« 医療体制崩壊 | トップページ | 「夏が過ぎ」を実感 »

2021年8月23日

かさむ修理費用

 自動車や機械類などは古くなるほど修理費用がかさんでくる。人間も同じだ。歳をとるごとに医療代が増えてくる。

 先日、昼頃に中腰になって机のまわりで探し物をしていたら、すぅーっと腰の力が抜けたような感覚になった。そして立ったり座ったりするのが難儀になってしまった。痛みはそれほどではないのだが、違和感があって力が入らない。こんなことは初めての経験である。

 翌日の朝はランニング&ウォーキングも止めて、体を動かす時にはゆっくりとした動作で1日を過ごした。3日目の朝に近くの整形外科に行って診察してもらった。レントゲン写真を見たら、腰椎の4番目と5番目の間がズレたようになっていた。シップ剤と痛み止めの薬、それに腰ガードベルトをもらってきた。シップ剤は汗でかぶれるようなら貼らなくても良いし、痛み止めの薬は痛くなければ飲まなくても良い、ということだった。腰ガードベルトも汗をかいたら外してもかまわない。それにあまり腰ガードベルトをしたままだと腹筋力などが弱まるということだった。結局、外出時などにはしないことにした。毎朝のランニング&ウォーキングもしばらくは中止し、気をつけて生活していると、少しずつ良くなってきた。

 おそらく、毎日走ったりしていたので、着地時の衝撃が足から腰に伝わり、そのストレスが腰椎に蓄積して歪ができたのではないか、と自己診断した。思い返せば、足のバランスを崩して少しフラっとするようなことが時々あった。あれは予兆だったのか。

 いずれにしても「故障個所」と「故障状態」が分かれば、対処方法が分かるので心理的には落ち着ける。しばらくの間は、ランニング&ウォーキングは休むことにし、体もゆっくりと気をつけながら動かすことにしよう。

 それにしても、歳をとるほど「修理代」がかかるようになってくる。人間も機械と同じだ。

« 医療体制崩壊 | トップページ | 「夏が過ぎ」を実感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 医療体制崩壊 | トップページ | 「夏が過ぎ」を実感 »