« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月27日

被写体

 10月30日づけの「盛衰」で土浦城(亀城)跡に撮影に行ったことを書いたが、これから来年2月ごろまでは仕事で写真を撮る機会が多くなる。通常は仕事で写真を撮るのは月1回程度だ。しかし例年のことだが、これからのシーズンはPR誌の作成その他でカメラを持った取材が増えてくる。

 書店に入ったら『土門拳の写真撮影入門』(都築政昭著・ポプラ新書)があったので、さっそく購入して読んだ。リアリズム写真を唱えた土門拳という写真家は昔から好きだった。そんなことから酒田市(山形県)に仕事で行った時には、土門拳記念館にも足を延ばしたことがある。報道写真でも芸術写真でも優れた作品を残したが、自分としてはドキュメンタリーの傑作『筑豊のこどもたち』が好きである。都築氏の著書によると、被写体に迫る妥協のない気迫はすごかったようだ。

 被写体といえば、自分が他の人の写真を撮るのは良いし平気だが、撮られるのは苦手だ。最近は自分が取材中の写真などもネットに流れているが、これは取材に集中している間に撮られているので気にならない。だが、さぁ写真を撮りますよといわれて取られるのは苦痛だ。

 先日、あるカタログ誌から取材を受け事務所での写真撮影もあった。わが事務所は実に狭いのだが、パソコンとその周りに本や資料が雑然とおかれている中に座っていると、いかにも仕事場という臨場感があって良いのだという。特定企業の社名が入っているカレンダーなどは事前に外すようにしているが、それ以外は乱雑なままの方がリアリティがあるようだ。

 そんなことで、テレビもスタジオ収録でない時は、狭い事務所でコメントしているところが「絵」になるようで好まれる。今回のカタログ誌でも、カメラマンが狭い事務所の中で苦労しながら写真を撮ってくれた。掲載するのは縦43mm×横39mmの写真1枚だけなのに、1時間以上もかけて100枚以上の写真を撮られた。いろいろなポーズを注文されるのだが、照れ屋なのでどうも恥ずかしくてたまらない。撮影が終わった時には精神的に疲れた。

 写真は被写体になるよりも、自分が撮る側の方がずっと楽だ。

2017年11月20日

保存と改進

 先週は青森、郡山(福島)、長岡(新潟)と出張し、土曜日は物流関連ゼミ学生による研究発表会で1日中カメラマンを務めた(9回目の今年は11大学が参加)。その間隙を縫って郡山から会津若松に回り1日だけ観光で過ごした。

 さすがに会津若松は歴史のある町で、その固有の条件を生かして観光に徹しているなと感じた。歴史的景観などの保存に努力していて、平日でも観光客が多いのはそのためである。会津若松の場合は、「保存」が地域活性化の重要な要素になっていると思う。

 それに対して青森には少しがっかりした。青森は久しぶりで、前回訪ねたのは少なくとも新幹線が延伸して新青森駅ができる前だった。だから新青森駅は初めてである。当初の予定では、駅の近くで昼食をとるつもりだったが、飲食店がほとんどない。ホテルがないことは予約する時に分かっていたが、駅周辺に飲食店がないとは思ってもいなかった。

 タクシーに乗って話をきくと、新青森駅周辺には商業施設やホテルなどが進出できないように規制しているのだという。「昔から青森駅を中心に商売をしてきた人たちが、新青森駅の方に客が流れてしまっては困ると政治家や行政に働きかけている」。さらに別のタクシーのドライバーも、「新青森駅の近くにホテルなどがないので、旅行客からは不便だと言う声が多い」と言っていた。

 仕事が終わってホテルにチェックインしてから、食事を兼ねて青森駅まで片道約15分ほど歩いた。夜というより、まだ夕方だったが歩いている人が少ない。シャッターが下りている建物も目立った。閉店挨拶の貼り紙がしてあるところもある。

 最初に乗ったタクシーのドライバーには息子が3人いて、いずれも東京で所帯を持ち青森には帰らないという。そこで、地元のお土産を持って奥さんと頻繁に東京に行くという話だった。このようにして地方の人口減少が進むのかと思った。そのうえ観光客の利便性など一顧だにしないで目先の既得権益を守ろうとしていたのでは、地元の衰退に拍車をかけているようなものではないだろうか。

 「保存」が活性化につながるケースと、変化に応じて「改進」しなければならない場合とがある。

2017年11月13日

持続的成績向上

 最近のニュースで10年ほど前を思い出した。ちょうど10年前に年頭のあいさつを控えさせていただくというハガキを出したが、その時に書いた文面の一部である。それは以下のような内容だ。

 あるクラスに5人の生徒がいてテストをした。
         生徒A   生徒B     生徒C    生徒D    生徒E   平均点
 1回目テスト  70点  60点   50点    40点   30点   50点
 2回目テスト  90点  80点   40点     30点   20点   52点
 3回目テスト  100点  90点   35点    25点   15点   53点
 テストの平均点数が毎回上がっているので、このクラスは「持続的に学力が向上している」、と評価されている。1回目テストと3回目テストの結果を比較すると6%ほど平均点が伸びている。以上が10年前のハガキの内容だ。

 実はこの学校では約50年ほど前にも「持続的に学力が向上」した時期があった。その当時の生徒のテスト結果を資料で確認したら、以下のようなことが分かった。
         生徒a   生徒b    生徒c      生徒d       生徒e   平均点
 1回目テスト  70点  60点   50点    40点    30点   50点
 2回目テスト  80点  70点   60点    50点      40点   60点
 3回目テスト  90点  80点   70点    60点      50点   70点
 1回目と3回目のテストの結果を比べると40%も平均点が伸びている。

 このように約50年前も持続的に学力が向上した時期があって伸び率も高かった。そして全生徒が学力向上を実感していた。だが、伸び率が低く実感がなくても、最近の方が持続的な向上期間が長い。現在の校長は「自分が校長になってから持続的に学力が向上するようになった」とドヤ顔で胸を張る。また生徒AとBは、もっとテストの点数が伸びるように海外に留学するという。

 内閣府の発表によると、9月で景気回復が58カ月間になり、「いざなぎ景気」を超えて戦後2番目の長さになったようだ。ちなみに最長は2002年2月~08年2月である。

2017年11月 6日

ある廃業

先日、あるセミナーに参加していた同郷の運送会社の社長と数年ぶりに会った。休憩時間に地元の事業者の近況などを聞くと、ある中小事業者が廃業したというので驚いた。その事業者とは浅からぬ因縁があったからだ。

 廃業した事業者は兄が2代目社長で弟が専務だった。10数年前に地元の事業者7、8社で行った視察旅行に自分も参加する機会があって、専務と一緒になった。その時の専務の話で、高校の同級生だったことを思い出した。そればかりではない。「子供の時に父親に連れられて森田さんの家にいき、一緒に遊んだことがある」というではないか。あれこれ思い出しながら、「ひょっとしてオート三輪で来なかったか」と聞くと、「そうだ」というので記憶が僅かによみがえった。

 たしか小学校低学年のころである。オート三輪で父親と子供が、何か手土産をもって祖父を訪ねてきた。その父親と祖父が話をしている間、「一緒に遊んでいろ」といわれて遊んだ記憶がある。

 同級生の専務によると、運送事業の免許を早く出してもらえるように祖父に頼みにきたのだという。当時は運送事業は免許制で取得が難しかった。自家用車での営業行為はもちろん違法だが、免許申請には荷主がいるという「実績」が必要だった。ということは自家用ナンバーで違法行為をして「実績」を作らないと申請できないことになる。そこで違法行為はダメじゃないかと叱った上で免許をだすというので、「ゴッツン免許」といわれたのである。祖父は役人ではないが、「早く免許が出るように頼みに行った。森田さんのおじいさんには運送業をはじめる時にお世話になったと親父がよくいっていた」という。

 まさかそのころ、自分が物流業界で取材・執筆・講演などをしようとは思っていなかった。その事業者が廃業したと聞いて複雑な気持ちになった。企業規模も小さく、運送会社として成功したとはいいがたい。社長(兄)
にも専務(弟)にも子供はあったが、おそらく経営を継がせなかったのだろうと思う。

 11月3日づけの朝日新聞に、中小企業の減少を防止する策として、政府は事業継承や買収をしやすくする税制改正などを検討する、という記事がでていた。それにしても、感慨深いものがある。

2017年11月 3日

暑さと寒さの差拡大

 無意識の習慣的行動とは恐ろしい。11月になって、さすがに朝夕は冷え込むようになってきたが、晴れた日の日中は少し歩くと汗ばむぐらいだ。先日、交差点で信号待ちしている時に、なぜか、いやに寒いなと感じた。よくみたら日陰に入って信号が変わるのを待っていて、そこに風が吹いてきたからだった。夏はずっと暑かったし、秋になっても日中は暑いくらいだった。信号待ちする時には自然と日陰に入るような習慣になっていたのである。

 いずれにしても、近年、日本は1日の温度差が大きくなってきたように感じる。これは気温だけではない。経済、社会も格差が拡大している。

 先週はその格差拡大を加速する転換点になったと思う。日銀が10月31日の金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を決めた。機関や個人投資家、それに不動産業などは恩恵に浴することになるだろう。だが、陽の当たらない陰にいる中小企業や多くの国民にとっては、さらに冷たい北風を吹き込まれたようなものだ。

 また同日には、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、運用の資産構成割合(ポートフォリオ)の見直しを発表した。国内株式比率を12%から25%に引き上げるというのだ。外国株式も25%にする。これにより国内債券の比率は大幅に下がることになる。

 昨年4月29日のコラムで、「札は刷れ刷れ 刷るならば 『日出ずる国』の このYenを 刷り増すほどに バラ撒けば これぞ真の『黒田節』」と書いた。また、今年9月8日のコラムでも、「GPIFの資産を株式市場に回そうという動きが具体的に始まる懸念が高まってきた」と書いておいた。その通りになってきただけなので驚きはしない。だが、この間の政府の財政政策と日銀の金融政策で拡大してきた格差が、これからますます拡大していくことになるのではないかと思う。

 自分の主たる取材フィールドであるトラック運送業界をみても、消費税増税後の4月以降、経営が厳しくなってきた事業者が増えている。しかも時間の経過とともに、経営が厳しい事業者の企業規模が少しずつ大きくなってきた。

 報道によると、日銀の追加緩和に賛成したのは正副総裁と研究者出身の5人の委員で、反対した4人は金融機関や民間企業出身者だったようである。実態経済に対する認識の違いがあるのではないかというのが、「日陰者」の感想である。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »