« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日

英国EU離脱

 イギリスの国民投票でEU離脱が僅かながら多数を占めた。それによりEU残留派だったキャメロン首相は辞意を表明した。EU離脱の結果を受けて金融市場などでは世界的に影響が出ているが、残留か離脱かはイギリス国民が決めるものでとやかく言う筋合いはない。

 だが、EUに関しては思い入れがある。EUに関連したテーマで、2度ほど数カ国を視察したことがあるからだ。1回目は1991年秋で、市場統合を約1年後に控え陸運事業者がどのような企業戦略で臨もうとしているのかを探るという視察コンセプト。2回目は1996年秋で、EUになって以降の運輸市場の変化と、その中で業績を伸ばしてきた陸運事業者の特徴を調べようというものだった。このような目的で、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、ベルギー、オランダのトラック運送事業者を回った。

 1回目の視察で訪ねたイギリスの事業者は、たしかにその時点で、他の国の事業者とは多少異なるニュアンスだった。一般論としてビジネスチャンスが広がるだろうとは言っていたが、それほどメリットがないような意見を述べていた。自国外に自ら進出することはせず、業務提携で域内需要に対応するという考えだった。その時には、陸続きではないという条件の違かなと思ったものである。

 それと対照的だったのは2回目の視察で訪ねたイタリアの会社である。最初は個人企業として設立したが、その後、オーストリアのTNTに買収された(訪問時点ではTNTローマ支店)。さらに数カ月後にはオランダの会社と合併してEU内外で小口貨物のネットワークを拡大すると話していた。また、近いうちに日本にも進出するので、その時にはよろしくという社交辞令もあった。ところがその後、オランダポストと一緒になり、また、本当に日本にも進出してきた。今ではドイツポストなどと並ぶインテグレーターになっている。

 前者はEUに消極的だったし、後者はグローバル化の先端を行くといった雰囲気だった。たまたま偶然にも、対応してくれた企業の経営者がそうだっただけかも知れないが、感慨深いものがある。

2016年6月20日

多難な東京オリンピック

 東京都の舛添要一知事が辞任に追い込まれた。それにしても図太さにはほとほと関心した。自分にも、あのぐらいの厚顔さの何分の1かがあったなら、今ごろ違った人生になっていたのではないか、と羨ましくなったほどだ。

 舛添さんの辞任が明らかになった翌々日のこと。ある物流関係のセミナーの後で立食形式の簡単な懇親会があった。知り合いの人たちと舛添さんの話題になったので、「一緒に麻雀をしたくない人」と表現したら、みんなから同感の意を表す笑いを得た。

 いつも「ゴミ手」で上がってばかりで、せこい奴だと皮肉や嫌みをいわれても平然としている。そのうち周りがイライラしてきて、おもわず大きなのを振り込んで、さらにカッカとなってしまう。気分転換に麻雀をしたはずなのに、不快感ばかりが残る。それでも勝ちは勝ちで、負けは負け。負けた方が悪い。そういえば、若いころはよく麻雀をしたのに、長いこと麻雀はしていないな、とみんなが昔を思い出した。そして、麻雀は性格がでる。たしかに彼みたいなみみっちい奴がいたよな、という話になった。

 ところで東京都の知事は、国政に復帰するために辞職した石原慎太郎さん、政治と金の問題で辞任した猪瀬直樹さん、今回の舛添さんと3人が続けて任期半ばで辞めたことになる。石原さんは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに立候補宣言し、招致活動をした。猪瀬さんが知事の時に東京開催が決まり、舛添さんが具体的に推進するはずだった。

 だが、2020年東京オリンピック・パラリンピックに関わった3人の知事が、いずれも任期半ばで辞める結果になった。石原さんの場合は別だが、その後の2人は辞めざるを得ない状況に追い込まれての辞任である。さらに、新知事が誰になるかによっては、費用分担問題など白紙からの再検討という可能性すら否定できない。こうなると、メイン会場の設計見直しや、エンブレムの再コンペ、不可解なコンサル料の支払いなども含めて、東京オリンピック・パラリンピック開催との因縁めいたことも感じてくる。

 だが、オリンピック・パラリンピックのために都知事を選ぶような愚を犯してはいけない。

2016年6月13日

100年企業

 四日市→伊那松島(箕輪町)→塩尻→名古屋→伊勢→四日市と周った。取材、講演、その他である。たまたま初日の四日市と中間の名古屋、それに最終日の四日市の予定が先に入ったので、その間に取材などを組み込んだのである。

 最初の四日市は日本貨物運送協同組合連合会(日貨協連)の総会で、最終日の四日市も同じホテルで地元事業者の創業100周年記念式典・祝賀会だった。祝賀会は席が指定されていたが、偶然にも隣の席の方は日貨協連の総会にも出席していた人だった。その他にも、20数年ぶりでお会いした人もいた。先方も、「そうではないかと思っていたが、やはりそうだったか」、と覚えていてくれた。

 100周年を迎えた会社の社長と初めてお会いしたのは1985年7月24日で31年前である。そんなこともあって、式典では来賓挨拶(祝辞)とは別に、短時間だが出席者の参考になるような話をしろ、と仰せつかった。そこで取材経験に基づいて、長寿企業と適者生存に関する所感を述べた。

 社歴の古い会社は、それぞれの時代に応じて変化してきた。同社も創業時は練炭の製造と販売から出発し、養蚕に必要な燃料ということもあって時流に乗った。また、いち早くタクシーにも進出したが、戦時統合などの影響によって事業内容が大きく変わる。

 戦後は練炭販売、農機具販売、アイスキャンディの製造・販売、それに私鉄の駅構内に店を出して現在のキヨスクのようなこともしたという。そのような中で小型運送事業の免許を取得し、その後は運送業に専念することにした。

 しかし、同じ運輸業でも業務内容は変化してきた。経済成長の時代は貸切り輸送をしていたが、オイルショックなどの経験から引越サービスや一般廃棄物ならびに産業廃棄物収集運搬への参入を図った。現在では売り上げの70%が引越だ。しかも最初は一般引越だったが、徐じょに法人引越に転換し、現在はほぼ100%が法人対象である。さらに季節波動の少ない業務内容にしてきた。このように変化に対応しながら100周年を迎えたのである。

2016年6月 6日

山寺(立石寺)

 日本青年会議所(JC)物流サービス部会シニア同窓会が山形県の天童温泉であった。自分はJCのシニアではないが、むかし同部会を約20年にわたって取材してきた。そんな関係でシニアの人たちには知り合いも多く、メンバーと同様に案内をいただく。

 そこで可能な限り出席するようにしているのだが、なかなか毎回とはいかない。とくに昨年は茨城県つくば市で開催されたので、地元ということもあって出席したかったのだが、予定が入っていてダメだった。今回は4年ぶりの参加である。

 多くのメンバーの人たちと一度に会う機会はなかなかないが、個別には時どき顔を会わせる人もいる。今回ご一緒した人の中の、最低でも2人には来週も会う。不参加だった人でも、5人ぐらいの方と来週は顔を会わせるはずだ。さらに再来週も数人の人に会うことが予想される。

 このように親しくしていただける人たちがいることは、ありがたいことだ。自分の経営資源は人間関係なのだから‥。

 翌日は何人かの人たちと山寺にいった。正式には宝珠山立石寺というらしいのだが、自分では山寺としか覚えていない。それはともかく、奥之院や大仏殿まで登ったのは初めてである。

 山形で仕事をして次の予定が仙台ということもある。反対に仙台から山形の順でスケジュールを組むこともある。このような時には、高速バスではなく仙山線で移動している。そのため仙山線の列車の窓から山寺を何度も眺めていた。また、山寺芭蕉記念館から山寺を仰ぎ見たこともある。だが、1度は上に登って五大堂からの風景を眺めてみたいと思っていた。

 最近はあまり体を動かしていないので、きついだろうと覚悟をしていたのだが、思っていたほどではなかったので、多少の無理ならまだまだ大丈夫と安心した。それにしても資料によれば貞観2年(860年)に慈覚大師が開いたとある。大仏殿の正面の階段の当たりを工事しているのを見ながら、むかし、どのようにしてこのような建物を造ったのだろうかと、しみじみ考えた。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »