« コロナ禍生活 | トップページ | 適度な雨が良い »

2021年5月31日

雑誌『広告』がデザイン賞受賞

 博報堂が2月に発行した『広告』(Vol.415、特集:流通)について、今まで見たこともないような製本で、商売っ気なしの時間とコストをかけた雑誌と、2月22日の当コラムで書いた。その後も同編集部からは『広告』に関する様々なお知らせがきていたが28日には朗報が届いた。

 『広告』編集部からのメールによると、『広告』の同号がイギリスのライフスタイルマガジン『MONOCLE』によるデザイン賞「The Monocle Design Awards」で「INNOVATION IN PRINT AWARD」に選出されたというのである。『MONOCLE』のデザイン賞は今年が初開催で、建築、都市計画、グラフィックデザイン、家具、その他、50のカテゴリーごとに、同誌の編集者とデザイン特派員などが選ぶ賞という。

 『広告』編集部からのメールに添えられていたURLをクリックしたら50のカテゴリーと各賞の受賞名がでてきた。そのうち7つのカテゴリーで日本が受賞している。仕事に関わりがある物流企業ではヤマトHDが「BEST BRAND REFRESH」に選ばれていた。また、「BEST IN CRAFT」には茨城県の笠間の町が選ばれていた。笠間市は自分の出身地である常総市(旧水海道市)から車で1時間ほどで、写真撮影などで何度も行っているが、なかなか良い町である。陶芸でも笠間焼は有名だ。

 国際的な賞で50カテゴリーのうち7つのカテゴリーで日本が受賞している。さらに、そのうちの3つと多少なりとも何らかの関りがあるというのは偶然とはいえ嬉しいものだ。何かと暗い話題が多い昨今だが明るい報せは心を和ませる。

« コロナ禍生活 | トップページ | 適度な雨が良い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍生活 | トップページ | 適度な雨が良い »