。だがコンプライアンス・コストは一般には見えないため、事故などで発覚しなければ「結果オーライ」になっている。それに対して部品産業では、何次下請けであっても検収で不良品が多ければ自ずと仕事が来なくなってしまう。品質という点で歯止めがかかっている。

2015年10月19日

ラグビー

 ラグビー人気が高まった。W杯イングランド大会の1次リーグで3勝し、国内だけでなく開催国のイギリスなどでも脚光を浴びたからだ。1次リーグで3勝してもベスト8に残れなかったのはW杯史上初めてという。その点では不運だったと言わざるを得ない。だが、ラグビーが注目されるようになり、ラグビー選手を目指す子供たちが増えてくれば大きな成果である。

 スポーツの興隆に果たすスター選手の存在と役割は大きい。今回は五郎丸歩選手というスターが誕生した。キックの正確性(得点能力)もさることながら、コンバージョンキックやペナルティキックを蹴る前の独特のポーズは、自分のような素人からすると視覚的に惹きつけられるものがある。「流行語大賞」ならぬ「流行ポーズ大賞」があれば、今年の大賞受賞は間違いないだろう。

 ラグビーのスター選手として記憶に残るのは、新日鉄釜石の日本選手権7連覇(1978~84年)に貢献した松尾雄治選手だ。日本選手権の決勝はテレビで毎年のように観ていたし、自分もラグビーのボールを持っていた。その後のスター選手は、神戸製鋼でやはり7連覇(1988~94年)に貢献した平尾誠二選手である。だが、そのころはテレビ中継を観ることもなくなり、ニュースで活躍を知るぐらいになってしまった。

 ラグビーはイングランドが発祥で、ヨーロッパ、オセアニア、南アフリカ、アルゼンチンなどで盛んだ。むかしニュージーランドのオークランドの公園などで、子供たちをはじめ様ざまな世代がラグビーをしている光景を目にした。日本では最近、キャッチボールを禁止する公園が多くなったが、むかしは公園やちょっとした広場でキャッチボールをしていた。それと同じである。スポーツ圏と表現するなら、ラグビーはイギリススポーツ圏であり、野球はアメリカスポーツ圏、サッカーはもっと世界的な拡がりをもっていると考えながら、写真を撮って歩いた。

 かつてのスター松尾、平尾両選手はSO(スタンドオフ=フライハーフ)で、五郎丸選手はFB(フルバック)だが、FW(フォワード)ではなくBK(バックス)という点で共通している。FWはスクラムを組んでいる時など顔が見えないし、巨漢で格闘技選手のような耳をしている人が多い。縁の下の力持ちと頭では理解していても、素人には目立ちにくいのである。やはり顔を見せる機会が多く、すらりとした容姿の方がスターとしては有利なのだろう。これをキッカケにラグビー選手になろうとする子供たちが増えるだろうが、誰もがスター選手になれるわけではない。どんなポジションでも重要な役割を果たしていることを学ぶだけでも貴重である。

2015年10月12日

湯田温泉

 山口市の湯田温泉を日帰りした。当初は15時から1時間半ほど話をしてくれということだったので、それに合わせて航空券(羽田空港~山口宇部空港)をとっていた。ところが1週間ほど前になって16時40分からにしてほしいという連絡がきた。最初から帰りはかなり遅い便にしていたので、16時40分から1時間半話をしても、帰りの便にはちょうど間に合う。問題は往きの便で、かなり早く着いてしまう。そこで湯田温泉をぶらつくことにした。

 ちょうどセミナー会場の近くに中原中也記念館があったので入った。むかし中原中也の詩をいくつか読んだことはあったが、まったく忘れていた。そのぐらいだから湯田温泉の生まれだとは知らなかった。記念館は生家跡に建てられている。記念館と道を隔てた向かい側は松田家である。創業300数十年の老舗で、明治維新の志士にゆかりが深い。資料によると、著名な志士の名前がずらりと並んでいる。また、記念館からほど近い井上公園は、湯田温泉の出身である井上馨の生家跡という。

