« 雑誌『広告』がデザイン賞受賞 | トップページ | ワクチン接種 »

2021年6月 7日

適度な雨が良い

 雨や曇天の日が多くなってきた。農作物などには適度な雨が必要だ。しかし、近年は集中豪雨による被害が各地で多発している。適量の雨は有益だが、降り過ぎると有害になってしまう。反対に雨が降らなくても干ばつで困る。

 個人的にも適度な雨が良い。雨が降らない日は基本的には毎朝、走ったり歩いたりするようにしたのが昨年の7月からなので、もうすぐ1年になる。仕事のスケジュールの関係で朝6時ごろかそれより早く家を出なければならない日はムリだが、8時ごろ出かければ良い日は1時間ぐらい歩いたり走ったりする。家を出るのが10時ぐらいでも間に合う日は2時間ぐらい時間をかけている。

 だが、何日間も雨が降らないで、朝の運動が1週間以上も続くと疲れの蓄積を実感する。年齢のせいだと思うが、疲労が回復しにくくなってきた。体調が良い日は走るペースが自然に速くなるので、ムリをしないようにセーブしながら走る。だが、疲れが残っている日は、走りながら今日はいつもよりペースが遅いなと感じる。そのため明日あたり雨でも降らないかな、と思うこともある。

 とはいえ逆に雨が2日も続くと、朝の運動ができないので体がなまってしまうような気がしてくる。できれば四季を通じて1週間に1日ぐらいの間隔で雨が降ってくれれば体力的には理想だ。

 これからしばらくの間はいやな天候が続く。その後は猛暑が待っている。四季のハッキリしている日本にいるのだから、ありがたいと思って季節ごとの変化を楽しむようにするしかないか。

« 雑誌『広告』がデザイン賞受賞 | トップページ | ワクチン接種 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌『広告』がデザイン賞受賞 | トップページ | ワクチン接種 »