« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日

マイナンバー

 マイナンバーという言葉を初めて聞いた時、最初は自動車のご当地ナンバーをもっと細かくしたものかと錯覚した。笑い話のようだが、本当に誤解したのである。真っ先に自動車のナンバーを発想するのは仕事熱心なゆえと弁解しておこう。

 だが、内容を知ると、なんだ! 国民総背番号じゃないか、ということが分かった。そこで、ほったらかしにしておいた。個人情報の一元管理など、行政にとっては都合が良いだろうが、自分には関係ない。むしろ犯罪などの被害に遭うリスクも高まる。また、面倒くさいということもあった。

 ところが、どうしてもマイナンバーを発行してもらわなければならなくなった。原稿料や講演料は会社にではなく、ほとんどが個人に直接支払われる。出版社やセミナー主催者、エージェントなどが源泉税を引いて、手取額を個人口座に振り込んでくる(なかには現金支払いもある)。

 そんなことで、支払い側からすると税務処理などの事務手続き上、マイナンバーが必要なので、何カ所からか登録してくれという要請があった。これには対応せざるを得ない。ということで面倒だがマイナンバーを発行してもらった次第である。

 マイナンバー制度が導入されると、昼間は会社勤めをしていて、夜は副業で繁華街で働く女性が減少するので、飲食店や風俗店では人が不足するのではないか、といった話もあった。実際にどうかは知らないが、確かに副業が会社に分かってしまう。就業規則に違反するというケースもあるだろうし、怪しげな店で働いているのがバレてしまう、といったこともあるだろう。

 一方、違法に社会福祉関係の給付を受けたりするのを防ぐような面があることも否定できない。だが、脱税などの防止に実効性があるとは思えない。現在の制度でも徹底すれば脱税などをかなり防げるはずである。マイナンバー制度が導入されても、結局、高額所得者などには実質的な効果が期待できず、庶民には徹底されるということになるだろう。

 さらに近い将来、国民番号で召集令状がくるような社会にならなければ良いが‥‥。

2016年11月21日

「潮騒」の島

 ピーヒョロロ、ピーヒョロロ‥‥。明け方にスマホで主要な新聞各紙の記事をチェックしていると、窓の外から鳥の鳴き声が聞こえてきた。三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台として有名な神島の民宿の一室である。

 鳥羽で仕事があった翌日、鳥羽マリンターミナルから市営定期船に乗って神島に渡った。往きは答志島の和具港経由で、復りは菅島の菅島港経由だった。神島は渥美半島の伊良湖岬から約3.5㎞なので愛知県の方が距離的には近いが、鳥羽市である。

 「潮騒」は何度か映画になっている。初江を吉永小百合さん、新治を浜田光夫さんが演じたのと、山口百恵さんと三浦友和さんが主演した映画が記憶に残っているが、それ以外にも3回、計5回も映画化さていることを神島に行って初めて知った。その他にテレビやラジオドラマにもなっている。

 三島由紀夫が「潮騒」を書いたのは1954年。小説を書くに当たっては約1カ月ほど神島に滞在したというが、当時の島の人口は1400人以上だった記されている。しかし現在は約440人で人口減少が進んでおり、高齢者が多く見られた。

 島の最高峰は灯明山(171m)で、全体的には港のある方からせり上がるように集落が密集している。反対側は急こう配で海になっているので、人家は見当たらなかった。集落は人がすれ違うのがやっとぐらいの通路が迷路のようになっていて、僅かな隙間を隔てて寄り添うように人家が建ち並んでいる。なかには長く人が住んでいないような家屋もあり、また、更地になっているところも点在した。

 だが、島の人たちはみんな人が良い。密集する人家の隙間の迷路などを写真に撮っていると、小学校2、3年生ぐらいの子供たちが「何してんの」と寄ってくる。夕方近くに定期船の発着場の近くで写真を撮っていたら、おばさんが「時間がないよ、早く乗らないと船がでちゃうよ」と声をかけてくれた。「今夜は泊まりだよ」と言ったら「そうだったの」と笑った。

 民宿の食事も豊富で、夕食も朝食も食べきれなかった。翌日は賢島まで足を延ばして帰ってきた。

2016年11月14日

トラック同乗

 久しぶりにトラックに1日同乗した。昔は1年に2、3回はトラックの助手席に1日中、同乗させてもらったものだが、ここ最近は乗っていない。10年ぶりぐらいではないだろうか。今回は20t超(最大積載量13t)のユニック車である。

 それにしてもトラックは朝5時に事業所を出発する。それに間に合うように家を出たのは午前2時だった。途中、高速道路も使って、5時前にちゃんと事業所に到着した。

 仕事ではないが7、8年前にトラックを運転したことがあった。ある運送会社が各地の営業所やグループ会社から選抜したドライバーを集めて省エネ運転の競技会を開いた。良かったら取材に来てください、という案内をもらったので行った。

 会場は、あるトラックメーカーのテスト走行などを行う施設だ。様ざまな試験用のコースがあり、省エネ訓練用のトラックも揃っている。最初にメーカーの専門家から省エネ運転の要点について簡単な講義を受け、それから競技開始である。省エネ運転を競うのは2t車だ。

 そのうち、飛び入りで参加しませんか、と広報担当者がいってきた。そういわれると、ついその気になってしまう。そこでトラックを運転することにした。だいたい自分の家の車でも運転するのは数カ月に1度ぐらいで、年に数回といったところ。ましてトラックは初めてといってよく、しかもマニュアル車など何年も運転していない。

 ところがやってみたら、競技参加者の中で中位ぐらいの結果を出してしまった。日ごろトラックに乗務して働いている人たちの中に入ってである。ただ、内心では若干の自信があった。というのは省エネ運転で好成績を挙げている事業者に、日ごろの取り組みなどを取材して記事を書いたりしている。また、当日もメーカーの人から省エネ運転の要点について話を聞いたばかりだ。要は基本に忠実に運転すればよい。また、変な癖が体に染み込んでいないので、素人の方が有利なのかもしれない。問題は頭で分かっている通りに体が動くかどうかだけである。

 ところでトラックへの1日同乗は久々だったのに、意外なほど疲れなかった。やはり現場は観るべきで、常に新たな発見がある。

2016年11月 7日

再びネクタイ雑感

 2年前の11月10日に「ネクタイ考」を書いたが、再びネクタイ雑感である(思考がいかに乏しいか)。

 半年にわたるクールビズが終了して、さる11月1日は今シーズンの「ネクタイ結び初め式」を厳かに行った? それはともかく、ネクタイを結ぶようになると季節の変化を実感する。昔は10月1日が衣更えだったが、昨今は11月1日が衣更えのようになってきた。昨年との比較では今年のほうが寒い感じがするが、昔と比べれば温暖化で1カ月ぐらい季節がずれているのだろう。

 しかし、ネクタイを結ぶと、気持ちが切り替わるような気がするから不思議だ。気分一新という効果があることは否定できない。だが、何のためにネクタイを結ぶのかが分からない。

 ずっと昔に、ある人から聞いた話である。その人も何かで読んだらしいのだが、これまでに会った女性の中で1番おしゃれな人はキューリー夫人だ、と書いてあったという。ノーベル物理学賞とノーベル化学賞を受賞した、あのキューリー夫人である。その筆者が研究室で会う時のキューリー夫人は、いつも紺色のタイトスカートに、きれいに洗濯した白いブラウス姿だったらしい(割烹着! ではなかったようだ)。ではなぜ、おしゃれなのか。それが彼女の仕事に1番合っているから、というのが理由らしい。

 それを聞いて、なるほどなぁ~、と感心したことを思い出す。各種の職業にしろ、スポーツにしろ、ユニフォームはそれぞれの体の動きに適合するような機能性が追求されている。その上に、色や柄などのファッション性を採り入れている。それに対して、ネクタイはどのような機能性を持っているのだろうか。機能性という点では意味がないような気がする。

 そこで思い出したのだが、サラリーマンのネクタイは飼い犬の鎖と同じで、会社に飼われている象徴だ、と言っていた人がいたっけ。一方では、飼われているという安定感や安心感をもたらす。だが、当方は会社勤めではないし、人を雇用する側でもない。フリーで一見、気ままに仕事をしているだけだ。

 となると、ネクタイは何の象徴なのだろう。社会的「常識」や慣習に縛られ、そこから脱することができないという証明なのかもしれない。こんな屁理屈を考えながら、数少ないネクタイの中から、気分転換に今日はどれにしようかと選ぶ毎朝である。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »