« 山下公園(横浜) | トップページ | 携帯は不携帯 »

2021年3月29日

「走観桜」「歩観桜」

 桜が満開になってきた。好天の朝に川の土手などを走りながら観る桜は、朝日に映えて爽やかである。すでに満開の木もあれば、まだ二分咲きや三分咲きの木もあるので、もうしばらくは楽しめそうだ。毎朝、走ったり歩いたりしながら観る桜を「走観桜」か「歩観桜」とでも命名しよう。コロナ感染防止のために、桜の名所でも今年はゆっくり観ることができない。歩きながらの観賞である。その点、早朝の川の土手の桜などは精神的に余裕を持って楽しむことができる。

 桜の話題はこのコラムで過去に何度か採り上げている。「出会いと別れ」(2012年4月2日)、「『団塊桜』は散らず」(2013年4月1日)、「観桜」(2017年4月10日)である。このようにみてくると、いずれも4月の日付になっているので、そのことからも今年は例年より桜の開花が早いことが分かる。

 以前にも書いているが、満開の桜の花からは出会いのときめきや喜びのようなものが感じられる。そして風に吹かれて散りゆく桜の花びらからは、別れのせつなさや寂しさのようなものを感じる。桜の花は、人生における出会いと別れを象徴しているように思う。自分が生まれ育ち、現在も住んでいる関東では、桜の開花が卒業や入学などの時季とほぼ重なるからだろう。

 先週は、夜の9時過ぎに小学校3年生の孫から電話があった。長男と長女の子供がそれぞれ2人ずつで、4人いる孫のうち一番大きな孫娘である。なんでも学校の宿題で俳句を三句ほど創っていかなければならないとか。自分で詠んだ句を電話で読み上げて、これで良いか意見を言ってくれという。そこで、あれこれ感想を述べた。1つは春がきてもうすぐ3年生を修了するが、3年生だったこの1年間を詠んだもの。2つ目は、春がきて6年生が卒業していく別れを詠んだもの。3つ目は、この1年間で思い出に残ったクラスの取り組みなどを詠んだものだった。

 電話で季語がどうのこうのと、一人前のことを言っていた。早いもので4月からは4年生か…。そして二番目に年長の男の孫は4月から小学生だ。言動も「少年」らしくなってきた。さらに来年、再来年と続けて2人の孫が小学校に入学する。4人の孫たちは将来、どのような花を咲かせるのだろうか。やはり桜の花は人生の節目の季節を感じさせる。

« 山下公園(横浜) | トップページ | 携帯は不携帯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山下公園(横浜) | トップページ | 携帯は不携帯 »