« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月28日

システム障害

 22日から24日まで取材で九州に行った。22日は午後の便で羽田空港を発って福岡空港に行き、福岡空港からバスで佐賀市に入る予定を組んでいた。だが、ANAのシステム障害で大混乱。幸い自分が予約していた便は欠航にはならなかったが、搭乗口が変更になったりして、約1時間半の遅延だった。欠航になったのは全部で146便ということだが、自分が羽田空港で出発便のボードを見た時間帯では、90%以上の便が欠航になっていた。搭乗予定便が欠航にならなかったのは幸いである。

 22日は19時30分から佐賀市内で地元の会社の社長と食事の予定が入っているだけだったので、多少の遅れは大丈夫だし、場合によってはキャンセルも可能だ。しかし、翌23日は朝1番に吉野ヶ里で取材のアポがあり、午後は唐津市に移動して取材の予定が入っていた。さらにその後は博多駅近くで18時に約束がある。そのため前日の22日の夜には佐賀市に入っていないといけない。欠航など最悪の場合には、急遽、新幹線に振り替えてでも22日中には佐賀に着くようにするつもりだった。だが欠航にはならず、午後の早い時間帯の便だったので、1時間半の遅延でも19時30分の約束に間にあった。結果オーライである。

 世の中はコンピュータ化によって便利になったのは事実だ。反面、何らかの原因でトラブルが発生すると総てがマヒして大混乱になってしまう。22日はベルギーのブリュッセルの国際空港と地下鉄の駅でテロがあった。もし、防衛などの重要なシステムが狙われて障害が発生したらと考えると恐ろしい。

 報道によると、ANAの4台のサーバーのうち1台に障害が発生し、さらに他の3台もダウンしたようだ。技術的なことはよくわからないが、サーバーからクラウドへの移行が進んでいる。もしクラウドに障害が発生したりすると、影響はサーバー・ダウンの比ではなくなるのではないか。

 同じANAでも便数があまりなく、乗客も少ない地方空港では、搭乗券など手書きで対応して支障が少なかったという。総てデジタル万能ではなく、アナログも必要だ。

2016年3月21日

タダは高額

 先週はほぼ1週間パソコンに振り回されてしまった。火曜日の昼ごろ突然、画面が小さくなってしまったのだ。操作に詳しい人に電話をして、説明を聞きながらいくらやっても元に戻らない。

 マイクロソフトから無料でWindows10にバージョンアップできるというメールがきたので、昨年8月にバージョンアップした。そうしたら調子がおかしくなってしまったのである。たとえばCD、DVDドライブが搭載されているのに、全く認識できなくなってしまったり、デジカメのカード・リーダーも、これまで使用していたカードなら認識するのに、初めてのカードに対しては認識しない。その他、細かな点でも調子がおかしかったのだが、何とか仕事はできていた。ところがネットで検索している途中に、いきなり画面が暗くなってしまい、再起動したら画面が小さくなってしまったのである。

 仕方がないので翌日(水曜日)、新しいパソコンを買うことにした。昔からカメラやパソコン、その他の電子機器などを購入している量販店の店頭でいろいろ聞いたところ、無料でバージョンアップしたら使えなくなってしまったというケースが多く、買い替え需要が増えているとのこと。量販店にしたら「特需」かもしれないが、客の手前を取り繕わなければならないから、「一種の詐欺みたいなものですよね」と同情しているかのようなセリフも板についていてそつがない。

 複雑なことは分からないので、セットアップや最小限のインストールなどをしてもらった。かなり時間がかかるので、翌日(木曜日)の受け取りになった。その間に、データをUSBステックに入力して保存したりしたのだが、とくに写真は容量が大きいので、長時間かかって往生した。

 木曜日は取材で1日でかけていたので、金曜日にPCを使えるようしたのだが、これも大変な作業だった。USBに保存していたデータを取り込んだり、けっこう時間がかかるものだ。また、外づけのFDドライブは古いためにWindows10に対応できず、新しいのを購入することになってしまった。

 まるで実名を公表したハッカーのウィルスに乗っ取られたようなものだ。タダより高いものはない。

2016年3月14日

そうか5年か‥

 3月11日は東日本大震災から5年ということで、先週はテレビや新聞がこぞって被災地の現状などを採り上げた。テレビの映像からも、遅々として復興が進んでいないように感じる。自分もこの5年間に、何度か被災地に足を運んだ。部分的にみると少しずつ復興しているが、全体を俯瞰すると進捗が極めて遅い。

 東日本大震災の発生から約2カ月後、ゴールデン・ウィーク明けぐらいから、「東日本大震災で日本の物流はどのように変わるか」といったテーマで話をしてくれ、というオファーが入りだした。その後、約1年ぐらいの間に、同テーマで何度も話をした。

 それ以前から日本の企業にとってはグローバル化と国内市場縮小への対応が、企業戦略上の大きなテーマだった。その中で、企業間競争にどのように勝ち残っていくか。合従連衡なども含めて、この大きな変化に対応するための企業行動が進んでいた。当然、その企業行動に沿って物流も変化してきた。

 一言で表現するなら、東日本大震災はこの大きな流れを加速したのである。たとえば、被災地にあった工場が全壊したと仮定する。工場を再建するには多額の投資が必要だ。一方、緊急態勢で同工場が担当していたエリアへの商品供給は、他の工場の増産でカバーしている。それなら市場が縮小する国内で工場を再建するよりも、グローバル戦略として海外に投資した方が将来性がある、と考えるのは当然だ。

 輸出入も同様で、昔から北米や欧州などとの交易が多かったこともあって(それだけの理由ではないが)、日本海側の港と比べると太平洋側の港が栄えてきた。しかし、現在ではアジア諸国との輸出入の方が多くなっている。物流コストなどの面からみると、日本海側の港の方が有利だが、物流はシステムであり港を変えるのは簡単ではない。そこでシフトは緩やかだったが、東日本大震災は、その流れを加速化したのである。

 日本は高齢化と人口減少、そして人口偏在が進んでいく。これが日本社会の大きな流れだ。被災者の人たちの中には、避難している地方で新しい生活をはじめ、被災地には戻らないという人たちもいる。これは、日本社会の構造変化の加速化という見方もできる。したがって被災地の復興においても、津波などの災害に強いまちづくりは当然だが、人口減少や高齢化という社会の変化に対応し、これからの地域社会のあり方を先取りした形での復興が必要なのではないだろうか。

2016年3月 7日

TVスポーツ観戦

 先週はテレビでのスポーツ観戦が多かった。1つは女子サッカーのオリンピック・アジア最終予選だ。これは、また嫌な予感が当たってしまった。最終予選が始まる前から、オリンピック出場はかなり難しそうだな、という気がしていたが、ご覧のような厳しい結果だった。

 長年にわたって日本の女子サッカーを支えてきた澤穂希選手が引退したことも、まったく影響なかったとは言えないだろう。だが、主たる理由は違う。各国のチームから研究され、十分に力を発揮させてもらえなかったが、それ自体も実力である。テレビで試合を観ていて、全体的にチーム力が落ちているように感じた。

 もう1つは、クアラルンプールで開かれている世界卓球2016だ。団体戦で男女とも日本チームは順当に勝ち上がった。とくに、女子チームの伊藤美誠選手はまだ15歳なのに、堂々としている。自分が15歳だったころを考えると、とても想像できない。

 自分も中学から高校まで卓球をやっていた。地元の常総市からは、むかし世界チャンピオンが出ている。大川(旧姓)とみさんで、当時の三妻村三坂の出身である。昨年の鬼怒川氾濫で大きな被害を受けた地域だ。高校は地元の県立水海道二高だった。

 大川さんは、日本で開催された1956年の世界卓球選手権の女子シングルで優勝。日本人の女性では初めての優勝である。団体戦、女子ダブルス、混合ダブルスでも活躍して上位に入賞している。翌年の世界選手権はストックホルムで開かれたが、旅費などの一部にしてもらおうと、当時、小学生だった自分たちも僅かながらお金を出し合った。ご本人が小学校にきて挨拶されたのは覚えているが、話の内容までは記憶に残っていない。この大川選手の優勝を記念して、1957年から2008年まで半世紀以上にわたって、大川杯卓球大会を地元で開催していて、自分も何度か出場したことがある。

 そんなことでテレビで卓球を観戦していると、ボールの回転の角度や、回転の程度などが多少は判断できる。あのボールならスマッシュだとか、あのボールにあの打ち方ではオーバーしてしまうとか、テレビ・カメラのアングルから観ると、なんとなく分かるものである。やはり当時うるさく言われたように、中途半端なボールはいけない。何事においても基本は同じで大事ということが理解できるようになった。今ごろ分かっても遅いか。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »