« 1週間が早いこと | トップページ | 診察待ち »

2021年5月 3日

クリーニング

 久しぶりにクリーニング店に洗濯物を出した。詳しく覚えていないが、半年以上はクリーニングに出していなかったのではないか。手元にある特典券などを全部持って行ったのだが、この間に期限が切れてしまった割引券などもあった。

 事務所に毎日通っていた当時は、外出などの予定がなく終日原稿を書いている日でもスーツで通勤していた。しかし現在は自宅で仕事をするようになったので、外出する日以外はスーツを着ない。それも外出の目的によっては、必ずしも上下揃いのスーツではなくネクタイにジャケットということもある。電車に乗っても全体的に服装がラフになっていると感じる。そんなことでクリーニング店とは半年以上も疎遠になっていた。

 冬用のスーツやジャケットとズボン類、コートも厚手のもの、中ぐらい、薄いものと3種類、その他いろいろと冬物を大量に出したが、いずれも今シーズンはそれほど何回も着ていないものばかりだ。だが、そのままで夏を越すわけにはいかないので、一度にまとめてクリーニングに出したのである。ところが予想していたよりもかなり金額が安かった。おそらく客が減っているので相当の割引をしているのではないかと思われる。

 ビジネス用のワイシャツをクリーニングに出す人が多いようだが、当方は以前からワイシャツは自家洗濯だった。クリーニング店の中には、ビジネス用ワイシャツが売上の半分を占める店もあるという。在宅勤務が増えてワイシャツのクリーニング需要が減少したので経営が厳しくなっている。帝国データバンクが2月に発表した「クリーニング業者1,833社の経営実態調査」によると、クールビズの浸透、衣類・洗剤・洗濯機の性能の進化などで家庭内での洗濯が増え、さらにコロナ禍でテレワークが定着して需要が一そう減少。経営者の高齢化や後継者難などから、クリーニング店の廃業や倒産が増加する可能性がある、としている。

 早くコロナが終息することを願うが、コロナ後には世の中がかなり変わっているだろうと思われる。

« 1週間が早いこと | トップページ | 診察待ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1週間が早いこと | トップページ | 診察待ち »