« 「抜かれつちまつた‥‥」 | トップページ | スマホ操作 »

2024年2月26日

大根役者の「迷演技」

Photo_20240220080501 瑠璃光寺(国宝五重塔は改修工事のためシートで覆われていた)=山口市

 「大根役者」という表現がある。演技力などが伴っていない役者を揶揄する言葉である。大根は白いので「素人」からきているという説もある。たしかに、テレビドラマなどを観ていても、人気があるからの配役だと明らかに分かるような、演技が素人的なタレントもいる。大根役者でも人気のあるタレントを主役にすることで視聴率を稼ごうという演出なのは見え見えだ。

 これは歌でも同様だ。歌がうまいとは思われないのに、人気のある歌手(グループ)がいろいろな番組に出演している(最近はかなり減ってきたが)。しょせん視聴率には勝てないということか。

 これらは娯楽だからかまわない。観ている方は楽しければ良いのだから。テレビ局も視聴率が取れてスポンサーがつけば商売繁盛である。

 それにしても今年に入ってから日経平均株価の上昇が続く。自分のような素人には株価が上がる理由がさっぱり分からない。たしかに決算の数字をみると利益などが出ている企業が多いのは事実だ。しかし、企業業績に企業力の実態が伴っているとは思えないのだ。

 アベノミクス(当時の黒田日銀の異次元緩和なども含め)によって日本経済が歪められた結果である。株価には上場投資信託(ETF)による日銀の株の購入や、国債の大量買いつけなども影響していると思う。それに円安である。

 最近つくづく感じるのは、銀行から僅かな金額を振り込むのにも、えっ! と思うほどの振込手数料がかかることである。銀行が本来の業務で利益が出せず、そのツケを各種手数料の値上げで我われ庶民に転嫁しているからだ。

 だが、そんなことは構わない。一部の人たちが儲かりさえすれば良いのだから。昨今の株価の高騰は大根役者の「迷演技」を観ているようなものだが、証券業界や投資家にとっては万々歳だろう。一方、自分のような株価の変動には関わりない貧乏人は、大根役者が主役のテレビドラマでも観ているのが一番、安上がりのようだ。

« 「抜かれつちまつた‥‥」 | トップページ | スマホ操作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「抜かれつちまつた‥‥」 | トップページ | スマホ操作 »