« 「神風」頼り | トップページ | 語るに落ちる »

2021年6月28日

「リンゴ」堕ち「独裁権力」を知る

 香港の「リンゴ日報」が24日の朝刊発行をもって廃刊した。「廃刊した」というより、政治権力によって「発行停止に追い込まれた」のだ。今回、初めて知ったのだが同紙は26年の歴史という。小生が発行している「M Report」が現在25年目なので、それほど変わらない。だが、存在価値は雲泥の差で、比較すること自体が無謀といえる。

 ずっと昔のことである。ロシア語の先生が授業中に話してくれたことを思い出した。そのころはまだロシアではなくソ連だった。当時、ソ連で発行されている2大新聞? といえば「プラウダ」(共産党機関紙)と「イズベスチャ」(ソ連政府の広報誌)である。ロシア語でプラウダは「真実」や「正義」、イズベスチャは「報道」といった意味だ。

 先生の話は次のようなものだった。ある人が新聞などを売っている売店に行って「プラウダ(共産党機関紙)をくれ」といったら、売店のおばさんが「我が国にはプラウダ(真実)なんか1つもないよ。イズベスチャ(広報紙)なら何種類も発行されているがね」と言ったのだという。当時のソ連社会を風刺した小噺で、学生はみんな大笑いした。

 テレビでリンゴ日報廃刊のニュースを観ながら、若いころにロシア語の先生から聞いたその小噺を思い出したのである。これからは香港も、中国本土と同様に共産党や政府の広報紙誌ばかりになってしまうのか……。

 アイザック・ニュートンはリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を閃いたという説がある。世界中の人びとは、香港で「リンゴ」が堕ちたのを見て、「独裁権力」の恐ろしさを再認識することになった。同時に、権力者は自らの政策や統治に自信がなく、臆病であることを世界中に「広報」してしまった。だが、落ちたリンゴの種は地中で着実に育ち、いずれはたくさんの実をつける強い木になるだろう。媒体は失っても、ジャーナリスト魂はあらゆる手段を駆使して事実を報道し続けるはずだ。

« 「神風」頼り | トップページ | 語るに落ちる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「神風」頼り | トップページ | 語るに落ちる »