« 懐かしい私鉄沿線 | トップページ | マスク »

2020年1月27日

災害と人口減と高齢化

 久しぶりに車を運転して1泊2日で取材して回った。初日は約束の時間に間に合わないと大変なので、かなり早めに家を出た。高速道路が混んでいて遅れてはいけないという不安があるからだ。順調に走れればだいぶ早く着いてしまうが、その時には訪問先の近くで時間をつぶせば良いと考えてしまう。トラック・ドライバーの心理が良く理解できる。

 それに高速道路を走っていて感じるのは、ちゃんとした運送会社のトラックの後について走れば安心だ、ということである。後続の車がトラックでも安心できる。トラックは走行車線を一定の速度で走るので、前後の車間距離を保ちながら走れば、久しぶりの運転でも疲れが少ないのだ。もっとも全部のトラックがそうではない。中にはかなりのスピードで走り、強引な割り込みをするトラックもある。困ったものだ。職業がら、トラックに書いてある運送会社名を確認してしまう。すると、安心できる運転をしているトラックの会社名と、乱暴な運転をしているトラックの会社名を見て、「なるほどな」と変に納得するのである。

 取材先の地方でも、車で移動していると様ざまなことが見えてくる。近年、大きな水害に見舞われた地方なので川の補修工事などが行われているのだが、ある取材先で聞いた話では、被災者の中には引っ越してしまった世帯や人たちもけっこういるようだ。移転先は近隣の市である。

 商店の衰退も目に付く。災害よりずっと以前から、郊外の大型店に客が流れて売り上げが落ちていて、シャッターを下ろしていた店も少なくない。それでも営業を続けていた店もあったが、被災後に営業再開するには店の補修や建て直しなどで大きな費用がかかってしまう。そこまでして今後、経営が成り立つのか。また、後継者の問題などもある。さらに被災者の中には引っ越してしまう人たちもいるので、ますます客が減少する。このように、これまで何とか頑張って営業を続けていた商店も減っていく。

 高齢者が運転する車の事故が多いことから、高齢者の運転免許返納なども進められている。だが、近くの商店などがなくなってしまうと、日用品の買い物も不便になる。自宅から遠い量販店などに買い物に行ったり、病院に行くにも車が必要で、周りに迷惑をかけずに生活するには、自分で車を運転するしかない。運転免許を返納してしまうとそれもできないので、生活に支障が出る。高齢者の運転免許返納を促進するなら、地域循環バスなど公共交通機関の拡充が伴わないといけない。そうなると市場原理ではなく、政治の世界の問題になってくる。

« 懐かしい私鉄沿線 | トップページ | マスク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしい私鉄沿線 | トップページ | マスク »