« 政治家の言動に感無量? | トップページ | スポーツの原点と邪心 »

2021年7月26日

豪華な聖火リレー

 当方はオリンピック・パラリンピックの開催に反対する「非国民」の1人だが、ともかく「スガリンピック」が開幕した。そこで理想的な聖火リレーのメンバーを考えてみた。

 トップランナーは何と言っても安倍晋三前総理(五輪招致演説における放射能汚染は「アンダーコントロール」発言) → 第2走者は佐野研二郎氏(エンブレム・デザインのパクリ疑惑) → 第3走者は竹田恆和前JOC会長・前東京2020五輪招致委員会理事長(五輪招致に関連する贈賄工作疑惑) → 第4走者は武藤敏郎組織委事務総長(メインスタジアムの国立競技場のデザイン変更に関わる責任) → 第5走者は東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長(女性蔑視発言) → 第6走者はクリエイティブディレクターの佐々木宏氏(女性タレント容姿侮辱) → 第7走者は丸川珠代五輪相(会場での酒類販売検討過程における「ステークホルダーの存在がどうしてもある」発言) → 第8走者は小山田圭吾氏(過去のいじめの自慢話) → 第9走者は小林賢太郎氏(過去のホロコースト揶揄) → そして聖火台に点火する最終走者はこの人しかいない菅義偉総理(ウォールストリート・ジャーナルのインタビューにおける「中止は簡単だが挑戦するのが政治の役割」発言)。このように見てくると実に豪華な顔ぶれだ。

 そうそうオリ・パラの2年延期案に対して1年延期を強く主張したのは安倍前総理だという。さすがにイダイな政治家の先見性は素晴らしい。もう1年延ばしていたら、もっともっと不祥事や醜聞が噴出し、いま以上に世界中の笑いものになるところだった。今後はオリ・パラ開催によって新しいコロナウイルスの変異株(「SG2020株」)が拡散しないことを願うばかりだ。

 おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな(松尾芭蕉)
 虚しくてやはり悲しき五輪かな(パクリンピック)

« 政治家の言動に感無量? | トップページ | スポーツの原点と邪心 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治家の言動に感無量? | トップページ | スポーツの原点と邪心 »