« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日

銀行窓口

 数日前に銀行の窓口で椅子にかけて順番を待った。最近はATMで事足りるので、銀行の窓口にいくのは久しぶりだ。記憶では会社を設立した時、法人口座の開設でいくつかの銀行にいって以来なので約19年ぶりと思う。

 会社の設立当初は回線電話はなく法人名義の電話は携帯だけだった。そのため法人口座を開設する時には面倒だった。ある銀行の担当者に対しては、「頭が固いな。これからは携帯電話とパソコンだけの法人が増えてくる時代だ」などと主張したものだった。

 今回、銀行の窓口に行ったのには理由がある。この間、小さなプラスチックの空ケースなどに、お釣りでもらった50円硬貨を入れていてかなり貯まった。たまたま、あるものを買いたいと思ったので、そのうちの8万円分だけを両替して買うことにした。

 50円硬貨も8万円分となるとかなり重い。ビニールの袋が破れると大変なので2重にして入れて銀行に持っていき、案内の人にどうすれば良いかを聞いた。すると硬貨がある枚数以上では両替手数料がかかり、枚数が多くなるほど手数料が高くなる。だが、銀行カードがあれば一端入金する形にすると手数料がいらないという。

 そこで、まず専用の機械に50円硬貨を入れて金額を確認することにしたのだが、枚数が多すぎて1度では入金できず2回に分けて金額計算した。機械から入金した金額を記入した紙が出てきて、その預かり書と銀行カードを窓口に提出し、正式入金という手順だ。そのため久々に窓口で順番を待つことになったのである。

 思い出すとむかしは、入金も出金も、振り込みなども、それぞれの用紙に記入して窓口で順番を待ったものである。月末と週末が重なる日などは待ち時間も長かった。預金通帳に記入されている金額も行員の手書きだったころもあったが、あのころは世の中の時間もゆっくりと流れていたような気がする。

 その点、ATMなら用紙に記入する必要もなく、待ち時間も少なく、非対面なので気も使わない。だが、昔のように用紙に記入して、行員の人と対面で手続きをしていれば、振り込め詐欺などが発生する余地はなかったはずだ。便利さゆえの犯罪といえる。

 その点、当方は振り込もうにも残金がないから安心、安全だ。あぁ、こんなくだらないことを考えながら今年も暮れようとしている。来年はもっとましなことを考える1年にしよう。

2015年12月21日

軽減税率の茶番劇

 すったもんだの末に生鮮食品と加工食品という結論になった。軽減税率の適用である。生鮮食品だけか、加工食品も含めるかで綱引きが行われていたが、突然、外食もという話が出てきたので驚いた。今後、外食と加工食品の線引きなどもあるが、これは大した問題ではない。肝心なのは1兆円という財源をどうするかだが、来年の参議院選挙の後まで持ち越されそうだ。それにしても、中小規模の食品小売業はレジのシステム変更や事務処理作業などの負担が増えて大変だろう。

 この間の自民、公明、政府のやり取りを観ていると、軽減税率の適用範囲に国民の関心を引き付けることで、増税するか据え置くかという基本的な議論から国民の目を逸らす茶番劇としか思えない。政治家の発言をニュースなどで聞いていても、「増税'感"の軽減」を強調するが、「税の軽減」とは言っていない。マスコミもお先棒をかついで、本質から論点を逸らす役割を立派に果たした。そのご褒美に新聞は軽減税率が適用される(雑誌などはこれから検討)。

 重要なのは財源問題だ。当初の4000億円から6000億円増えて1兆円の財源が必要になる。工夫すれば捻出できるというのなら、なぜ増税か、という根本的な問題になる。さらに、その気になれば財源を何とかできるのなら、本気で財政健全化に努力しろ、ということになる。

 結局、軽減税率をめぐる茶番劇は選挙対策に過ぎない。低所得者はそのためのダシに使われただけだ。連立政党に対して、これまでの特定秘密保護法や安全法制でのツケを返済し、今後の憲法改正に向けた手付金を払うとすれば、現政権にとって1兆円は安い買い物なのだろう。その一方で、赤字国債を発行するのに必要な特例公債法を2020年度まで5年間延長する方向で検討しているという報道もある。

 40日ほど前になるが、政府関係の各種委員などをしているある経済学者(ですら)が、「アベノミクスで日本経済はルビコンを渡った」と言ったので、えっ、と驚いた。もう引き返せないから、何でもありかと思ったものである。財政健全化を実現する決意があるのなら、特例公債法を延長せずに退路を断つ、という意味でのルビコンを渡ってもらいたいものだ。ルビコン川どころか、三途の川を渡る泥船に国民を乗せて「1億総玉砕」はいただけない。

