« 全身びしょ濡れ | トップページ | 静かな大晦日と元日 »

2020年12月28日

たんたんと過ぎゆく

 年の瀬といっても近年はかつてのような喧騒観はなくなった。とりわけ今年は、たんたんと時間が過ぎていくように感じる。クリスマスや年末セールといった華やかさも全くない。

 そのような中で、「赤チン」を製造していた最後の1社が12月25日の包装分をもって製造を終了するという。いくつかの報道によると、赤チンは最盛期の1960年代には全国で約100社が製造していた。しかし、2000年代にはいると3社になり、2019年からは三栄製薬(東京都世田谷区)1社だけになったという。その三栄製薬が赤チンの製造を止めた。

 これには理由がある。1つは他の薬ができてきたこと。もう1つは、原料の製造過程で水銀が発生することから、国内での原料製造は1973年に終わり、以後は海外から原料を調達するようになっていたという。

 赤チンといっても知らない若い人たちが多いと思うが、むかしは家庭や学校の保健室などの常備薬だった。自分も小さいころには、転んで擦りむいたりすると、まずオキシドールで消毒する。泡が出てくるが、それは「悪いばい菌を体の外に出しているのだ」と祖母から聞いて、これで大丈夫と信じていたものだ。その泡を拭き取ってから赤チンをつける。塗ったところは文字どおり赤い色になっていた。ヨードチンキもあったが、ヨードチンキは刺激が強く傷口にしみて痛かった。子供にはヨードチンキよりも赤チンの方が良かった。

 赤チンではほろ苦い思い出がある。小学校の5年生の時だ。クラスの中にいろいろな係がいて自分は保健係だった。理由は忘れたが赤チンを脱脂綿に浸してピンセットでつまんで持ち、廊下を歩いていたら向こうから同じクラスの女の子が歩いてきたので、驚かしてやろうとすれ違いざまに「ワァー」と大きな声をだした。その瞬間、何かのはずみで女の子の着ていた白いブラウスに赤チンをつけてしまったのである。

 近所ではなかったが親同士が知っている間柄だったし(その彼女は家に遊びに来たこともあった)、先生にも叱られなかった。どのような顛末になったのかは知らない。また、ひょっとしたら淡い恋心だったのかな、とも思う。赤チンの製造終了のニュースに接し、真っ先に思い出したのは、その「赤チン事件」のことだった。

 今年の暮れもそうだが、赤チンの製造終了など戦後もたんたんと遠ざかっていく。だが、新しい戦前が近づいてこないことを願いたい。

« 全身びしょ濡れ | トップページ | 静かな大晦日と元日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全身びしょ濡れ | トップページ | 静かな大晦日と元日 »