« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月26日

平昌五輪

 平昌の冬季オリンピックが昨日で閉会した。3月9日にはパラリンピックが開会する。冬のスポーツをしている人やファンには申し訳ないが、正直なところ個人的には夏季オリンピックと比べると関心が低い。もちろん、日本選手が上位入賞する可能性の高い競技は観たいし、実際にテレビ観戦した。しかし、それ以外の競技には興味がわかない。それに対して夏季オリンピックは、日本選手が決勝に残らなくても、ひょっとして世界新記録が出るかも知れない、と観てしまう。

 また、今回ほど政治的な思惑があからさまに出たオリンピックも珍しいのではないか。政治とスポーツは別などという幻想は持っていないが、あまりにも酷すぎる観がした。テレビに映る韓国大統領をみて、これが一国の大統領なの? と思わざるを得ないような場面もあった。

 さらにスポーツと経済の関係も強く感じた。顕著なのは競技の時間帯である。それぞれの競技の人気が高い国々向けに、テレビでライブ放送できるようなスケジュールと聞いた。選手よりも政治、経済の都合を優先したオリンピックといえる。

 もっともテレビではライブ中継を重視しなければならない事情も分からなくはない。インターネットが普及し、リアルタイムで勝敗を知ってしまう人が増えれば、録画放送では視聴者が減ることになる。

 それにしても連日のオリンピック放送には、正直なところかなり辟易している。とくにNHKの放送時間は異常だ。レギュラーのニュース番組も時間を短縮し、そのうえ短縮した時間内でもオリンピックの話題が多くを占める。BSも含めてNHKは、あたかもスポーツ専門の放送局になったかのようだ。

 さらに、NHKや民放を問わず、的外れなインタビュアーが何人かみられた。インタビューされている選手の表情が一瞬、「ハッ」となる場面を何度かみた。瞬間的にインタビュアーを見下したような目の表情も垣間見えたが、世界レベルで優れた選手は年齢が下でも役者が上だ。ピントがズレた質問に対しても、それなりに対応していたのはさすがである。インタビューの内容はインタビュアー自身を等身大に映しだす鏡でもあるから怖い。他人ごとではないぞ。

2018年2月19日

右か左か

 関西に行った帰りに、新幹線で珍しくA席になった。中部や関西の出張では新幹線を利用するが、ほとんど往復ともD席が多い。つまり行きも帰りも富士山が見える側だ。ところが今回は新大阪からの帰りにA席になったのである。

 まだ明るいうちの移動だったので、車窓からの景色をみていたが、いつもと風景が違う。けっこう珍しい光景を目にすることができた。それに熱海近辺では初島がはっきり見えた。この前、初島に行ったのは数年前だったが、その時を思い出した。同じ新幹線でもどちら側の席に座るかでだいぶ違うものだと思った。

 右か左かという点では、大阪に来たなと実感することの1つがエスカレーターである。東京では左側の人は歩かず、急ぐ人は右側を歩いて上ったり下りたりする。だが、大阪ではその逆で、急ぐ人は左側を歩いて追い越していく。

 ある時、関西出身の人にそのことを話したら、即座に「大阪がグローバル・スタンダードです」と言われてしまった。たしかに世界的にみると、ほとんどの国では左側の車線が追越車線になっている。すみません。総てを「東京ローカル」の視点からしかみることができない偏狭さを反省します。

 そういえば、ずっと昔のこと。右か左かで面白い話があった。同じ会社に入った2人の生き方である。1人は会社で出世がしたくて、上司など目上の人にゴマすりばかりしている。それに対してもう1人は、労働組合活動に精をいれていた。だが、労働組合内で「出世」したいようで、上ばかり見ている。

共通の知り合いが何人かで久しぶりに顔を合わせたときに、この2人が話題に上った。その中の1人が「あの2人は社会に出ても昔と変わりないな。2人とも上ばかりみて生きている点では全く同じだ。違うのはカレイとヒラメの違いだけ」といったので大笑いした。カレイは右側に目が2つついているので右上ばかりみている。それに対してヒラメは左側に目が2つなので左上ばかりみているというわけだ。

 ところで自分はというと、意見が対立する場合には双方を同じように取材するのが鉄則だ。だが、両論併記だけはしないことにしている。自分自身で判断し、是非を明らかにすることが本来の役割である。両論併記の方が簡単で、しかも処世としては利口なのだが。

2018年2月12日

大雪による悲喜

 大雪で北陸地方は被害が出ている。動けなくなってしまった自動車の列をテレビのニュースでみて、大変だなと思った。エンジンをかけていないと寒いだろうし、エンジンをかけたままでは燃料がなくなってしまう。車中泊を余儀なくされた人たちも多く、食事、トイレなどが心配だ。

 自分はちょうどそのころ秋田、横手、盛岡、仙台(名取・岩沼)と周っていた。雪で鉄道が運休になったりしたら困ると心配だった。とくに出張初日の秋田はセミナーだったので、もし開始時間までに会場に到着できなければ、出席した人たちに迷惑をかけてしまう。それ以降のスケジュールは取材だったので、場合によっては予定変更しても迷惑をかけるのは約束をしてくれていた人だけだ。だが幸いなことに、列車の大きな遅れもなく当初の予定通りに3日間のスケジュールをこなすことができた。

 横手はかまくらでも知られているように、積雪の多い地域だ。大曲から横手までは奥羽本線の各停でも3つ目なので距離は短いが吹雪いていた。横手駅に着いた時に駅前の積雪を見て10年ほど前を思い出した。その時は、横手から夕方に山形県の新庄に行って1泊し、翌日は山形県内で取材をする予定だった。しかし、奥羽本線が運休になってしまったのだ。事前に切符を買っていたのでJRがタクシーを用意してくれて、自分1人だけ貸切で移動したことがあった。新庄駅前のホテルについてタクシーのメーターを見たら2万9000円ぐらいになっていた。タクシーのドライバーも1運行でそれだけの売上になるので、喜んでいた。自分も貸切で移動できたので、電車よりありがたかったということがあった。

 今回も横手駅前からタクシーに乗って、その時の話をしたら、ドライバーは雪で電車が止まってくれると売り上げが伸びるといっていた。JRの支払いで盛岡や仙台までの客を乗せることはさほど珍しくないようだ。そのドライバーが経験した一番長い距離では横手から青森があったという。運賃は7万いくらとかいっていた。

 話を聞いていて、大雪も立場によって悲喜こもごもだなと実感した。

2018年2月 5日

青島(宮崎)再訪

 1月29日、30日と宮崎に行った。宮崎は10数年ぶりである。もう少し温暖かなと思っていたが、おりからの寒波で宮崎も風が冷たい。

2月1日はプロ野球の各球団がいっせいにキャンプインする。宮崎ではセパ合わせて5球団がキャンプをはるという。いわば春到来なのだが、ともかく寒い。そういえば、前回来た時もキャンプ中だったことを思い出した。

 宮崎でキャンプをはるのはプロ野球だけではない。宮崎でキャンプするJリーグ球団も多い。JリーグではJ1だけでなくJ2なども含めると、宮崎県内でキャンプするのは11球団もある。これは沖縄の15球団に次いで2番目だ。

 プロ野球にしてもプロサッカーチームにしても、春季キャンプの地として宮崎を選ぶということは、国内の他の地方よりも、この時期としては暖かく気候に恵まれているということだろう。だが、ともかく寒かった。

 そのような中、半日だけ青島に行ってきた。宮崎駅から青島駅まで電車で行ったのだが、青島駅を降りてからゆっくり歩いて青島に渡る弥生橋の方に近づくと、10数年前を思い出した。道の両側に並ぶお土産屋に吊るしてあるTシャツの文字をみても、以前と変わっていないなと懐かしかった。

 鬼の洗濯板をたくさん写真に撮ったが、良くみると岩の1つひとつの文様が全部違うのには改めて驚いた。なぜ、このような奇岩が波状に形成されたのか? 自然の力は凄いなと実感した。

 資料によると青島は周囲1.5㎞の小さな島である。写真を取りながら歩いて1周したが、散歩にはちょうど良い距離だ。しかし、この小さな島にシダ植物17種を含め、226種の植物があるという。1921年には「青島亜熱帯性植物群落」として国指定特別天然記念物に指定されたという。植物学者などには魅力あふれる島だろうが、素人にとってものんびりした気分になれる自然の宝庫だ。

 青島神社にも参詣したが、とくに何もお願いはしなかった。最近は、自分は自然のままに生きれば良いと、へんに「達観」してきたからである。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »