« かさむ修理費用 | トップページ | 当コラム500回 »

2021年8月30日

「夏が過ぎ」を実感

 昔はお盆を過ぎると夏の盛りが過ぎたことを実感したものだ。子供のころの関東地方は、夏でも30℃を超える日はそれほど多くなかった。記憶では30℃を超える日はひと夏に数日ほどだったのではないだろうか。そのうち1、2回は32℃ぐらいになる日があったが、ニュースでは今年の最高気温といっていたものだ。

 そんな昔の子供のころは、お盆を過ぎると同じ暑さでもお盆前とは少し違って感じられた。湿度が低くなって多少は過ごしやすくなってくるからである。また、8月半ばを過ぎると日ごとに朝夕の気温が下がり、日中でも木陰に縁台をだして座っていると微風が清々しく感じられた。徐々に秋が近づいてくると同時に、もうすぐ夏休みが終わって9月1日からは2学期か始まるのか、と思ったものだ。友達に会える楽しみと、また勉強の毎日かという思いが入り混じった複雑な心境になったことを思い出す。

 しかし最近は、9月になっても猛暑の日が続くようになった。少しずつ秋を感じるということがなくなり、夏から一気に初冬という感じになるのが昨今のパターンだ。だが、今年の夏は異常だった。お盆の時期に長雨になって各地に大きな被害をもたらした。そして長雨が終わると再び猛暑が続く。

 まだまだ残暑が厳しい毎日だが、今年の夏も終わったなと実感したのはお盆が過ぎてすぐだった。今夏は長女の方の孫が2人、学童保育などの関係もあって2週間ほど泊まりに来ていた。また、最後の日には長男の方の孫2人も合流して4人が楽しそうに遊んでいた。だが、孫が全員帰って急に静かになった途端、今年の夏も終わったなという思いが湧いてきたのである。

 だが、秋に向かって仕事に精を出さなければならない。コロナ禍にあっても今秋は何かと忙しくなりそうな予感がする。

« かさむ修理費用 | トップページ | 当コラム500回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かさむ修理費用 | トップページ | 当コラム500回 »