« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日

ダメなものはダメ!

 この前、テレビでニュースを見ていて驚いたことがある。原子力規制委員会の更田豊志委員長の会見だ。テロ対策施設の設置が期限までに間に合わないとして救済(再延期)を求める電力各社に対して、はっきりノーと回答したのである。期限に間に合わなければ、電力各社は運転停止を余儀なくされる可能性が高くなった。

 「規制の精神にかかわる」とダメ出しをしたのだが、テレビのニュースで会見の様子を観る限りかなり強い口調だった。あたかも規制委員会をなめるなよ! といった雰囲気すら感じられたので驚いた。

 発生のリスクは極めて低いとしても、テロなどに備えて遠隔で原子炉を操作できる緊急時の制御室や、原子炉を冷却し続けることができる発電機やポンプなどのバックアップ設備の設置を新規制基準では義務づけている。決まりを守りなさいと言っているだけなのだが、政府の電力政策に対して「忖度」はしないと明言したも同然だ。一方、救済を求めた電力会社には甘えがあったようにも思える。

 原子力規制委員会の姿勢には、2017年12月の広島高裁の判決が影響しているという一部の報道もある。伊方原発3号機の運転差し止めを命じたものだが、この仮処分決定の理由で、原子力規制委員会の判断が批判されている(のちに仮処分は取り消された)。このような背景もあって今回は強い姿勢で臨んだ、という見方もあるようだ。

 テレビニュースでは、官房長官の会見も放送されていたが、独立性のある原子力委員会の判断に委ねるといったコメントであった。原発再稼働の際には、世界的に厳しい規制基準をクリアしたと原子力委員会が認めたのだから、と第三者的な委員会の判断を強調して政府の意向ではないように言っていたのだから、今回もそういわざるを得ないだろう。

 それにしても、ダメなものはダメ! とはっきり言うことが難しい世の中になってきた。日本銀行の金融緩和政策や、内閣法制局の憲法解釈など、「良い見本があるのだから見習えよ」という雰囲気が漂っている中で、今回のニュースには驚いた次第である。

2019年4月22日

10連休と「働き方改革」

 今週末から10連休の人もいる。当方には全く関係ないのだが、それでもずっと以前からなんとなく落ち着かない気分になっているのだから不思議だ。今年はどこかに行く予定もないし、さりとて取材も連休中はなかなかアポイントが取れない。

 さて、連休はどうしようか? 「ボーッと過ごすんじゃねえよ!」とチコちゃんに叱られそうだなと、ずっと考えていた。すると数日前の朝、起き掛けにそうだ連休中に本を1冊書こう! と突然ひらめいたのである。前回の出版は2017年1月だったので、そろそろ良いころだ。

 さっそく企画を考えて出版社に話を持ち込んだ。最近は本が売れなくなってきているので、出版社もそこそこ売れそうな企画でないと良い返事をくれない。だが、前回の著書が増刷になっていることもあって出版を承諾してくれた(正式契約はこれから)。タイトルや内容構成についてはもちろんだが、発売日をいつにするか、PRや販促をどうするか。さらに増刷以降の電子書籍化など販売方法も併せて検討した。発行は9月下旬を予定している。

 そんなことで4月中のレギュラーの仕事は連休前に終わらせなければならないため、今週の金曜日までは忙しい。さらに連休に入ったら単行本の執筆にかかり、基本的には10日間の連休中に書き上げる予定だ。

 それにしても、10連休中に休まず執筆する本のタイトルが『働き方改革と人材・原資の確保(仮)』とは、大いなるアイロニーだ。必ず売れてくれるだろうと期待している。

2019年4月15日

華やかさと厳しさ

 1年2カ月ぶりに秋田に出張した。新幹線で移動するこの時期の楽しみは、窓から満開の桜が観られることである。大宮から仙台あたりまでは満開だった。菜の花の黄色と咲き誇る桜の花の組み合わせは良い。この時期にしか分からないのだが、桜の木は日本中いたるところにあるものだ。仙台を過ぎると少しずつ5分咲き、3分咲きと寂しくなっていくのも、北への移動を実感させる。

 最初に横手に寄って取材してから秋田に向かった。横手に行く時にはよくトラブルに遭遇する。8年前の1月下旬には、翌日が山形だったので、新庄駅前のホテルに1泊することにしていた。ところが夕方、横手駅に行くと大雪で電車が上下線とも運行中止になっていた。切符を事前に購入していたので、JRの運賃負担で1人だけタクシーで新庄に送ってもらったのだが、料金を見たら2万7000円ぐらいになっていた。その数年後にも北上から横手に行こうとしたら、北上線がストップしていて運行再開の見通しがないとのことで、急遽、大曲経由にしたこともある。さらに今回は大曲から奥羽本線で横手に向かったが、1つ手前の後三年駅で停まったまま信号故障で動かなくなり、50分遅れだった。

 秋田のホテルのテレビでケーシー高峰さんの訃報を知った。ケーシーさんとは常磐線の特急列車で4、5回、同じ車両に乗り合わせたことがある。ある時、いわき市内での取材が終わって泉駅からの帰り、時間があるので駅の近くの喫茶店に入った。するとケーシーさんが、カウンター席で3、4人の地元のおばちゃんと思しき人たちに冗談を言って笑わせていた。おそらく同じ電車だなと思ったら、案の定そうだった。

 常磐線で見かけるケーシーさんは、いつもマネジャーを連れずに1人だった。座る席も同じで、5号車の上野からいわき方面に向かって1番前のドアのそばだ。この列はA席とD席しかない。つまり左右とも1人掛けで、ケーシーさんはいつもA席だった。自分は少し離れた席だったが、トイレに行く時などふっと見ると、主観的な思い入れかも知れないが、少し寂しそうで孤独そうに感じた。華のあるケーシー高峰を演じるのも大変なんだな、と思ったものである。

 ところで秋田からの帰りは、仙台から福島、宇都宮あたりまではかなり強く雪が降っていた。往きは桜が満開で華やかだったが、今度は咲き誇る桜に容赦なく雪が降り注いでいる。華やかさと厳しさを感じながら移り行く窓の外を見ていた。

2019年4月 8日

大転換

 最近は自分にとって大きな転換期にあるのだなとつくづく感じる。仕事に関わる機器だけでも、2月にはパソコンのプリンタがダメになり買い替えた。プリンタについては一般用の安いものをずっと使ってきた。毎月、定期発行しているリポートの印刷枚数が多いので、安物を買って使い捨てにしてきた。だいたい2年ぐらいで代替えしながら20数年間やってきたので、そろそろ「寿命」だなとは思っていてこれは想定内だ。

 すると3月にはFAXを買い替えることになった。FAXも電話と兼用の一般用家庭のもので、FAX専用として使用していたのである。ところが、事務所に出社すると、送信されてきたFAXが途中まででプリントできなくなっていた。インク切れである。そこでインクを買いに行ったのだが、この機種のインクは3年前に製造中止になっているという。多少のインクを買い置きしていたので、製造中止になってからも使えていたことになる。思えば20年以上使ってきたので、まぁ、しょうがない。結局、FAX自体を買い替えなければいけなくなった。今度も業務用ではなく、一般用の電話兼用の安物である。FAX専用に使用するようにセットできるようなので、仕様書を見ながらセットした。

 ところが先週、今度は肝心なパソコンがダメになってしまった。ずっとデスクトップを使ってきたのでマウスがあるが、コードレスだった。ところが画面にカーソルが出てこなくなってしまったのである。電池を入れ替えてもダメなので、以前、使用していたコードつきのマウスを接続すると、カーソルが出てきたまではよかった。ところが、キーボードで入力が全くできない。キーボードもコードレスなので、電池を入れ替えたがやはり文字が打ち込めない。

 このパソコンはちょうど3年前に買い替えたものである。この間、詳細を書くときりがなくなるので、ずっと調子が良くなかった。一度はデータをダメにしたこともあった。だが、我慢して使ってきていたのである。そこで、まだ3年だが代替えすることにした。コードでつないでカーソルが表示できるようになったので、キーボード入力ではなく画面入力にしたら何とかなった。そこで時間をかけてデータをUSBメモリーに保存。その後、量販店に行って購入した。今度はノート型にした。

 何しろパソコンは苦手なので、ウィルスバスターやその他のインストールを店に頼んだ。すぐに使用できるようにセットアップしてもらったのである。だが、引き渡しは翌日の16時ぐらいというので、ほぼ1日はかかる。そこで翌日はセットアップできるまでの間、新宿中央公園に出かけてお花見にした。ちょうど桜が満開だった。

2019年4月 1日

多国籍街

 所用があったので、新宿区内のJR中央本線・大久保駅から山手線の新大久保駅を通って明治通りの近くまで歩いた。裏道などには入らず表通りを歩いただけなのに、外国人がいかに多いことか! この界隈は昔から在日朝鮮・韓国の人たちが多かったが、昨今の多国籍化には驚いた。

 あくまで経験的な容姿判断でしかないが、韓国や中国はもとより、東南アジア諸国と思われる人たち。中東やアフリカ、欧米や中には南米などではないかと思われる人たちもたくさん歩いている。グループの仲間同士の会話は、何語だか分からない言葉がほとんどだ。

 総務省統計局の概算値では、今年3月1日現在の日本人人口は1億2622万人である。一方、日本政府観光局(JNTO)の訪日外客数推計値によると、今年2月は260万4300人になっている。あくまで単純計算ではあるが、訪日外客の平均滞在日数を1週間と仮定すれば、4で割って65万1000人が日本にいることになる。すると、日本国内にいる人間の約0.5%が訪日外客という計算になる。それ以外に長期在留の外国人もいるが、それを除いても1000人に5人は訪日外客という計算だ。

 だが、日本国内どこでも均等に訪日外客がいるわけではない。観光地や大都市の大型商業施設が集積している地域、あるいは繁華街などに集中しているはずだ。当事務所のある新宿駅西口などは、かなり外国人が多く集まっていると思われる。したがって事務所の周りだけでも外国人を多く見かけるので馴れているはずなのだが、大久保駅~新大久保駅~明治通りを歩いて、外国人の多さには驚いてしまった。通りを歩いている人の数からいうと、日本人の方が少ないように感じた。それに、見かけた外国の人たちは若い人が多かった。おそらく、日本に夢を持ってきたのだろうと思われる。

 法的な制約などもあるが、これからは日本に定住する外国の人たちも増えていくだろう。だが、自分など多国籍化にはなかなかついていけない。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »