« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月26日

永遠の30代

 作家の内田康夫さんが亡くなられた。内田さんの名探偵・浅見光彦シリーズは好きだった。全部は読んでいないが、かなりの作品を読んでいる。

 何しろシリーズの作品が多いので、読んだか読んでいないか、分からなくなってしまう。書店の文庫本の棚に並んでいる背表紙を見て、あれ、これは読んだかな、と考え込むことがしばしばあった。タイトルだけでは思い出せない時は、目次をみて読んだかどうかを思い出すこともある。それでもダメなら本文を斜め読みして確認。読んでいなければ購入して、読み進めていくうちに失敗した読んだことがある、と気づくようなこともあった。

 報道によると、同シリーズは114冊で累計発行部数が9700万部という。ついつい印税収入がどれほどになったのだろう、といった卑しい考えが浮かんでくる。

 なぜ、浅見探偵が好きかというと、あまり頭の負担にならずに、すいすい読めるということも大きな要素だ。もちろん、ストーリーの面白さも当然である。

 だが、それ以上に楽しいのは、全国いろいろな地方に連れて行ってもらえることだ。浅見探偵と紙上で旅ができることが何より楽しい。タイトルに地名がついたものも多いので、タイトルの地名で本を買ってしまうような面もある。その地方はどんな風景なのだろうか。また、そこでどのようにストーリーが展開するのだろうかという楽しさである。

 このように浅見探偵に旅に誘ってもらうのだが、自分もけっこういろいろな地方を訪ねているので、行ったことのある地域が出てくることも少なくない。小説の中の風景描写などを読むと、あぁ、あそこはそうだったなと思い出す。あるいは、小説に登場する地方の近くまで行ったことがあるような場合、再び仕事で近くまで行く機会があったら、少し足を延ばしてぜひ行ってみようという気持ちになる。

 そんなことで、内田さん=浅見探偵にはもっともっと様ざまな地方を案内してもらいたかった。それが叶わなくなってしまったのは残念だが、これからも浅見探偵のように永遠の30代で取材の旅を続けたいと思っている。

2018年3月19日

「しっぽ」にもなれない

 以前のことだが、思わず苦笑したことがある。ある仕事の関係で行政機関から校正直しが当方に戻ってきた。もちろん直しは一向にかまわない。そのための校正なのだから。だが、数えてみたら何と11人の判が押してあった。もちろん秘密文書でも何でもないし、ワードのA4判1枚に満たない文字数の文章である。まぁ、率直にいえば責任分散としか思えない。役所とはことほど左様に文書(文章)に「厳格(幻覚ではない)」である。

 森友学園との国有地取引に関わる決済文書の書きかえ(ねつ造)を財務省が認めた。先の例でも分かるように、決済文書のねつ造を役人の判断でできると思っている人はほとんどいないだろう。おそらく、裏で何らかの力が働いたと推測するのが普通だ。それはともかく、肝心なのは何のために、誰のために改ざんしたのかを明らかにすることである。

 今回の決済文書ねつ造問題が明るみにでたのは朝日新聞の報道からだ。朝日の記事を読んだ瞬間、この書き方ならねつ造前の文書のコピーを入手し、裏付け取りにもかなり時間をかけたな、と思ったものである。まさにスクープでありジャーナリズムの存在価値を示した。同時に、コピーの入手先はどこだろうと考えた。ソースをあれこれ思索しているうちに、なるほどそうか! と思い当たる線が頭に浮かんだ。その点でも勉強になった。

 報道ということでは、いま大きな関心を持っているのが、この問題について御用新聞が今後どのような取りあげ方をしていくのだろうか、という点だ。記事としてはそれなりの大きさで取り上げないわけにはいかない。だが、どのような論理のすり替えで問題の本質から読者の目を逸らせるような記事にするのか。それはそれで勉強になる。

 ここまでくると、関係者の中から自殺者やあるいは「事故死(怪死)」がでるのではないかという悪い予感がしていたが、残念ながら犠牲者がでてしまった。実質的に更迭された佐川前国税庁長官も、見方を変えれば犠牲者の1人といえなくもない。