2015年12月14日

科学の進歩に驚き

 先週はノーベル賞週間だった。ノーベル生理学医学賞を受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授、物理学賞の梶田隆章東大教授と、お2人のニュースが連日のように報道された。やはり日本人が受賞するのは嬉しいものである。

 同様に、先週すごいと思ったのはJAXAの金星探査機「あかつき」だ。5年前に1度は失敗しながら、5年後の再チャレンジで金星周回軌道に乗せることに成功させた。難しい軌道計算に基づいて、このタイミングしかない、という僅かなチャンスを見事に生かした。発射してからすでに5年も経過しているので探査機もかなり劣化しているだろうが、様ざまな制約の中での成功である。しかし、これはスタートラインに立っただけで、本番の探査はこれから。多くの研究成果がもたらされることを期待して、今後のニュースを楽しみにしよう。

 JAXAでは、「あかつき」の1週間前に小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイというのもあった。昨年12月に打ち上げた「はやぶさ2」が地球に近づくので、地球の引力と公転運動を利用して、燃料をあまり使わずに軌道変更や加速して小惑星に向かわせるのだという。「重力アシスト」とか「重力ターン」などとも言うらしい。

 自慢にはならないが頭の構造が単純なので、地球スイングバイはハンマー投げと同じように思える。宇宙船の窓から眺めれば、地球が室伏選手で「はやぶさ」はハンマーだ。ぐるぐる回って反動をつけ、小惑星に向けて放擲するようなものだろう。

 宇宙船といえば、国際宇宙ステーションから宇宙飛行士の油井亀美也さんが無事に地球に帰還したのも先週だ。このようにみると、グローバル化にどのように対応するかといったスケールの小さな話ではなくなってくる。小惑星からすると地球の衛星である月などはきわめて至近距離。人間が月面に初めて着陸したのが1969年で、これまでに12人が月面に立っている。

 ところで月面着陸に成功するには、満月の日にロケットを発射するのが良いということをご存じだろうか? 的が大きい方が当たる確率が高いからである!?

 こんなくだらないことばかり考えながら今年1年が過ぎようとしている。来年はもう少し生産的な年にしよう。

2015年12月 7日

転換の年

 もう、来年の手帳を買う時期になってしまった。最近はスマフォなどでスケジュール管理している人も増えてきたが、当方は昔から使い慣れた手帳が一番良い。

 そこで毎年、手帳を購入している店に出向いたら、なんと店がない! 事務所から歩いて5分程度のところなのだが、あまり行かない方向なので訪ねたのは1年ぶりである。使い慣れた手帳が良いので、その店で毎年同じ手帳を購入していた。とはいっても、特殊なものではないので、たいていの店で売っている。どこで購入しても同じなのだが、ここ10数年は、慣習的に同じ店で買っていたのである。しかし、1年の間に撤退してしまったようだ。

 そういえば今年はいろいろな店が入れ替わった。事務所の近くの新宿西口の地下の各種小売店や、近隣のビルの地下に入っている飲食店など、長年にわたって通りがけに見慣れていた店のいくつかが撤退し、新しい店に替わった。たまに行っていたコーヒー専門の喫茶店も、少しの期間閉鎖されていたと思ったら、新しい名前のやはりコーヒー専門の喫茶店になった。

 自分が入っている事務所はフロアーが小さく区切られていて、1人や2人で仕事をしている人たちがたくさん入っている。数えたことはないが、おそらく30室ぐらいあるのではないかと思う。やはり今年1年間で、かなりの顔ぶれが代わった。

 取材などでお世話になった人たちでも、オーナ経営者で一線を退いた人や、役員だった人で退任した人などもけっこういる。時の流れでオーナー企業でも世代交代は当然だし、大きな企業なら役員が入れ替わるのはごく自然のことだ。頭ではそう割り切れても、心情的には寂しいものである。このように様ざまな面で、今年は入れ替わりが多い年である。大きな転換の年だったのかもしれない。

 個人的には、今頃は「オムニチャネルにおける物流(仮)」の本の執筆が終わっているはずだった。だが、取材が難航して、とりあえずペンディングにした。すでに取材にご協力いただいた方がたには謝罪文を送っている。そこで頭を切り替えて、新年からはその次に書こうと構想していた本の取材に走り出すことにした。現在は参考文献や関連資料などに目を通している最中だ。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »