« 選択肢なしの閉塞感 | トップページ | 販売機会損失 »

2024年2月 5日

もうすぐ春が

Photo_20240202165501 梅の向こうに菜の花=東京都中央区 浜離宮恩賜庭園

 長男に2人と長女に2人と合わせて4人の孫がいるが、最年長の孫娘が中学校の入学試験に受かったという。高校から大学まであるが、本人は大学は他に行きたいと言っていた。自分は受験勉強を経験したことがない。だから、こんな人生になってしまったのだと自覚しているが‥‥。それはともかく、今の子供たちは中学入試の受験勉強までして大変だ。

 2月2日の朝日新聞朝刊に、「中学受験期 小学校授業に影響も」「首都圏ピーク、欠席多数で自主学習」という記事が出ていた。それを読んだ約3時間後に「受かった」という電話が長女から来た。もう一つの中学校には受かっていたが、希望していた中学に合格したので良かった。

 あと3人の孫たちもどうすることやら。自分の人生なのだから、自分の好きのように生きれば良い。まず、元気であること、さらに一言つけ加えるなら自らの責任において自由に生きる、である。

 合格したという電話を受けた後に外出した。仕事で浜松町の近くに行ったので浜離宮まで足を延ばした。浜離宮は久しぶりで、以前に来たのはおそらく40年ぐらい前だろう。歳月の流れは早いもので、入園料がシルバー料金で半額の150円で済んだ。喜ぶべきか、悲しむべきか。

 園内には白と桃色の梅の花が咲いていた。その後景には黄色い菜の花だ。もうすぐ春が来る喜びと、去り行く季節への僅かな心残りと‥。

« 選択肢なしの閉塞感 | トップページ | 販売機会損失 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選択肢なしの閉塞感 | トップページ | 販売機会損失 »