 佐川前国税庁長官は、国会答弁で誰を、何を守ろうとしたのか…。良い大学を出て、平然とウソをつく忠誠心をもち、権力者に忖度する要領と処世術を備えていたのに、やっとたどり着いたところがトカゲのしっぽだったのか。自分など「しっぽ」になる才覚すらない。

2018年3月12日

「カレイなる人生」

 昨日は3月11日。いうまでもなく7年前に東日本大震災が発生した日だ。もう7年も経ったのかと、時の流れをしみじみと感じる。

 歳月ということでいえば、有限会社物流ジャーナリスト倶楽部の設立が1997年3月11日なので、丸21年が過ぎ、今や22年目に入った。振り返ってみると早いものである。たいがいの企業は設立から20年も経てばかなり規模が大きくなっているか、あるいは反対にダメになっているはずだ。だが「当社」は1人の会社で20年間ずっと細々とやってきた。成長もしなければ衰退もしないで20年間現状維持というのも貴重な存在ではないかと自負している。

 1人の会社ということでは、会社の歴史はすなわち高齢化を意味する。そう考えると喜ぶべきか、悲しむべきか悩むところだ。

 だが、おかげさまで年々、忙しくなってくる。ありがたいことではあるが、生産性の低さは労働時間の長さに直結してくる。「働き方改革」などの原稿を書いたり講演したりしている自分自身の「働き方改革」の方が大きなテーマだなと苦笑するしかない。

 働かなければ食べられない現実もあるが、定年がない、あるいは定年は自分で決められるという「特権」を生かして、こうなったら生涯現役で行こうかとも思う今日このごろだ。それが自己流の「カレイなる人生」ではないかと考えるようになってきた。けっして「華麗なる人生」ではない。実態は「加齢なる人生」なのだが、それでは色気がない。そこで「カレイなる人生」と呼ぶことに決めた。

 こんな下らないことを考えている間にも、「〇〇のテーマで、何文字から何文字の範囲で、締め切りは何月何日で書いてもらえますか」というオファーがメールで入ってきた。切り口や構成は任せてもらえるという。もちろん「OK」と返信した。

 こんな日常が自分流の「カレイなる日々」なのである。

2018年3月 5日

引越異変

 こともなく過ごしている間に3月になってしまった。今月は年度末なので何かと忙しい人もいるだろう。その点、当方は関係ないと思いきや、忘れていた。年度内に一定の形をつらなければならない仕事が急遽、入ってきていたのだ。といったことで結局、3月末まで無休の生活が続く。

 それはさておき、3月中旬から4月上旬にかけては引越シーズンだ。その年の曜日の配列によって多少の違いはあるが、この約1カ月間に年間の引越件数の約3分の1が集中する。引越事業者にとっては書入れ時には違いないのだが、今年は例年と違う様相を呈している。

 先日、ある人から「今年は引越シーズンに引越しできない人が出そうだ。予約がいっぱいで受託できないから日にちをずらしてほしいと各社が足並みを揃えて言っている。しかも最近、マスコミなども一斉に『引越難民』などと取り上げているのは異常に感じる。これには何か裏があるのだろうか」と訊ねられた。

 ちなみに全日本トラック協会の今春の引越混雑予想によると、3月24日~4月8日がとくに混雑するので、3月前半や4月中旬以降に分散してほしいと呼び掛けている。このように各事業者も業界団体も一致して、ピーク時には対応が難しくなるので避けてほしいと訴えているのは事実だ。だが「とくに遠謀深慮な裏事情などはないだろう」と答えておいた。

 恒常的に労働力が不足しているのに、年間引越の約3分の1が集中するのだから車両、ドライバー、作業員の確保が大変だ。協力会社にしても同様である。このようなことから需要に供給が追い付かないというのが正直なところだろう。しかも、時間外労働時間規制や未払い残業代問題などが注目を集めている状況下では、従来のようにムリして受注して長時間労働でこなすよりも、労働力不足で受注できないと断った方が無難だ。

 正直なところ引越事業者が単独で何かを訴えても社会的関心事にはならない。それに対して、昨年は宅配便のドライバー不足や過重労働が社会的に注目された。そこで、この際、宅配便騒動に便乗して引越業界でも受注抑制をした方がアピール度が上がる。しかも、需給関係から価格が上昇するのは理の当然だが、実際に受注しない方が利用者の理解も得やすく抵抗も少ない。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »