« 公明正大!? | トップページ | 高輪ゲートウェイ駅 »

2021年2月22日

『広告』は雑誌or書籍?

 博報堂から2月16日発行の『広告』が当日午前着で送られてきた。「2月16日の発売当日に届くように宅配を手配しました」というメールが2月上旬に編集部のIさんから来ていた。

 『広告』は書名なのだが、雑誌なのか、それとも単行本なのか良く分からない。創刊は1948年(昭和23年)というから70年以上も前だ。小野直紀編集長の前書きによると、もともとは定期的に発行して大手取次を通して販売していた雑誌だった。しかし、「1円で販売したい」、「毎回、価格も判型も変えたい」、「発行スケジュールは柔軟にしたい」といったように、既存の発想から脱した企画を考えたら、取次から取扱うのは難しいと言われてしまったようだ。たしかに自由な編集・発行のようで、今号も最初は昨年12月の発刊予定という話だったが、実際の発売は2月16日になっている。

 編集部のIさんから最初にコンタクトがあったのは昨年10月で、当方の連絡先が分からなかったために日本物流学会の事務局経由だった。今号は通巻415号で特集は「流通」である。その中に世羅孝祐氏の「輸送進化論・世界は輸送でできている」が収録されているが、メールの主旨は世羅氏への取材協力の依頼だった。

 実はIさんは同郷の若い女性だ。私が卒業した中学校は、その後、いくつかの中学校と統合された。彼女は統合後の中学校の卒業生なので、かなり歳を隔てた後輩ということもできる。「同郷の方と仕事でご一緒するのは初めてです」という。そんなことで、取材が始まる前の雑談は極めてローカルな話題で話が弾んだ。

 ところで『広告』は、今まで見たことがない実に凝った製本で、それだけでもコストがかかっていることが分かる。また、執筆者も多彩で内容もなかなか面白い。時間もコストも労力もかけた商売っ気なしの本(雑誌)である。総じていえば編集長の趣味の世界だが、約470ページもあり、内容も充実していて読みごたえがある。物流関係者は物流の世界だけで発想してしまいがちだが、「流通」全体、さらには生産、消費も含めた中での物流を見つめることも必要だろう。税込み3000円でネットや大型書店で購入できるので興味のある方は一読されたい。

« 公明正大!? | トップページ | 高輪ゲートウェイ駅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公明正大!? | トップページ | 高輪ゲートウェイ駅 »