« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月27日

種の存続

 先週、4人目の孫が生まれた。女の子で、長男の次女である。長女は一姫二太郎なので、女の子が3人、男の子が1人となった。生まれたばかりの4人目の孫も元気なので、まずは一安心だ。

 それにしても、すやすや眠る新生児の顔をみていると不思議な気がしてくる。1つは、このようにして連綿と種が存続していくのか、という感慨である。2つ目は、これから始まるこの子たちの人生が羨ましい、ということである。3つ目は、同時に、この子たちが生きていく社会はどのようになっているのだろうかという不安である。ともかく4人の孫たちが仲良く生きていってほしいと願う。

 自分の子供時代を思い出すと、世の中全体がゆったりしていたように思う。たしかに物質的には現在の方が豊富になっている。だが精神的には、昔の大人たちの方が余裕があって心が豊だったように思う。

 自分の若い時を振り返っても、いまのようにギスギスしていなかった。働き方にしても19時、20時まで残業するといったことは稀で、今日は働き過ぎた、という感じだった。しかし、現在では非正規雇用労働者が4割を超え、正規雇用の若い人たちは21時や22時ごろまで働くのが当たり前のようになっている。表面上は残業という形になっていないが、実質的には労働の長時間化である。

 待機児童が問題になっているが、これもいろいろな側面からみていくことが必要だろう。待機児童をなくすために保育所を増やし、保育士を確保する必要性はもちろんだ。だが、待機児童が問題化されるのは、子供を預けられなければ若い母親が働けないからである。これを女性の社会進出という面からみれば、喜ばしいことだ。しかし、その裏には夫婦で働かないと生活が厳しいから、という実態があることを見逃してはならない。つまり、昔よりも実質賃金が下がっているという現実である。

 幸せそうな孫の寝顔を見ながら、このようなことを考えると、自分が知らない将来の社会でどのように生きていくのか、羨ましくもあり、不安でもある。だが、我が家の孫である。どのような社会になろうとも、「適者生存」で4人もそれなりに要領よく、たくましく生きて行ってくれるだろう。そうあってほしい。

2017年3月20日

逆経年変化

 2カ月ほど前に、ふっと思いついて長野県のある経営者に電話をした。すると、偶然にもその前日に20年前に小生が書いたリポートを読み返し、「懐かしくなったので久しぶりに電話でもしようかと思っていたところだ」といわれた。20年も保存して読み返してもらえるなんて著者冥利につきる。

 10日ほど前に、福岡で開かれたある会で札幌の経営者と会った。雑談のなかで、小生が連載をしているあるコラムをほとんど毎回、読んでいると言われた。そのコラムは2009年1月から連載を開始し、基本的に月2回発刊なのですでに180回を超える。そのほとんどを読んでいてくれているというのだから、読者はありがたい。

 その経営者から、「昔と比べると最近は文章が丸くなってきた」と言われた。「歳をとっただけでしょう」と言って笑ったのだが、自分でも常に文章が変化してきているのが分かる。まず、どのような書き方をしたら読んでもらえるか。読んでもらえないことには始まらない。読んでもらえたら、次に、どのように表現したらより正確に理解してもらえるか。書いた内容が正しく伝わらなければ意味がないからだ。このようなことを毎回、試行錯誤しながら書いている。少しずつ変化するのは自然だろうと思う。

 ある人から「いろいろなところに連載しているが、どのくらい書いているの」と聞かれた。そこで数えてみたら驚いた。自分で毎月発行しているリポートは1人でA4版紙20数枚を書いている。それを除いて、外部の媒体に出稿して原稿料をもらっている本数(活字媒体とWeb)を数えてみた。週1回連載が1本(月4本)、月2回連載が1本(月2本)、月1回が3本、それに隔月刊が1本(月0.5本)、さらに季刊の話が新たに入ってきた(月0.25本)。これを合わせると月に9.75本の原稿を出稿していることになる。それにイレギュラーのオファーがある(今月は2本)。

 まぁ、休みなしでも3日に1本の原稿を外部に書いていることになる。その間に、取材をしなければならない。忙しいのはありがたいことだが、注意しなければならないのは経年変化だ。通常は経年変化というと時間の経過とともに劣化してくることを意味する。そこで最近は、時間を経るごとに付加価値が増していく、逆経年変化にできるよう心掛けている。

2017年3月13日

春がくる

 先週は月火水と沖縄、金土と福岡に行ってきた。沖縄は約4年ぶりで那覇、浦添、宜野湾を回った。久しぶりに首里城にも行ってきた。福岡は1泊したが、とんぼ返りのようなものだ。

 先々週はテレビやラジオに追いかけまわされたが、先週もテレビ3局と週刊誌1誌から出張先に電話でのコメント依頼などがあった。問い合わせがあるということは、ありがたいことである。このようなマスコミの関心の高さに象徴されるように、宅配便の値上げと、ドライバーの労働条件改善の課題は出張先でも必ずといって良いほど話題に上った。一般社会の関心もさることながら、業界では運賃値上げと労働条件の改善は焦眉の課題なのだから話題に上るのはもっともだ。

 それにしても、ヤマト運輸の社会的影響力の高さには驚く。同社1社の動向が社会的関心事となり、トラック運送業界が業界を挙げて何かに取り組む以上に社会に与えるインパクトが大きいことが実感された。ともかく、これは大きな追い風である。ドライバーの労働条件の改善とその原資の確保としての運賃値上げは、社会的に好意的に受け止められている。これは異常な状況を正常に戻すチャンスである。この機を逃さずに、果敢に取引条件の改善に努めるべきだ。

 だが、話を聞いていると、自ら取引条件の改善を要請できないという事業者がいるのだという。これでは経営責任などとれやしない。結局、現場のドライバーにしわ寄せすることで経営を維持するという、悪しき体質から抜け出せない。抜け出そうともしない経営者が多いというのが現実である。行政や業界団体が何とかしてくれるのを待つ、という姿勢である。それでは企業が淘汰されても仕方がない。むしろ従業員にとっては、よりましな会社に転職できるので、その方が良いかもしれない。

 ところで昨年9月12日に書いた「北国」では、札幌から稚内に向かう特急の窓から景色を見ていて、北上するにしたがって秋が近づいてくることを実感すると書いた。今回は沖縄ではワイシャツでも良いぐらい、福岡でもコートはいらなかった。南西の方から春が近づいてくることを感じた。業界にとっての「春一番」はヤマト運輸のニュースであろう。これを追い風にできるかどうかは各社自身にかかっている。

2017年3月 6日

待機料金

 先週はページビューについて書いた。実質的にはその続きである。先週1週間はテレビとラジオへの対応で本来の仕事がほとんどできなかった。ヤマト運輸が一部の時間帯指定の見直しを検討しているというニュースに関連して、多くのテレビやラジオがニュース番組などで採り上げた。ネット通販の増加で宅配便が崩壊するという記事が絶妙のタイミングでUPされたことで、各局が当方にコメントを求めてきたのである。

 テレビ朝日のインターネットテレビabemaTVにはライブでスタジオ出演。FM東京と広島のRCCラジオにはライブで電話コメント。その間、TBSからのオファーには収録時間が重なったので断念。さらにフジテレビの「ワイドナショー」では、番組を収録中のスタジオまで行って待機していたのだが、きわめて珍しいケースとのことで、急遽内容が変更になるという始末。近いうち別の企画を打ち合わるということになった。フジテレビは3年ぐらい前にも大きな事件が発生して2時間ぐらい前になって中止になったことがあり、相性が良くないのかもしれない。

 さらに先週は国交省と経産省で委員会があったので、本来の仕事が手に着かなかった。ありがたいことに、そのような中で講演依頼が1本、原稿依頼がスポットと年4回が1本ずつ入ってきた。めちゃくちゃなスケジュールだが、基本的に入ってくる仕事は請けることにしている。お声がかかるということは、ありがたいことだ。

 ともかく面白い1週間だった。これまで知らなかった世界に顔を出し、初めて顔を会わせた人たちも多かったからだ。新しい世界を目にすると、もっと先まで行ってみようという気持ちが強まってくる。生涯現役に挑戦してみようかなといった思いも出てきた。

 そういえば、ヤマト運輸の一連の動向に関連して、物流業界への影響を質してきたMCもいた。そこで①運賃値上げの気運が高まる、②ドライバーの労働条件改善の取り組みが強まる、とコメントしておいた。フジテレビのプロジューサーは待機時間に対して出演ギャラとして支払うということだ。待機時間は有料である。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »