« 映画「春に散る」 | トップページ | 高炉がまた一つ消えた »

2023年9月18日

偶然の電話

Photo_20230911211201 青島神社元宮=宮崎市

 青島神社を訪ねたのは約4年ぶりだ(前回は2019年6月)。今回掲載した元宮の写真を撮っている時に、絶妙のタイミングでスマフォがなった。四国の松山にいる友人からの電話である。「いま宮崎の青島に来ているところだ」というと二人で笑った。というのも約5年前にも同じようなことがあったからだ。

 その時は香川県の小豆島だった。オリーブ公園を歩いている時に雨が降ってきたので、園内の建物に入って傘をたたんだ瞬間、スマフォが鳴ったのである(2018年10月15日の当コラム「51年後の『瞳』」)。その時は同じ四国でも香川県の高松市に仕事で行ったので、翌日は51年ぶりに小豆島に渡ったのだ。電話であれこれ近況などを話し合った後、「松山に行く時には連絡するから会おう」といって電話を切った。実際、その時点で約2年後に松山に行く予定がすでに入っていた。だが、コロナで予定がキャンセルになり、実際に松山で会うことができたのは昨年6月になってしまった(2022年6月27日の当コラム「興居島のニャンコ」)。このようなことがあったので、「いま青島だ」といって笑い合ったのである。

 電話の話では、1人で経営してた会社を廃業して7月末で登記上も整理した、ということだった。その後はのんびりと事後処理をしていると話していた。お互いにそんな歳になったってしまったのかという思いが一入だった。福岡の共通の友人が8月中旬に上京してきたので都内で会ったことや、その他、よもやま話をして「そのうち松山に行く機会があったらまた会おう」と言って電話を切った。

 それにしても、彼からは出張のついでに遊んでいるタイミングで電話がくるので面白い。

« 映画「春に散る」 | トップページ | 高炉がまた一つ消えた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「春に散る」 | トップページ | 高炉がまた一つ消えた »