 記念館では、平日の昼間ということもあって、他の見学者が誰もいなかった。おかげで、のんびりと観てまわることができた。企画展では「中也の住んだ町-新宿」をやっていた。資料によると、中原中也は僅か30歳で早逝するまでの短い生涯に何度も引っ越しをしているようで、昭和8年から約3年間住んだ新宿は長い方だったという(ただし新宿も1カ所に住んでいたわけではない)。その四谷近辺に在住していたころにスポットを当てて紹介するという企画展である。当事務所も新宿なので、当時の街の風景写真などに興味を持った。

 見学を終えて記念館の建物を写真に撮っていたら、駐車場の管理をしている人が「写真を撮りましょうか」と声をかけてきた。写真を撮られるのは少し照れくさいが、せっかくだからデジカメを渡して写真をとってもらうことにした。

 記念館の敷地にある狭い駐車場には1台も止まっていなかったので、なんとなく立ち話をすることになった(少し離れたところに第2駐車場がある)。なんでも見学に来た車については、どんな車が来たかメモを取っているという。そこで車のナンバーの話になった。営業トラックは深緑の地に白で、営業用の軽自動車は黒地に黄色で文字が書かれているとか、レンタカーのナンバーはどうだとか、管理人氏は初めて聞いた話だと感心していた。こんどからは見学に来た車を良く観察してメモするようにしたい、と喜んでいた。

2015年10月 5日

日本海

 金沢に1泊したので足を伸ばして輪島に行った。穴水まで鉄道で行き、穴水からはバスで輪島駅前に。現在では穴水から輪島までは廃線になっているので輪島駅跡である。輪島ではレンタサイクルで市内の主要なところははぼ周った。

 穴水までの列車の車窓からみえる七尾西湾、七尾北湾は、波がなく湖のような穏やかな海面である。だが、輪島で鴨ケ浦に行くと海の様相が一変。強風が吹いていたこともあり、日本海の荒波を実感した。岩に砕けた飛沫が、さらに風で霧状になって、かなり離れたところまで吹きよせてくる。だが、海はずっとみていても飽きない。

 ホテルにチェックインしてから、朝市通りの方までぶらぶらと歩いた。涛華堂という輪島塗の店で買い物をしたら、店主が写真を撮ってくれて、当日の夜にはメールで送られてきた。同店で紹介してもらった店で夕食をとったあと、ゆっくり30分ほどかけて宿まで帰ったのだが、歩きながらネオンがないことに気づいた。地上から1m程度の高さの街灯が一定間隔であり、落ち着いた雰囲気を醸し出している。ネオンのない街も良いものだ。だが飲食店なども、一見、普通の住宅のようなつくりになってるので、よく見ないと分からない。街路から覗いてみると、落ち着いた味わいのある店があるようだった。それにコンビニのない街の風景を久しぶりにみた。

 翌日は特急バスで金沢に戻った。途中、バスが内灘町を通ったので、かつて内灘闘争があったのはこの辺だと思い出した。そこで金沢駅から北陸鉄道で内灘に戻ることにした。漠然と兼六園などを見ようかと思っていたのだが、兼六園は何度か訪れている。それに北陸新幹線のブームで人も多いだろうと急遽、変更したのである。

 内灘までは電車で20分弱。車内では年配の方が運転席の隣で前方を熱心に眺めていた。時々、写真を撮っている。娘さんと思しき人が付き添っていて、2人は内灘より前の駅で降りられた。内灘駅前からは、鉄板道路が真っすぐに海に向かっている。米軍が戦車や砲弾などを運ぶために穴あき鉄板を敷いたのが鉄板道路の由来という。のと里山海道まで緩やかな上りで、そこからは砂浜に向かって下りになる。

 内灘砂丘は1953年から1957年まで米軍の試射場にされた。それに反対したのが内灘闘争である。今も米軍試射場の射撃指揮所が遺っている。そこに行こうと砂浜に近づいたら、なんと、先ほどの杖をついた年配の方が娘さん(と思われる)と何か話しながら、帰るところだった。途中駅で下車してタクシーで来たのだろうと思う。年齢から勝手に推測すると、若い時に内灘闘争に関わり、久しぶりに訪れたくなったのかもしれない。そのように想定すれば、ショートショートのストーリーが構想できる。そんなことを考えながら、射撃指揮所跡から日本海を眺めていた。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »