« 大谷輝き、松坂去る | トップページ | 豪華な聖火リレー »

2021年7月19日

政治家の言動に感無量?

 先の東京都議会議員選挙で都民ファーストの会の公認候補として立候補して見事に当選した木下富美子センセイ。選挙期間中に無免許運転で事故を起こしたが投開票日まで隠し通すことに成功。しめしめ上手くいったと思いきや、当選直後にバレてしまった。都民ファーストの会から除名され、「SDGs東京」という1人会派を立ち上げた。

 「SDGs東京」に対しては、「都議会議員としての自分の地位と特権を『持続可能』にする会派」と揶揄する向きもあるようだ。そのように解釈すれば、たしかに政治目的? を的確に簡潔明瞭に表現している会派名と言える。このような会派名を考えられる木下センセイは、本当は自分自身に「素直」で「正直」な人なのかも知れない。だから、賢明な有権者の皆さんからたくさんの票を獲得できたのだ。

 7月14日の菅義偉総理の「陳謝」にも驚いた。自粛に応じないで酒類を提供している飲食店には酒類を販売しないように、という酒類販売事業者への要請を西村康稔経済再生担当相が撤回した。それに関して菅総理が「私からもお詫びしたい」と述べたことだ。テレビのニュースを観ていて、さすがに日本の総理だけのことはあって、器が違うと感銘したのである。

 「私からもお詫びする」というのは、「部下がかってにやった失敗だが、上司である自分からも陳謝する」というニュアンスだ。部下の責任は上司である自分の責任という、上司として「逃げない」リッパな姿勢である。このような上司に恵まれた部下は幸せであろう。そうでしょう? 官僚の皆さん。

 こんなことを書いている自分はというと、感無量でもうこれ以上は書けません。

« 大谷輝き、松坂去る | トップページ | 豪華な聖火リレー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大谷輝き、松坂去る | トップページ | 豪華な聖火リレー »