« 宇宙時間 | トップページ | 今度は談合疑惑 »

2022年11月21日

天高く物価高騰の秋

Photo_20221117072901 (陣馬高原下バス停前=東京都八王子市)

 正に「天高く物価が高騰する秋」である。1人だけの会社だが事務所を閉鎖して「在宅勤務」するようになって約2年半になる。そのため最近は近くのスーパーに買い物に行く機会が増えた。春先も物価高騰を感じたが、秋になってからは食品をはじめ消費財の大幅な価格高騰を強く実感するようになった。これでは、収入が増えなければ生活がたまらない。

 総務省の発表では、10月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比で3.6%の上昇。この上昇率は1982年2月以来、40年8カ月ぶりという。40年前に18歳だった人でも現在は58歳になる。つまりもう少しで還暦だ。したがって多くの人が初めて経験する消費者物価の高騰といえる。

 原材料価格の高騰にはコロナや国際情勢などの要因があるが、そこに加えて円安である。日銀は金融緩和策を続ける方針のようだが、ここで金融引き締めに転じたら、約10年間に及ぶ「アベノミックス」の失敗を正式に認めるような結果になってしまう。それに金利の引上げに転じたら、この間のあらゆる金融政策の歪が一気に噴き出してくる。日銀の実態は「引くに引けない」というところまで追いつめられている、といえるだろう。

 黒田日銀総裁の任期も半年を切った。中国の習近平主席のような3期目はないだろうが、大変なのは後任の日銀総裁である。ここまで金融政策が歪められてしまっていては、正常な軌道に戻すのが大変だ。つまりアベのミクスの「尻ぬぐい」から始めなければならず、金融政策を正常な軌道に戻すだけでも、かなり長い期間が必要になる。その間、日本経済は厳しい状態が続くだろう。我われの生活も同様である。スタグフレーションの泥沼にはまらなければ良いのだが。

« 宇宙時間 | トップページ | 今度は談合疑惑 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙時間 | トップページ | 今度は談合疑惑 »