« 転換の年 | トップページ | 安全と規制緩和 »

2024年4月 8日

週末の喪失感と華麗なる転身

Photo_20240407204501 FC東京 vs 鹿島アントラーズ=東京都新宿区 国立競技場

 土曜日の夜の喪失感が大きい。毎週楽しみに観ていたテレビ番組に「タン、タン、タモリのおじさんは~、風もないのにぶぅ~ら、ぶら」(自分が命名した番組名)があったが、3月末でレギュラー放送が終了してしまったからだ。タモリさんは地質などに詳しく、学者・研究者や地元の専門家の人たちとぶらぶら歩きながら地形の成り立ちや、その地域の地理的な特徴、歴史などを分かりやすく紹介してくれた。

 学者や研究者ではないが詳しい知識を持ったタモリさんの説明だから、自分にも分かりやすく楽しみながら学べたのだろうと思う。専門家はタモリさんの見識に対して「品質保証」をするような役割である。う~ん、なるほど! タモリさんでないと成り立たない面白い番組だった。それに女性アナウンサーの自然でさりげないサポートも良かった。同番組にでていた歴代の女性アナウンサーは、その後、様々な番組で活躍している。

 土曜の夜はタモリさんの後に「世界ふしぎ発見」を観るのが定番だった。だが、やはり3月末でレギュラー番組が終了した。38年の長寿番組である。やはり歴史と地理などをエンターテイメントとして学べたのが良かったのだろう。行ったことのない世界各地の風景なども楽しめた。3月最後の特別番組では、番組が開始されたころのシーンも挿入され、レギュラー出演者の人たちも若かったなぁ~、と感じた。

 日曜日の「笑点」もほとんど毎週のように観ている。番組はこれからも続くが林家木久扇さんが3月末で「卒業」した。「笑点」出演が55年というからすごい。新卒で入社した人が役員になったとしても、役員定年になるくらいの長さである。立川晴の輔さんが新メンバーに加わり、新陳代謝が進んでいく。

 前回も書いたが、今年はいろいろな面で大きな転換の年になるだろう。自分も「華麗なる転身」を図らなければならない。いや、正確には「加齢に応じた転身」かなぁ~。ともかく、今後の方向性のヒントはタモリさんの番組から得られた。

« 転換の年 | トップページ | 安全と規制緩和 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 転換の年 | トップページ | 安全と規制緩和 »