« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日

ページビュー(PV)

 2月23日に日本経済新聞がヤマト運輸の宅配総量抑制の記事を書いた。労使交渉で、現在の人員ではこれ以上の個数増加への対応は難しいと、労組が荷受け量の抑制を求め、経営側も応じる方向だ、という記事である。スクープなのかリークなのか? 微妙だなと思ったが、他紙やテレビなども追いかけたので大きなニュースになって関心が高まった。

 1月下旬から2月上旬にかけて、宅配便ドライバー不足に関する報道が少しずつ目につくようになっていた。新年度の4月からの運賃値上げ交渉を有利にするためのリークだなと思っていた。そんなおり、東洋経済オンラインから出稿のオファーが入った。いくつかの経済誌には時どき書く機会があったが全部活字媒体で、影響力のあるWebサイトからの原稿依頼は初めてだった。そこで、火のない所に煙は立たないし、宅配ドライバーの不足は事実なのだからと、報道の時流に便乗することにした。

 そんなことで、2月19日朝に拙稿「ネット通販の激増で日本の宅配便は崩壊する~2割占める『再配達』を宅配ボックスで減らせ~」がアップされた。編集部からの連絡によると、アップ後2日間で68万ページビュー(PV)があったようだ。転載を入れるともっと多くなるという。また1週間で「いいね!」が3700以上になり、コメントも85を超えた。自分でも驚くような反応だった。日経によるヤマトの記事が出る4日前にアップされたので、「ほらね、だから言ったでしょう」という気分だ。

 今回の出稿では2つの点で学ぶことができた。1つは、一般の人たち向けの原稿の書き方を、編集部の人たちから教えていただいたこと。業界関係者向けの原稿の書き方が身についてしまっていたことに気づき、勉強になった。

 もう1つ驚いたのは、ネットの反応の速さと、反響の大きさである。コメントにもさっと目を通したが、賛意を表してくれる人、第三者的に自分の見解などを述べる人、批判的な意見の人の3つに大別できる。このうち、批判的なコメントの人の中には、趣旨を良く理解しないような人もいる。ということは逆に、「いいね!」の中にも良く理解しないでクリックした人がいるはずだ。表現力もっと工夫しなければいけないとの思いも新たにした。

2017年2月20日

テレビ会議

 先週もスケジュールをこなしているうちに、いつの間にか忙しく1週間が過ぎた。そのなかで面白かったのはDVDの収録とテレビ会議だった。

 DVDでは、教育用の約30分のDVDを制作するというので1人で何時間かカメラに向かって話をしたこともある。あるいは、ある事業者がセールス・プロモーション用のDVDを作るのでコメンテーターとして出てくれ、といった仕事をしたこともある。今回は、新規取引先開拓のためのプレゼン用のDVDのなかで、物流業界の直面している課題や今後の物流の方向性などについて、第3者の客観的立場からコメントしてくれ、というオファーだった。

 一方、テレビ会議は今回が初めての経験である。有限会社の設立・登記が20年前の3月11日なので来月11日からは21年目に入る。会社といっても自分1人なので、この20年間は、実質的にはフリーとして仕事をしてきた。つまり、社内会議とは全く無縁だったのである。

 その間にネットが普及し、通信手段も発展した。いまや中小運送事業者でも本社・営業所間でのテレビ会議など当たり前である。ある広域協同組合では、10年ほど前から月1回のオーナー会議や実務者レベルの定例会をテレビ会議行っていると聞いた。

 そこで初めてのテレビ会議だが、関西のある運送会社の社長が会って話がしたいというので日時を決めた。都内に東京出張所があって3人が常駐しているので、そこで会うということになった。また、当日は常務と税理士が関西から上京し、コンサル的な立場の人も加わるということだった。ところが、前日になって社長が上京できなくなってしまった。それでも予定通り東京出張所に行き、本社にいる社長と、他のメンバーでテレビ会議になったのである。

 自分はテレビ会議が初めてなので最初は少し戸惑ったが、すぐに慣れて要領が分かってくると便利なものだと思えてきた。同社長と直接話すのは15、6年ぶりだが、画面を通して話していると、相変わらずだなと感じた。だが、お互いに歳をとったことは確かで、その間に、時代はどんどん変化していることをテレビ会議から実感した。

