« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日

大型連休とプチ連休

 今年は5月1日と2日に休みをとれば、4月28日から5月6日まで9連休という人もいるだろうと思う。とくに製造業などでは飛び石で休むよりも連続して休んでしまった方が生産性の面からも良い。

 

 一方、小売業や飲食業などでは、大型連休は稼ぎ時である。とくに観光地のお土産屋や飲食店、旅館やホテルなどは大忙しだ。だが近年は、アルバイトなどの確保が難しいという状況もあるのではないだろうか。

 

いずれにしても大型連休を取れる人たちは良い。羨ましい限りである。

 

 自分たちも、ここ数年間は大型連休に合わせて孫たちと2泊3日ぐらいのプチ旅行に行っていた。だが、今年はなしである。というのも4人いる孫のうち、一番上の孫が4月から小学校に入ったからである。

 

学校の休みはカレンダー通りだが、休みでもいろいろ予定があるようで、なかなか日程が合わなくなった。とくに大型連休中は、子供たちを入れて10人ともなると、かなり早めに宿泊の予約をしておく必要がある。それが難しくなったのである。

 

 そのうち孫たちも、学校が休みでも習い事などの予定が入るようになってくるだろう。さらに成長するにしたがって友達と遊んだほうが楽しくなってくるはずだ。このようにして精神的にも少しずつ大人になっていく。

 

そう考えると楽しみで嬉しくもあるが、同時に少し寂しい気持ちにもなってくる。そのようにして世代が代わってくるのだな、としみじみ思う今年の大型連休である。

 

 ということで急遽、かみさんと2人でこれからでも予約できる温泉に5日、6日の1泊2日で行くことにした。ささやかな連休である。

2018年4月23日

「記憶の限り…」

最近は毎日まいにちどんなニュースが飛び出してくる分からなくなってきた。新聞、テレビ、週刊誌と、とくに政治担当記者は忙しいだろうと思う。だが、野次馬に過ぎない自分としては期待感のある楽しい毎日だ。

 

それにしても「記憶の限りでは」というのは、実に都合の良い言葉だ。今年の流行語大賞にノミネートされるのではないだろうか。

 

自分に不利なことは、「記憶の限り」覚えていないことにすれば良い。反対に「記憶の限り」何々だったと、自分に有利になるようなことを主張すれば良い。どちらも「記憶の限り」なので、故意にウソをついたわけではないと逃れられる。

 

 A君「自分の記憶の限りでは、君に貸した金を返してもらっていなかったはずだ」

 B君「いやいや、自分の記憶の限りでは、あの時に間違ってかなり多く返してしまったように覚えている。良い機会だから過払い金を返してくれないか」

 

 両人とも「記憶の限り」なので、どちらもウソはついていない。そこで手打ちとなり、仲直りに「もぐもぐタイム」にしようとなった。A君は「モリ」をたのみ、B君は「カケ」を注文して会話は続く。

 

 A君「それにしても、セクハラ報道の彼も可哀そうだ。辞任したりせずに、もう少し居直っていれば7月には定期異動として処理できたものを」

 B君「それを狙ったんだろうが、世論を逆なでするようなことをするから逆効果になってしまった」

 A君「黙ってじっと我慢をしていれば、記憶などすぐに薄れてしまうのに」

 B君「そう、そう。反省したようなふりをして2、3カ月もジッとしていれば、記憶が薄れて支持率も回復するさ」

 A君、B君「そだねー」

 

 やはり流行語大賞は「記憶の限り」よりも「もぐもぐタイム」や「そだねー」の方が有力そうだな。

2018年4月16日

環境適応能力

 ちょうど1週間前になるが、エンゼルスの大谷翔平選手が7回1安打12奪三振で2勝目をあげた日、試合の途中までテレビで観ていた。通常ならすでに家を出ている時間だったが、朝9時に訪問するというアポイントをとっていたので、事務所に寄ってからでは大変だ。そこで家から直接行くことにしたのだが、直行だとけっこうゆっくり家を出ても十分に間に合う。時間があるので大谷選手が先発予定だったことを思い出し、家を出るまでの間、テレビ観戦したのである。

 

 ところが、パーフェクト・ピッチングが続いていた。このままランナーを1人も出さないで試合が進むと、中座して家を出るのが惜しくなる。多少は遅刻してもかまわないから、最後まで試合を見続けるか、どうするか、という判断がつかないまま試合が進行した。まだ家を出るリミットまでは多少の時間があるという時に、ヒットを打たれたので気持ちの区切りがつき、遅刻せずに先方に着くことができた。

 

このままノーヒットノーランで行ってくれという願いや期待と、1本打たれれば席を立てるのにという気持ちが錯綜する、実に不思議で複雑な時間を経験することができた。その時、ふと思ったのは、監督も同じような気持ちなのだろうな、ということだった。ノーヒットノーランのままで推移すれば、投球数が100球を超えても交代させるわけにもいかない。といってシーズンは長いし、ましてや大谷選手の選手生活はもっと長い。将来を考えればムリをさせるわけにもいかない。だが、ヒットを打たれたので躊躇なく7回までで後退させることができた。変な話だが、監督もヒットを打たれてホッとしたのではないだろうか。

 

 ところで大谷選手の潜在能力は計り知れないものがある。それは当然で言うまでもないが、それに劣らず凄いのが環境に適応する能力ではないだろうか。オープン戦のころはそれほどでもなかったが、すぐにMLBのレベルに適応した。1試合の中でも、相手を見抜いて学習し、対応できる環境適応能力に優れているのだと思う。

 

いま流行りの表現をすれば人間AIではないか。まさに「適者生存」であり、これからの活躍が楽しみだ。

2018年4月 9日

湯河原温泉と念力

 先日、あるマイナーな研究会で湯河原に行った。この前、湯河原温泉に泊まったのはいつだったろう。ハッキリと覚えていないが、おそらく10年ぶりぐらいではないかと思う。この間に熱海や修善寺、熱川、箱根など、湯河原の近くの温泉には行っているのだが、気づいてみたら湯河原はうっかり抜けていた。

 今回は5部屋しかないという旅館だった。もちろん高級感はあるし値段もそれ相応だ。しかし、5部屋で経営をしていけるのだろうか、というのが夕食時の話題の1つだった。聞くところによると、家族経営だからやっていける、とのことである。

我われの研究会はたった3人なので1部屋である。露天ぶろなどは何度入っても貸切状態なので、のんびりと温泉に浸かれた。他にも客がいるのは分かるが、果たして何人だろうというのも関心事の1つ。夕食は部屋だったので分からなかったが、朝食時に分かったのは5部屋のうち4部屋に客がいた、ということである。そこで、平日なのに稼働率が8割なら経営できるだろうということになった。

 たいていの客はリピーターで、中には定期的に訪れる客もいるという。たしかに隠れ家のような雰囲気があり、静かにゆっくりしたいという客には向いている。そこで、我が研究会では、このような経営の仕方もあるのだな、ということになった。これが、今回の研究会における唯一の研究成果? である。

この話にはさらに余禄がある。

前回はたしか1泊のセミナーで講師として呼んでいただいて湯河原に行ったのだったと、思い出しながら当コラムを書いていたら、なんと、その時のセミナーの主催団体から6月に開催するセミナーでの講師のオファーが入ってきたのである。今回の会場は都内のホテルだが、単なる偶然にしてもすごい!

これからは、過去の仕事を思い出しながらこのコラムを書くことにしよう。念力を込めて良い話が立て続けに舞い込んでくることを期待しつつ‥‥。

2018年4月 2日

「ご褒美」は?

 内閣官房報償費(官房機密費)の一部開示を認める最高裁の判断に基づく情報開示で、その一端が明らかになったという報道があった。とはいっても9割は領収書不要で使途が分からない。「政策推進費」とは、要するに政権に対する協力費や、ご褒美として支払われる金なのだろう。支払う側が使途を明らかにしなくて良いのだから、受け取った方も確定申告などするわけがない。ということで官房機密費という名の協力金やご褒美としての収入は非課税で良いのですねと、佐川宣寿前国税庁長官に聞いてみたいものだ。

 先週は衆参両院の予算委員会で佐川氏の証人喚問が行われた。何が問題点なのかについて、これほど明確に証言した証人は過去にいなかったのではないだろうか。「語るに落ちる」という見方をすると大いに成果のあった証人喚問だった。

 それにしても、「……からの指示はなかったのですね」という質問を続けた与党のセンセイがいたが、自分で恥ずかしいと思わないのだろうか。最初から茶番だとは思っていても、もう少し工夫すべきではないかと呆れてしまった。必死に権力者に忠誠を尽くす姿は哀れに見えてきた。あとで何らかの「ご褒美」があるのだろと疑ってしまう。

 それに対して佐川証人は、「ありません」と明快に答えていた。証人喚問で自分が果たすべき役割は何かをはっきり自覚できているということだ。さすがに頭脳明晰な方だけある。よくやったと、「ご褒美」が期待できるのではないだろうか。

 一方、野党の先生方はもの足りない。「刑事訴追の恐れ」を理由にした証言拒否は最初から想定できたことだ。つまり証言拒否を前提にして、効果的な喚問の論理を構成すべきなのである。「刑事訴追の恐れがある」ということは、つまり、その部分には犯罪を構成する要素が含まれている可能性がある、という証言に他ならない。したがってその都度「…については犯罪を構成する要素が含まれている可能性があるという証言と理解しました」と畳みかけるべきだ。そうすれば、テレビなどの視聴者に与える印象や世論形成への影響が違ってくるし、証人に対しては刑事訴追を理由に証言拒否することへの心理的圧力になる。

 まぁ、自分はセンセイではなく、単なる野次馬に過ぎないですがね…。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »