« 外国人雇用に門戸開放か? | トップページ | 今日はメーデー »

2023年4月24日

Chat GPT(対話型人工知能)

Photo_20230417175101 愛宕神社=東京都港区

 Chat GPT (対話型人工知能〈AI〉)が何かと話題になっている。AIなど難しいことは全く分からないが、質問するとすぐに回答してくれるらしい。使い方によっては確かに便利で有用なことは事実だ。だが反面、弊害も多いだろう。個人情報保護や著作権侵害防止、その他、様々な面から規制すべきだという意見も出ている。

 法律上の諸問題はもちろんだが、長期的に見ると人間の思考力の衰退が心配される。チャットGPTの回答を無批判に信じてしまうと、自分で物事を判断することができなくなってくる。チャットGPTの回答も数ある意見や考え方の一つに過ぎないと相対化し、回答内容の是非の判断も含めて、あくまで参考意見の一つとすることが重要だ。とくに小中学生の学習、高校生の受験勉強、大学生の卒業論文など、学校教育には両刃の剣である。上手に使えば能力を伸ばすが、下手に使うと能力の低下を招く。リテラシー教育も不可欠である。

 しかし、現実をみるとチャットGPTの出した答えは総て正しいと無批判に受け止めてしまうような人が多いだろうと予想される。現にネット上でフェイクニュースが瞬く間に拡散するのは、その具体的な現れである。このような実態を目の当たりにしていると、チャットGPTの規制もやむを得ないだろうと思わざるを得ないのだが、それにも問題がないわけではない。

 チャットGPTの使用を規制ないしは禁止する国もある。正当なやむをえない規制や禁止もあるが、一方、AIが政権や権力者にとって不都合な回答を出すことを防ぐことを目的にした禁止もある。後者についていえば、「捏造」発言などで論点がずれてしまったが、我が国の「放送法」と「政治的公平性」をめぐる一連の動きも、権力者にとって都合の悪い報道に圧力をかけた点では同じである。現在の一見「公平」な報道も、実は裏側では様々なバイアスがかかっていることを見抜かなければならない。これからの社会はリテラシーがますます重要になってくる。

 ところで最近は歳のせいか思考力が衰え、物忘れも激しくなってきた。最初に「私が質問したかったことは何だったでしょうか」という問いからチャットGPTに回答してもらわないと前に進むことができない。

« 外国人雇用に門戸開放か? | トップページ | 今日はメーデー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外国人雇用に門戸開放か? | トップページ | 今日はメーデー »