2017年2月13日

運転免許証更新

 運転免許証を更新した。ここ10年ぐらいはあまり車に乗っていない。今年にはいって、まだ1度も運転していないほどだ。それでも運転しなければならないこともあるので運転免許証は必要である。

 事務所から近いので都庁内のセンターに歩いて更新にいき、2時間ほどで終了した。それにしても免許更新に訪れる人が多いのには驚く。運転免許証の取得者がすごい数であることを実感した。

 だが、トラックドライバーになる人は少ない。厚生労働省の昨年12月の職業別有効求人倍率をみると、「自動車運転の職業」は2.70である。全体では1.36なので約2倍だ。このようなドライバー不足を反映して、最近は人材確保(とくにドライバー)についての講演依頼が多い。今週と来週に予定されているセミナーでは、いずれも人材確保に関するテーマで話をすることになっている。

 更新した運転免許証の種類は「中型」で、条件として「8tに限る」となっている。中型免許ができる以前に取得した昔の普通免許だ。中型免許の新設に伴い、新普通免許では総重量5t未満になったが、その時点ですでに取得されていた普通免許なら総重量8tまで乗れる。

 5t未満の普通免許では、大部分の2tトラックが運転できず、中型免許が取得できる20歳まで、運送業界ではトラックに乗務する仕事をさせることができなくなった。そこで来月中には18歳から取得できる準中型免許が新設され、18歳でも準中型免許を取得すれば総重量7.5tまで乗ることが可能になる。だが、それに伴い新しい普通免許では総重量3.5tまでになってしまう。

 このように準中型免許の新設は一長一短がある。地方在住では普通免許は生活必需品なので18歳で取得するだろうが、準中型免許となると何らかの動機づけが必要だ。そこでトラック運送業界だけではなく、仕事で2t車に乗る必要がある業種(会社)では、高校新卒者の採用合戦が激しくなると思われる。採用内定を早く出して、卒業までに準中型免許を取得させるような採用行動になってくることが予想されるからだ。

2017年2月 6日

コンテンツ

 武田徹著「なぜアマゾンは1円で本が売れるのか」(新潮新書)を読んでいる時に、出版科学研究所が2016年の出版物の推定販売額を発表した。そこで、なるほどと思ったのである。実はタイトル通りの内容なら買って読むつもりはなかった。目次を見て、サブタイトルの「ネット時代のメディア戦争」が実際の内容で、メインタイトルは売るために編集者が付けたと思ったから購入した。

 同著の詳細は省くが、メディアとコンテンツということなら自分はコンテンツを発信する立場だ。問題はどのようなコンテンツかである。2次使用、3次使用のできるコンテンツでないとフリーでは食べていけない。自分は以前からニュース(新しい出来事)とインフォメーション(情報)は違い、インフォメーションを発信しないとフリーでは生きていけないと思ってきた。最近はコンテンツなどと表現されるようになってきたが、ニュースは一過性であり、インフォメーションは2次使用、3次使用が可能なコンテンツと解釈できる。

 一過性のコンテンツではネットが断然優位だ。テレビやラジオなどの電波媒体も、テロップで臨時ニュースという形で報じることはできるが、恒常的に「臨時」を発信し続けることはできない。さらに紙媒体となると、速報性という点ではもっと不利だ。また、同じ紙媒体でも書籍は2次使用、3次使用のコンテンツということになるが、雑誌は中途半端である。

 出版科学研究所の2016年の推定販売額によると、書籍は前年比0.7%減にとどまったが、雑誌は5.9%の減少だったという。メディアとコンテンツということでいえば、雑誌の立ち位置をよく表していると思った。

 先週末に、ある経済誌のネット版の編集部長が、出稿の打ち合わせに来られた。雑誌とネット版では読者層にも違いがあり、ネットの方が幅広い読者層になる。アクセス数や反響などもネットはすごいようだ。しかし、活字離れが進んでいっても、ネットと書籍はバッティングしないという話になった。

 ともかくネット版のニーズにも合い、2次使用可能なコンテンツ(原稿)を仕上げなければならない。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »