« スマホ操作 | トップページ | 日本三名園 »

2024年3月11日

新カテゴリー「インボイス倒産」

Photo_20240305092101 善光寺=長野市

 毎年のことだが今年も確定申告をした。年に1度の大仕事である。

 確定申告はWebでも可能だが、どうも不安なので税務署に行って担当者に入力してもらう。だが、税務署に着いてから申告が終わるまで3時間もかかってしまった。その間、ほぼ立ったままで順番待ちをしなければならない。

 昨年、ひょっとしたら花粉症かな? と自覚するような症状が少しあった。初めてのことである。それが今年は完全に花粉症と分かるほどひどい。目がしょぼしょぼして涙が出るし、クシャミ、鼻水、それに体も疲れやすい。そんな状態で確定申告のために3時間近くも立ったままでいると、申告などしなくても良いか、と思えてくる。

 これは今年に限ったことではなく、順番待ちしている間にいつも考えるのは、こんな思いをしてまでなんで申告しなければならないのか、ということだ。それも還付されるのならまだしもだ。原稿料や講演料は最初から源泉税が引かれている。にもかかわらず3時間も立ったまま待たされて、その結果、所得税を支払わなければならない。今年はさらに消費税も加わった。

 今回の消費税は、昨年10月~12月分が対象で2割特例がある。もし、まるまる1年分になって、しかも2割特例がなくなったらと思うと、今から頭が痛い。

 さらに3月末は会社の決算だ。1人だけの会社でも決算はしなければならない。会社の決算は税理士に頼んでいるが、日ごろから黒字にならないように「努力」している。利益が出たら税金が高くてたまらないからだ。だが、消費税は赤字でも支払うことになる。

 軽減税率をごり押しする政党があったから、抱き合わせでインボイスが導入された。そのため今年は、廃業や倒産する零細業者が増加するのは間違いない。信用調査会社は今年から「インボイス倒産・廃業」という新たなカテゴリーを設けることになるだろう。国会は政治倫理審査会に注目が集まっているが、政党交付金などなくすべきだ!

« スマホ操作 | トップページ | 日本三名園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホ操作 | トップページ | 日本三名園 »