« 我が亡き後に…… | トップページ | クリーニング »

2021年4月26日

1週間が早いこと

 最近は1週間が過ぎるのを早く感じる。週に2、3日は取材などで出かけるが、それ以外はリモートによる外部との接触が多くなってきた。そんなことで時々、今日は何曜日だったかをすぐに思い出せないこともある。だが気がついて見ると、あれ、もう1週間も経ったのか、早いなと感じるのである。

 取材などで外出する時も朝の通勤時間帯に電車に乗ることはほとんどなくなった。ピーク時を過ぎた車内は空いているのでたいていは座れる。でも毎日、電車に乗っていないと、けっこう疲れるものだ。いなかで農業や商売をしていたり、専業主婦を長年している同級生たちが、電車に乗って出かけるのは億劫だし疲れると言っていたが、最近はその気持ちが分かるようになってきた。同時に、これまでは毎日、こんなに長い時間を電車移動に使っていたのかと感じるのである。

 さらに事務所に通って仕事をしていた時と比べると、財布の中の金の減り具合が少なくなった。一番の理由は昼食代だろう。家で仕事をしている日は、昼は残ったご飯を食べる。すぐ近くに食品スーパーがあるので、気分転換を兼ねておかずだけ買ってくるが、外食のランチよりはずっと安上がりだ。それに、付き合いで夕食を外で食べることも全くと言って良いほどなくなったので金がかからない。

 もう、今週の後半からはゴールデンウィークに入る。コロナで外出を自粛する人が多いだろうが、GW中はどのように過ごすのだろうか。また、それに伴って例年のGWよりも外食などが少ないだろうから、観光業や飲食業の人たちにとっては稼ぎ時なのに大きなダメージだ。さらに、いつもならGW中はアルバイトをしていた学生なども仕事がなくて大変だろう。

 当方は毎年、GW中でもほとんど仕事をしていた。その点では今年も大きな変化はない。だが外的環境が違っている。これまでは多くの人たちが遊びにいく姿を見ながら事務所に通って仕事をしていたからGWを長く感じていた。今年は例年よりGWが過ぎるのを早く感じるかも知れない。

« 我が亡き後に…… | トップページ | クリーニング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が亡き後に…… | トップページ | クリーニング »